ローコード市場は520億米ドル規模へ、2700億円評価のAirtableとは何者か(2/2)

SHARE:

(前回からのつづき)Airtableと連携できるサービスやアプリは1,000を超える。たとえばAsana、Dropbox、Box、Facebook、GitHub、LinkedIn、Slack、Stripe、SoundCloudなどだ。ZapierやIFTTTのようなワークフロー自動化サービスはつなぎの役割を果たし、SlackのメッセージやSMS、eメールをトリガーとしてAirtableのデータベースに入力することを可能にする。

Airtableプラットフォームの新機能「Marketplace」では、コミュニティによって構築されたJavaScriptベースのアプリをインストールしたり、独自の機能を作成したりすることができる。9月第3週にリリースされた「Automations」では、eメール、メッセージアラート、レポート、およびタスク作成のトリガーを設定することにより、反復プロセスを自動化できる(AutomationsはG Suite、Microsoft Teams、Facebook、Twitter、Slack、Jiraなどと連携可能)。

最後に、「Sync」を使用すると、Airtableに保存されているカスタマイズされたビューとデータフィールドの一部(またはすべて)を他のチームや組織と共有できる。

「Marketplaceでは、コミュニティの開発者らが作成したアプリを共有できます。AIや機械学習に対応したツールが人気となるのではないかと期待しています。たとえば、GoogleのCloud Vision APIを活用するカスタムアプリを顧客企業のAirtable内に直接インストールしてAIや機械学習の機能を提供できます。

顧客はそのアプリを使用して、画像を数千のカテゴリにすばやく分類し、画像内の個々の顔やオブジェクトを検出し、画像カタログにメタデータを構築して、不快なコンテンツのモデレーションから画像の感情分析による新しいマーケティングシナリオの有効化まで、すべてを行うことができます(Liu氏)」。

Gartnerの予測によると今後3年間でプロの開発者の4倍もの「市民開発者」が誕生し、5億種ものビジネス用アプリやサービスが生み出されるだろう。ローコード市場は520億米ドルに急成長すると見込まれている。Airtableの競合にはGoogle、Microsoft、Amazonは言うまでもなく、Zoho、Smartsheet、そしてTablePlusやRetoolといったスタートアップがいる。サンフランシスコを拠点とする同社はカリフォルニア州マウンテンビューおよびテキサス州オースティンに新オフィスを構え、162名を新規採用し、トータルで280名の従業員をかかえている。

シリーズDラウンドはThriveがリードし、既存投資家のBenchmark、Coatue、Caffeinated Capital、CRV、および新規投資家のD1 Capitalが参加した。このラウンドにより、Airtableの調達総額は3億5,000万米ドル超となった。

※本稿は提携するVentureBeat記事の抄訳です

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】