BRIDGE

タグ uHoo

呼吸器疾患を持つ人のための空気モニタリングIoTデバイス「uHoo」、ブリッジラウンドで数百万米ドルを資金調達

SHARE:

  多くの名高いスタートアップのように、uHoo の物語も学生寮から始まった。共同設立者 Dustin Onghanseng 氏と Brian Lin 氏は、香港でMBAプログラムの勉強をしていた際、頻繁なアレルギーの発作に苦しんだ。 室内で吸っていた空気が原因だとわかったのです。(Onghanseng 氏) 苦しんでいるのは自分たちだけでない、と二人は気づいた。研究によれば、空気質がい…

 

uHoo-05
uHoo
Image credit: uHoo

多くの名高いスタートアップのように、uHoo の物語も学生寮から始まった。共同設立者 Dustin Onghanseng 氏と Brian Lin 氏は、香港でMBAプログラムの勉強をしていた際、頻繁なアレルギーの発作に苦しんだ。

室内で吸っていた空気が原因だとわかったのです。(Onghanseng 氏)

苦しんでいるのは自分たちだけでない、と二人は気づいた。研究によれば、空気質がいいと健康や生産性が向上する。チャンスを感じ取った二人は、学生寮で最初の試作品を作った。設置した部屋の空気質を測定するデバイスだった。

今日、彼らが開発したデバイスは世界中に輸出されている。シンガポールを拠点とする uHoo の空気モニターは、空気質に影響する二酸化炭素、大気中化学物質、粒子状物質、一酸化炭素など9つの要素を探知する。

<関連記事>

uHooは10月28日、ブリッジラウンドとして米ドルで7桁前半(数百万ドル)の資金調達を発表した。Wavemaker Partners と Seeds Capital がリードし、既存投資家 East Ventures も投資に参加した。

1年2ヶ月前にローンチした uHoo は消費者に直接デバイスを届けているが、法人顧客も確保している。オフィスや病院、学校、ホテルで使用されており、不動産デベロッパーの Ascendas-Singbridge やオランダ政府なども顧客だ。

正確な収益や成長率は明らかにされていないが、15社の法人顧客を擁しているという。収益の多くは消費者への売上からだが、法人向けビジネスの方が将来有望であると考えている。

デバイスは1台あたり329米ドル。法人プランには年間利用料が含まれるが、複数デバイスの管理や、uHoo と他社ソフトウェアや構築システムを同期する API など、追加機能も提供している。

現在、シンガポール、香港、フィリピン、オランダに10人のフルタイム従業員を配置している。興味深いのは、ビジネスの多くがヨーロッパや北アメリカから来ているということだ。

Onghanseng 氏は、ヨーロッパや北アメリカでは「空気質の重要性への意識が高いこと、健康改善のために積極的にお金を払うこと」などが理由だと考える。

四つ星か破滅か

uhoo_capture1
uHoo のアプリ
Image credit: uHoo

消費者市場と法人市場の両方に同時に取り組むことは、独自の難題をもたらす。

B2C 市場は、B2B 市場と全く考え方が異なります。ニーズは似ていますが、違う方法で組み立てていく必要があります。(Onghanseng 氏)

uHooは、空気モニターの必要性を人々に納得させる、という課題にも直面している。東南アジアでは室内空気コンサルタントを雇うのが一般的だ。理解できないことだが、と Onghanseng 氏は言う。

今の業界が重点的に取り組んでいるのは、空気の測定を平均15分間で行い、その15分間でオフィスやビルの1年間の空気の全ての状態を推測することなのです。(Onghanseng 氏)

消費者を勝ち取るには、Amazonでの良い製品レビューに勝るものはない。uHooもAmazonに掲載している。

最低でも平均で四つ星は獲得したいところです。(Onghanseng 氏)

Onghanseng氏は言う。四つ星を獲得すると、その製品は「Amazon’s Choice」というラベルがつけられ、Amazon サイト内での検索結果が向上するのだ。

uHoo は2019年後半にシリーズ A ラウンドの資金調達を予定しているが、金額は未定だ。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

上海でハードウェア・スタートアップの祭典「Asia Hardware Battle」が開催——8カ国300社超の応募から、海中ロボット「Fifish P4」が優勝

SHARE:

2017年の Asia Hardware Battle の優勝作品は、ダイビングに情熱を燃やす女性 CEO によって開発された海中ドローンの Fifish P4だった。Asia Hardware Battle は上海で9月16日に開催された。主催者は TechNode で上海の楊浦区人民政府が協賛した。 成都市で開催された前回の Asia Hardware Battle ではファイナリストは10社…

AsiaHardwareBattle2017.jpg

2017年の Asia Hardware Battle の優勝作品は、ダイビングに情熱を燃やす女性 CEO によって開発された海中ドローンの Fifish P4だった。Asia Hardware Battle は上海で9月16日に開催された。主催者は TechNode で上海の楊浦区人民政府が協賛した。

成都市で開催された前回の Asia Hardware Battle ではファイナリストは10社だったが、今回は300を超えるハードウェアのチームの応募が8か国10都市からあり、都市をあげると中国本土からは北京、上海、深圳、他にも香港と台湾、そして海外からは韓国、日本、シンガポール、タイからの参加があった。今年の戦いは計15社のファイナリストがステージに上がり、国内の主要ベンチャーキャピタルやメディア、そして国内外のゲストの参加もあった。

サイバーエージェント・ベンチャーズのマネージングディレクター北川伸明氏は TechNode にこう話す。

昨日(9月17日)はとても楽しむことができました。良かった点はファイナリストのスタートアップ各社がとても国際的だったことです。審査員が優勝者を選ぶ際、3社の優勝者と僅差の2位の各社はみな異なる地域からのスタートアップで、とても興味深く感じました。

中国市場に特化した韓国メディアである China Lab の CEO、Woody Han 氏は TechNode にこう話した。

全般的にスタートアップ各社はとても実用的な問題の解決に取り組んでいました。そのいくつかは近い将来商業化されるでしょう。そしてスタートアップの技術全般が IoT とビッグデータに向かっていると感じました。中国のスタートアップ各社はロジスティクスや VR などのスケールが大きい分野に集中している一方、韓国のスタートアップは美容や環境といったニッチ分野に集中していました。韓国スタートアップの3社はランキング外という結果ではありましたが、スキルや細かい点、そしてデザインの観点でとても優れていました。

それでは Asia Startup Battle の受賞スタートアップ3社を紹介しよう。

1. Fifish / 深圳

1_FifishP4.jpg

Fifish P4はダイバーが海中で簡単に写真やビデオを撮れるようにしている。ユーザは装置が海中で撮ったビデオをリアルタイムで見ることができ、装置は、自動的にダイバーに追従させたり、ユーザがリモート制御で自由に動かしたりすることができる。Fifish P4の最もユニークな特徴は有線・無線コントロールの両方に対応できることだ。

この装置には高精度の深度センサーと姿勢センサーが組み込まれており、ボタンを1回クリックするだけで、どんな深さや場所でも高い精度で非常に安定して位置を保つことができる。また、インタフェースがいくつかあり、ユーザは簡単に複数のセンサーを取り付け、装置の機能を拡張できる。

2_FifishCEO.jpg
Fifish CEO Zhang Chong 氏
Image Credit: TechNode

Fifish の CEO を務める Zhang Chong 氏は PADI(ダイビングインストラクターのプロ協会)会員でもあり、同社のカメラは現在市場にある他の海中ロボットよりも優れていると話す。このプロ級カメラは162 FOV の超広角、4K ハイデフィニションビデオ、そして20MP の設計で、4000ルーメンのライトも備えており、安定したビデオ撮影を保証する。同チームは2017年の CES イノベーションアワードも受賞している。

2. Youibot / 深圳

3_Youibot.jpeg
Youibot
Image Credit: Youyibot

Youibot は安全性を確保する屋内外ロボットナビゲーションシステムを備えた自律型検査モバイルロボットだ。最新世代レーザーレーダーとリアルタイム式ビジュアル SLAM マップ作成ナビゲーション技術に基づき、同社は独自に自律型モバイルロボットプラットフォームを研究・開発してきた。

Youibot の CEO を務める Zhang Zhaohui 氏は、同社によるバスのタイヤ検査ロボットは高頻度の夜間パトロール検査を実現可能だと話す。駐車場で自律型位置ナビゲーションを使用することで、車両の特定や自律型検査の実行および問題車両の報告が可能だ。

同ロボットは、6 DOF と自由に伸びるモジュールを備えたコラボレーションロボティックアームを通じて検査要件を満たす。インテリジェントバックグラウンド監視システムを通じて、画像分析による監視レポートの作成もできる。

3. QT Medical / 台湾

4_QTMedical.jpeg
QTMedical のプロダクト
Image Credit: QTMedical

WHO によると心血管疾患(CVD)は世界的に1番多い死因であり、全世界の死亡数の31%を占める。このうち推定740万人が冠動脈心疾患で、670万人が脳卒中だ。心血管疾患のより良いケアと高齢者や患者の遠隔モニタリングをめざし、QT Medical は医療機器水準の12誘導心電図 (ECG)デバイスおよび家庭での利用に向けたサービスを開発している。

12誘導心電図をいつでもどこでも誰にでも利用可能とするため、同チームは2018年に QT ECG、QT Pro、QT Mini の3製品をローンチ予定だ。QT ECG は患者が自宅で利用するためのコンパクトな12誘導心電図で、QT Pro は病院で利用する12誘導心電図、QT Mini は消費者市場向けの医療機器グレードのウェアラブル ECG。同社は2013年に設立、台湾と LA 事務所に16名の従業員を擁しており、設立者であり心臓専門医で UCLA 教授でもある Chang 博士が率いている。

その他ファイナル進出12社

Renogy / 中国・蘇州: RENOGY はソーラーエネルギー製品を開発している。製品にはソーラーパネルや家庭用ソーラーキットなどがある。

Pium / 韓国: Piumはユーザが質の良い睡眠や休息がとれるよう、そして集中力を高められるアロマテラピーを提供するスマートセントディフューザーだ。ユーザの日常ルーチンに従って自動的に適切な香りを発生させ、それぞれの香りを楽しませてくれる。

Artificial Anything / タイ: Rinn は一日を通してどれだけ水を飲んだかを確認できるスマートカップ。

Nature / 日本: Nature の Remo は室内空調のスマートコントローラーで、壁掛けエアコンの使用を自動化し、消費エネルギーや電気代を節約できる。

uHoo / 香港: uHoo の屋内用空気汚染センサーはビルの温度や OM2.5、TVOCS を監視分析し、ユーザ向けにパーソナライズされたインサイトを提供する。

Clef Technologies / シンガポール: Clef Technologies は水漏れを検知するデバイスを開発している。同デバイスは98%の精度を誇り、簡単に設置が可能で、汚染を避けることができるという。

Zhen Robotics(真机智能)/ 北京: Zhen Robotics は小包を配達するロボットを開発している。4時間の充電で8時間動作できる。

Aira Lab / マレーシア: Aira Lab はユーザが外出先からプログラムできるプラットフォームを通じてロボットをつなぎ、アプリを通じてロボットの制御や他の人との共有ができる。

Line Dock / 深圳: Line Dock は、外出先でもユーザのデバイスに接続するだけで USB-C により最大100W の充電を提供する。

Shado / シンガポール: Shado は海運・空輸双方の貨物便やロジスティクス産業の非効率性を解消する自律的車両運用フリートを構築している。

Lululab / 韓国: Lumini はユーザの肌を分析し、最適なスキンケア製品とサービスを各ユーザに提案するパーソナル美容 IoT デバイス。

Ecubelabs / 韓国: Ecube labs はソーラー電源のゴミ箱「Clean Cube」を提供している。Clean Cube はゴミを圧縮することで通常の8倍のゴミを収容でき、ゴミ回収車の運用コストを削減している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

〈アジアHWスタートアップ・インタビュー〉部屋の空気状況をモニターし、呼吸器疾患を持つ人をサポートする「uHoo」

本稿は、Choon Yan (CY) Tan 氏による寄稿である。 Choon Yan (CY) Tan 氏は、PayPal および Braintree のアジア太平洋におけるスタートアップ・アクセラレータ、インキュベータ活動を牽引している。銀行テクノロジーの経験を持つほか、Google では、Android および Chrome 製品のデータ分析の専門知識をもとに、カリフォルニアで Google…

cycircl-150x150本稿は、Choon Yan (CY) Tan 氏による寄稿である。

Choon Yan (CY) Tan 氏は、PayPal および Braintree のアジア太平洋におけるスタートアップ・アクセラレータ、インキュベータ活動を牽引している。銀行テクノロジーの経験を持つほか、Google では、Android および Chrome 製品のデータ分析の専門知識をもとに、カリフォルニアで Google のサプライチェーン・インテグレーション・チームを牽引していた。

日本の Open Network Lab、マレーシアの MaGIC、シンガポールの Startup Bootcamp などの主要アクセラレータで決済最適化のメンター、Echelon や TechCrunch などのアジアのスタートアップ・カンファレンスでスピーカーを務めている。(これまでの寄稿はこちら


uhoo_featuredimage

uHoo は、スマートで美しいデザインの屋内用空気品質感知センサーで、吸い込む空気が健康に及ぼす影響を検知して警告を発する。このデバイスは、屋内環境の湿度、温度、埃、有害化学物質、二酸化炭素、一酸化炭素、気圧、オゾンを検知できる。

私は、uHoo の CEO、Dustin Jefferson S. Onghanseng 氏と会う機会を持つことができ、彼らのハードウェアベンチャーに関する話をした。

uHoo について教えてください。

uHoo のアイデアは、寮の部屋で話をして生まれた学校のプロジェクトが始まりです。私達が開発した製品は、多くの競争を勝ち抜いたので、香港科技大学(HKUST)のMBA課程のクラスメイト Brian 氏とチームを組んで、まだ大学にいる間にuHooを立ち上げました。授業には出席せず、uHooのことばかりを四六時中考えていました。

なぜテック起業家に転身したのですか?

dustin-jefferson_portrait
uHoo CEO Dustin Jefferson S. Onghanseng 氏

uHoo は、大学のプロジェクトとしてスタートしましたが、初めからできるだけ現実のビジネスのようにするつもりでした。MBA課程を受講している間、さまざまな地域(アメリカ、北アジア、東南アジア)の人々の異なった考え方を理解し、製品をより洗練するためのプロセスに対するフィードバックを得る試験台として様々なビジネスコンペに参加しました。

例えば、非常に清潔で緑の多い町、アメリカ・ポートランドで育った人の考え方は、ロサンゼルスやニューヨークのような都市部で育った人のそれとは大きく異なっていることがわかったのです。この違いを理解したことで、私達は触発され、ビジネスを始めてみようという考えが生まれたのです。

なぜ、その課題に打ち込もうと思ったのですか?

私は鼻炎、Brian 氏は喘息持ちなので、同じような病気を持っている人に共感できます。そのような人に吸い込む空気に関する知識や、悪習や日々の行動がどのように家庭環境に影響するかの情報を提供することで、人々の健康を改善し、呼吸器疾患を防ごうというのが私達のモチベーションになっています。

販売やサービスの運営を多くの国で行っていますが、シンガポールのようなサービス志向の国にも拠点を置いていますね。どんな利点や課題に直面してきましたか。

uhoo_productimage

弊社の課題は、適切な人にチームに入ってもらうことですが、これはどの会社でも同じです。もう一つの課題は、採用率というもので、これは、どの程度、技術が受け入れられるかという度合いです。シンガポールの消費者は、他国の消費者と比べて、一般的に新しい技術を試したがりません。人件費という別の面では、他の場所と比べて、香港が安いです。

仕事を通して得たパートナーや取引先、MBAプログラム時のクラスメイトは非常に重要です。例えば、中国で独力でメーカーを探す必要はありませんでした。創業当時、MBAのクラスメイトが紹介してくれたスイスの取引先が、深圳でメーカーの良いネットワークをもっており、すぐにプロトタイプ製作を支援してくれました。

どのように製品の価格構成を決定しましたか?

価格設定は難しく、何も無いところから魔法の数字を取り出すのに似ています。価格を計算する科学的な方法は存在しますが、実際にどの程度、人がお金を払ってでも買いたいと思うかを知ることはできないでしょう。メーカーと話をし、市場を観察したり話を聴いたりし、最も重要なのは自分の予測に耳を傾けることで価格を決定しました。

以前に比べ、クラウドファンディングはハードウェアスタートアップが成功する助けとなっているのでしょうか?

クラウドファンディングのおかげで、成功した場合は、スタートアップは次の段階へ進めます。しかし、最終完成品を製造、供給するなどの複数の段階がまだ残されています。工場へのアクセスが容易になったおかげで、現在では、生産者は変動する注文量に対応することができるようになりました。

uhoo_capture1

ハードウェアスタートアップを始めるにあたって、もっと早くに知っておけたら良かったと思う落とし穴は何かありますか?

もっとスケジュールに余裕を持たせておくと良いということでしょう。物事は、必ずしも思った通りには進みません。適切な人員配置も必須です。特に、チームのメンバーがあなたのビジョンを信じている場合は特に重要です。

スキルよりも性格重視で候補者を選んでください。スキルは教えることができますが、姿勢は教え込めるものではありません。また、フィードバックを与えるために、人をランダムに選んでアイデアのやりとりをすると良いでしょう。

今後のプランはどんな感じでしょうか?

スタートアップなので、何年も先を見通す余裕はありませんが、製品のローンチやマーケティングに集中し、1ヶ月〜3ヶ月先を見るのに専念したいと思います。uHooは、人々が健康に暮らせる手助けをしたいという想いから始まりましたので、今後も引き続きそうありたいと思います。

uhoo_capture2

----------[AD]----------