オンライン融資のクレジットエンジンがランサーズと業務提携、フリーランス向け「フリーランスレンディング」の提供を開始

SHARE:

中小企業や個人事業主向けのオンライン融資サービス「LENDY(レンディー)」や「マエガリ」を提供するクレジットエンジンは18日、クラウドソーシング大手のランサーズと業務提携し、フリーランスの人々を対象としたオンライン融資サービス「フリーランスレンディング」の提供を今日から開始すると発表した

クレジットエンジンが昨年1月から提供する「LENDY」は、独自のリスク評価・スピーディーな申込受付・機械学習による与信などで既存金融機関の融資サービスと差別化を図り、中小企業や個人事業主向けに、比較的少額で短期間のつなぎ資金や運転資金を融資している。

クレジットエンジンは以前から、自前の営業チャネルに加え、資金需要のあるユーザを抱えるスタートアップ各社との提携を通じて、融資サービスの拡充を図る戦略を明らかにしており、今回の提携は、昨年の STORES.jp(運営元はブラケット)とのマエガリに続く動きと位置付けられる。

企業経営者や会社員に比べると、フリーランスなど個人事業主は概して既存金融機関から融資を受けにくい。政府の「働き⽅改⾰」の推進や社会変化の影響から個人事業主は増加傾向にあり、新サービスが市場ニーズをうまく取り込むことができるかどうか注目される。

この分野では、クレジットエンジンよりもやや経営実績の長い企業を対象として(一期分以上の会計データが必要になるため)、オリックスと弥生が共同設立したアルトアが、短期・小口に特化した小規模事業者向けのオンラインレンディングを昨年12月から開始している(アルトアは THE COINCOIN30 でピッチ登壇の予定)。

----------[AD]----------