VRライブプラットフォーム「VARK」、ANRIから2億円を調達

SHARE:
VARK
VARKで開催中のVRミュージカル

VRライブプラットフォーム「VARK」を運営するActEvolveは4月30日、ANRIを引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。調達した資金は2億円で、VARKの新機能「VARKプラットフォーム」の開発及び、採用に資金を投資していくとしている。また同社は5月1日付けで、ActEvolveは社名を「VARK」に変更していることも伝えている。

VARKは、VR空間でライブイベントを楽しめるアプリケーション。利用は無料で、アプリ内で課金することができる。対応機種はOculus Quest、Oculus Go、PlayStation VR。アーティストはVARKプラットフォームを利用することで、自由で、今までにない距離感でライブを開催することができる。なお同社は、ファンコミュニティサービス「FiNANCiE」と連携し、コロナウイルスの影響でライブの開催を断念したアーティスト向けの支援プロジェクトを発表もしている。

via PR TIMES

----------[AD]----------