CES 2020: トヨタ、静岡県裾野市にAI・ロボット・持続可能エネルギーの実証都市「Woven City」の建設を発表

SHARE:
Image credit: Dean Takahashi / VentureBeat

トヨタの「Woven City」は、ロボティクス、スマートホーム、自動運転車、IoT、デジタルヘルス、持続可能エネルギーなど、幅広い技術を組み合わせたものとなる予定。 175エーカー(約70.8万平方メートル=東京ドーム約15個分)の土地に建設される。

トヨタはラスベガスで開催されている CES 2020 で、Woven City のビジョンを明らかにした。豊田氏によると、同社は8ヶ月前から計画をスタートし、それがようやくビジョンを公表できる段階に至ったと言う。

歩行者、自転車とスクーター、自動運転車の3種のレーンを備えた道路が敷設される予定。

我々がいつ始めるのか、誰もがそう思っていると思う。(豊田氏)

初の画期的な出来事は2021年に起こるだろう。

これは、私の個人的な夢の舞台とも言える。皆さんがそれを築くことで、それらは現実のものとなる。(豊田氏)

このアイデアは、ゼロから都市を作る方法を試験しようとするものだ。トヨタでは、同社の研究者・従業員、彼らの家族、退職者、小売業者、学生などを集めたいと考えている。同社は先にバーチャル上にこの都市を建設する計画で、そこでアイデアをテストしたり、誤りから学んだりすると、豊田氏は語った。

AI に否定的な意味合いが含まれる世界で、AI を 知能増幅(Intelligent Amplified)にしたいと考えている。今、あなたは、この男(豊田氏自身のこと)が自分を失ったと思うかもしれない。彼は、日本版の(「夢のチョコレート工場」で知られる)ウィリー・ウォンカだろうか?(豊田氏)

富士山の見える場所で、新しい種類の都市を共に生み出す機会になると思う、と豊田氏は語った。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】