タグ Wise(旧TransferWise)

送金プラットフォームのWise(旧TransferWise)、ロンドン証取への直接上場を検討

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 世界的なフィンテック企業である Wise(旧 TransferWise)は、株式の直接上場によるロンドン証券取引所への上場を検討していると発表した。 また、同社は17日中に取引所への…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


世界的なフィンテック企業である Wise(旧 TransferWise)は、株式の直接上場によるロンドン証券取引所への上場を検討していると発表した。

Wise 創業者の2人。左から:Taavet Hinrikus 氏、Kristo Käärmann 氏
Photo credit: Wise

また、同社は17日中に取引所への参加の可能性に関する文書を発表する予定であると発表した。

上場後、Wise は A 種株式と B 種株式の2種類の株式を発行するデュアルクラス株式構造を採用する。本年5月23日時点のすべての株主および権利が確定したオプションの保有者は、A 種株式の50%と、それに対応する B 種株式を1対1で受け取ることを選択できる。

上場が実現した場合、Wise は「OwnWise」と呼ばれる顧客向け株主プログラムの設立を計画しており、17日よりイギリスの対象顧客を対象に事前申請を開始している。このプログラムに参加すると、少なくとも1年間、保有する株式価値の約5%(最大100ポンド)に相当する Wise のボーナス株式を受け取ることができる。

また、対象となる顧客は、同社のコミュニティ OwnWise に参加することができる。このコミュニティでは、四半期ごとに Wise チームとのセッションが行われるほか、新機能や新製品への早期アクセスが可能となる。ただし、OwnWise は、初年度の参加顧客数を10万人に限定している。また、上場後には、一部の国で他の対象顧客にも申し込みを開始する予定だ。

上場予定に加えて、 Wise は2021年度の業績で、事業展開するすべての地域で、個人および法人の顧客を対象に「力強い成長がある」と報告している。

Wise の2021年度の業績は、個人と企業の取引を合わせた総取引量が544億ポンド(約8.4兆円)に達した。これは、越境送金417億ポンド(約6.4兆円)を取り扱った前年度に比べて30%の増加となる。

Wise の収益も、前年の3億260万ポンド(約460億円)から4億2,100万ポンド(約640億円)に増加、また調整後の EBITDA は、前年同期の6,820万ポンド(約105億円)から1億870万ポンド(約167億円)に増加した。

同社のアクティブユーザ数は、昨年の470万人に対し、現在は600万人となっている。また、2022年度の初めには、個人向けおよびビジネス向けの数量および収益において、同社のサービスに対する「強い需要」が見られた。

今後の見通しとして、 Wise は、中期的には売上高が年平均20%以上の複合成長率で伸び、調整後の EBITDA マージンも20%以上を維持すると予想している。一方、2022年度については、パーセンテージベースで20%台前半から半ばの収益成長を見込んでいる。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Plaidを諦めたVISA、次は国際送金のTransferWiseと提携でマルチ通貨口座の拡大へ

SHARE:

ピックアップ:TransferWise and Visa Announce Global Partnership Following Successful Collaboration on Cloud Technology ニュースサマリー:VISAは27日、送金大手のTransferWiseとの戦略的パートナーシップを発表した。これにより、TransferWiseはVISAのCloud Conn…

ピックアップ:TransferWise and Visa Announce Global Partnership Following Successful Collaboration on Cloud Technology

ニュースサマリー:VISAは27日、送金大手のTransferWiseとの戦略的パートナーシップを発表した。これにより、TransferWiseはVISAのCloud Connectインフラストラクチャーを利用し、マルチ通貨に対応するデビットカードプログラムの拡大をスムーズに遂行できるようになる。

話題のポイント:VISAが金融APIを提供するPlaidの買収をアンチトラスト法に阻まれてからまだ数週間ですが、次のステップが明らかになってきました。今回新たにパートナーシップを発表したのは、国際送金の分野をリードするTransferWiseです。今回の提携では、VISAがクラウドの決済サービスをTransferWiseに対して提供することで、彼らがパブリッククラウド経由でVISAの決済処理ネットワーク「VisaNet」にアクセスすることができるようになります。これにより、TransferWiseは2018年頃より進めていた複数通貨に対応するデビットカード口座の市場拡大を進めやすくなるなる思惑があるようです。

TransferWiseは国内だけで生活しているとあまりその利便性にピンとこないかもしれませんが、複数通貨に対応する口座の破壊力はすさまじく、例えば日本から米国に初めて移住する場合、実際に現地に行くまで米ドルの口座を開設することは実質不可能でした。しかし、TransferWiseを介すことで事前に米ドルベースの口座、かつ送金をするのに必要な番号(ACHなど)もすべて割り振られます。そのため、Bank of AmericaやChaseなどと、実店舗があるかどうかの違いはあれどほぼ同等の機能を気軽に持てる利点が特徴でした。

加えて、デビットカードの発行にも国ごとに徐々に対応しており、つい先日には小規模であるものの日本においてもサービス開始の発表がありました

今までは各国通貨の安定的な決済やセキュリティーに対応させるため、各国におけるローカルでのデータセンター設置や通信インフラ、決済ハードウェアなど、多くの投資が必要でした。そのため、日本へのマルチ通貨アカウントの提供もロールアウトまである程度の時間を要していた背景があります。そのウィークポイントを、VISAのCloud Connetを通したクラウドベースへ切り替えることで、安定性と迅速性を達成することができるようになります。つまり、各国への対応が大幅にスピードアップする、ということです。

TransferWiseの利便性を考えるととにかく1枚・1口座は所有しておくことが世界の常識となる日も近い気がします。

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


TransferWiseとAlipay(支付宝)、送金サービスで提携——手数料高止まりの銀行を尻目に、数十億米ドル規模のグローバル送金事業を確立へ

SHARE:

TransferWise は18日、TransferWise ユーザが17通貨から人民元を AliPay(支付宝)ユーザに送金できるようになる予定だと発表した。TransferWise、AliPay の両サービスの送金サービスのリーチを拡大する。 重要視すべき理由:銀行を介した送金手数料の高さ(世界平均で送金額の7%)から、利便性を高めコストを削減するサービスに活路を開いている。 AliPay の…

Image credit: TransferWise

TransferWise は18日、TransferWise ユーザが17通貨から人民元を AliPay(支付宝)ユーザに送金できるようになる予定だと発表した。TransferWise、AliPay の両サービスの送金サービスのリーチを拡大する。

重要視すべき理由:銀行を介した送金手数料の高さ(世界平均で送金額の7%)から、利便性を高めコストを削減するサービスに活路を開いている。

  • AliPay のユーザは世界中に12億人いるのに対し、イギリス企業の TransferWise のユーザは600万人だ。今回の提携により、両社は数十億米ドル規模のグローバルな送金ビジネスを確立することが可能になる。

詳細情報:今回の提携を発表した声明で、TranferWise は「ユーザが Google で目にしているような、外貨為替の実行レートで送金が可能になるだろう」と述べている。

  • TransferWise のユーザは毎月、Alipay のアカウントに最大5回まで送金できる。1回の送金の最高限度額は31,000人民元(約48.5万円)で、年間合計限度額は50万人民元(約780万円)。
  • 受け取り側の Alipay アカウントは、中国公民で銀行カードをリンクしておく必要がある。
  • TransferWise の共同創業者兼 CEO である Kristo Käärmann 氏は、今回の提携が「ユーザから最も要望の多かった機能の一つ」であると述べている。

背景:TransferWise との提携は、AliPay の越境送金に関する初の提携だった1月に発表された Worldremit との連携や、昨年11月に発表された Finablr(Travelex やアラブ首長国連邦取引所の持株会社)との連携と比べ物にならない。

  • TransferWise との提携は、AliPay がヨーロッパ市場でマーケットシェアやアクセスをもつ企業と協業したいという、以前からの熱望を示唆するものだ。アメリカに比べると、ヨーロッパ市場は金融規制の落とし穴が少ないと考えるアナリストもいる。
  • Ant Financial(螞蟻金融)は既に、香港やフィリピンのユーザ向けにブロックチェーンを使った越境送金サービスをローンチしている
  • 中国国内のユーザは送金では世界第2位の市場で、2018年には670億米ドルが取引された。
  • 世界銀行によれば、低所得者層や中間層の多い国々への送金は、2019年に5,500億米ドル、2021年までに5,970億円に達する見込みで推移している

<関連記事>

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。


  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待

無料メンバー登録

送金プラットホームTrasferWiseの企業価値が35億ドルを突破ーー調達した3億ドルを初期投資家・社員へ利益分配

SHARE:

ピックアップ:TransferWise Valued At $3.5 Billion As Founders Sell Stake ニュースサマリー:送金プラットホーム大手のTrasferWiseが新たに2億9200万ドルの資金調達を実施した。同調達ラウンドはセカンダリーマーケットを通して実施された。参加したのはAndreessen HorowitzやLead Edge Capital、Vitru…

スクリーンショット 2019-05-25 11.33.54.png
credit: Transferwise website

ピックアップ:TransferWise Valued At $3.5 Billion As Founders Sell Stake

ニュースサマリー:送金プラットホーム大手のTrasferWiseが新たに2億9200万ドルの資金調達を実施した。同調達ラウンドはセカンダリーマーケットを通して実施された。参加したのはAndreessen HorowitzやLead Edge Capital、Vitruvian Partners、Lone Pine Capitalなどを含む6つのファンド。

今回の調達により同社の企業価値は35億ドルを突破したが、これにより英国のレンディング・スタートアップであるOakNorthを抜き、ヨーロッパで最も企業価値の高い企業となった。TransferWiseがサービスを提供し始めたのは2011年、エストニア人の2名の起業家により創業された。現在は約1600人の従業員と12のオフィスを持つユニコーン企業となっている。

話題のポイント:今回の調達はセカンダリーマーケット、つまり未公開株式の売買が可能な市場を通じて実施されました。記事の中で共同創業者兼CEOのKristo Käärmannは次のようにコメントしています。

今回の資金調達は、決して運転資金を集めるためだけではありません。本当の狙いは、私たちのミッションに継続的に興味を示す投資家に対する投資機会の提供と、初期投資家へと社員(労働者)への恩返し(利益分配)です。

TransferWiseは自社株を保有する一部の投資家・社員に対し、セカンダリーマーケットでの売買を可能にし、初期投資家から新規投資家へと株を売却できるようにしました。これによって、イグジットしたい投資家についてはこのタイミングで利益を確定してもらい、また、従業員についても配分を実施したようです。通常、IPOで発生する内容を先にプライベート市場で実施した、ということになります。

これまでは銀行が国際送金市場を牛耳っており、そのプロセスのコストから、手数料はバカにならない額が引かれていました。しかし、TransferWiseのようなサービスがそのような既成の枠組みを破壊し、市場を活性化することで、グローバル化する金融市場は一層活性化しています。

当ラウンドで参加した大物投資家達の描くシナリオは、今後もこのような国際金融市場の送金のボリューム増加の流れは続き、TransferWiseの価値もそれに応じて上昇していくというものだということです。

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。


  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待

無料メンバー登録

TransferWise、2億8,000万米ドルを調達——アジア太平洋地域での国際送金サービスを拡大へ

SHARE:

国際送金サービスの TransferWise は、資産管理会社の Old Mutual Global Investors(OMGI)とシリコンバレーの IVP がリードする資金調達ラウンドで2億8,000万米ドルを調達した。Sapphire Ventures のほか三井物産、World Innovation Lab、Richard Branson 氏、Andreessen Horowitz、Bai…

TransferWise-taavet-hinrikus-and-kristo-kc3a4c3a4rmann
(上)設立者の Taavet Hinrikus 氏と Kristo Käärmann 氏

国際送金サービスの TransferWise は、資産管理会社の Old Mutual Global Investors(OMGI)とシリコンバレーの IVP がリードする資金調達ラウンドで2億8,000万米ドルを調達した。Sapphire Ventures のほか三井物産、World Innovation Lab、Richard Branson 氏、Andreessen Horowitz、Baillie Gifford も投資に参加した。

2010年にロンドンで設立された TransferWise は、ピアツーピア(P2P)の国際送金サービスを提供している。送金の際経由する銀行を迂回するため、費用が安くて済む。

同社は以前にも約1億2,000万米ドルを調達していたが、今回のキャッシュ投入を受けて新製品の開発とインドを含むアジア太平洋への注力を進める計画だ。さらに、最近発表された企業が異なる通貨を預けることができる「国境のない(ボーダーレス)銀行口座」の拡充にも活用される。2018年には欧州で消費者向けのボーダーレス口座とカードの事業を開始する計画もある。

共同設立者兼会長の Taavet Hinrikus 氏は次のように話している。

TransferWise を必要としている世界中全ての人にサービスを届けるのが私たちのミッションです。

今では当社のプラットフォームを使って毎月10億ポンド(13億米ドル)以上が送金されています。本国にいる親類への援助、国外への公共料金支払い、新たな領域への事業拡張など理由は様々です。しかし10億ポンドといっても、全体の市場からするとごく一部。つまり、たくさんの人が今でも銀行や従来のブローカーに日々手数料を搾取されているのが現状です。

2017年初めから利益を計上できるようになり、 今では世界42か国の200万人以上にサービスを提供しているという。ロンドン、シンガポール、東京、シドニーなど世界中の主要拠点で800人が勤務している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。


  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待

無料メンバー登録

TransferWise、Facebook Messenger上で簡単に海外送金ができるボットをローンチ

SHARE:

海外送金サービス TransferWise は、新たな Facebook Messenger ボットを導入した。これにより、顧客は Facebook Messenger 上から直接送金したり、レートアラートをセットすることができる。 ロンドンで2010年に設立された TransferWise は、銀行を迂回させることでコストを抑えたピアツーピア(P2P)国際送金サービスを提供するために、株式発行に…

transferwise-930x523
TransferWise: Facebook Messenger ボット

海外送金サービス TransferWise は、新たな Facebook Messenger ボットを導入した。これにより、顧客は Facebook Messenger 上から直接送金したり、レートアラートをセットすることができる。

BotTW-300x376
TransferWise のボット

ロンドンで2010年に設立された TransferWise は、銀行を迂回させることでコストを抑えたピアツーピア(P2P)国際送金サービスを提供するために、株式発行によってこれまでに約1億2,000万米ドルの資金調達を行っている。同社を支援する投資家には、Richard Branson 氏や PayPal の共同設立者 Peter Thiel 氏などがいる。

ここ数年で多くの有名企業が Facebook Messenger を活用し始めており、現在 TransferWise はそうした企業の後に続こうとしている。自動カスタマーサービスボットがユーザの送金をガイドする。アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、カナダからの送金が可能だ。Messenger を使用してレートアラートを設定することもできる。つまり、希望通貨間の最新のレートを毎日受け取ることができるのだ。

TransferWise での私たちの使命は、世界中の皆様に、より速く、安く、便利な国際送金サービスを提供することです。

TransferWise でグローバルパートナーシップ部門の責任者を務める Scott Miller 氏はブログ記事の中でそう語る。

Messenger 用の TransferWise ボットを構築することは、その使命達成に向けた大きな一歩です。また、これが、メッセージング、銀行、ビジネス決済のほぼ全てのシステムに TransferWise をシームレスに統合する上で、私たちの API をどのように利用することができるのかを示す好例となりました。

Facebook は、Messenger をプラットフォームとして成長させる計画を2015年に発表した。そのプラットフォームでは、膨大な数のユーザを誇る Facebook のメッセージングサービスを通じて、小売業者や企業が直接顧客とつながることができるというものだ。また、Facebook によると、Messenger 上には現在3万を超えるチャットボットが存在しており、それらはフライト予約ピザの注文の他さまざまな面で役に立っているという。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。


  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待

無料メンバー登録