株式投資クラファン「FUNDINNO」運営が野村HDと資本業務提携

SHARE:

株式投資型のクラウドファンディング「FUNDINNO」を運営する、日本クラウドキャピタルは6月16日、野村ホールディングスとの資本業務提携を公表している。今後、両社は野村HDのネットワークを通じて企業の資金調達を支援する協業を進めるとしている。また、同時に同社は第三者割当増資の実施状況も公表した。

2020年11月から開始した増資ラウンドで、今回業務提携した野村HD、東急、いよぎんキャピタル、i-Lab5号投資事業有限責任組合、加賀電子、菊池製作所、ちばぎんキャピタル、Birdman、Macbee Planet、PE&HR、Sun Asterisk、VOYAGE VENTURESの12社と個人投資家の大冨智弘氏、名称非公開の企業・個人投資家らから合計で21億7,000万円を調達した。同社株主数は124名となる。調達した資金で事業運営体制の強化を図る。

FUNDINNOは同社の審査を経た一般の個人投資家が1口10万円から未公開企業に投資できる株式型クラウドファンディングサービス。これまでに2015年の創業からこれまでに173件の案件に対して57億円以上の調達を支援した。なお、個人投資家として参加するためには生活費や借入金ではない性格の金融資産を300万円以上保有することが条件の一つとなっている。同社はクラウドファンディング以外にも、未公開企業向けの資本政策支援ツール「FUNDOOR」も提供している。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録