AIがん診断Lunitが米大手から29億円調達、韓牛ECのSir.LOINが15億円調達など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(7月19日~7月23日)

本稿は、韓国のスタートアップメディア「Startup Recipe(스타트업 레시피)」の発表する週刊ニュースを元に、韓国のスタートアップシーンの動向や資金調達のトレンドを振り返ります。

Copyright 2021 © Media Recipe. All Rights Reserved.


7月19日~7月23日に公開された韓国スタートアップの調達のうち、調達金額を開示したのは8件で、資金総額は678億ウォン(約64.9億円)に達した。

(クリックして拡大)

主なスタートアップ投資

  • 医療 AI スタートアップ Lunit(루닛)が Guardant Health から300億ウォン(約28.7億円)を戦略的資金調達した。アメリカ NASDAQ 上場の Guardant Health は Lunit の AI を用いた、がん診断を支援するプログラム「Lunit Scope」の流通・販売で協業予定。Guardant Health は、がん診断の分野で圧倒的な世界シェアを記録しており、時価総額は1.2兆円だ。
  • 韓牛流通・販売スタートアップ Sir. LOIN(설로인)が160億ウォン(約15.3億円)を調達。オンラインモールを中心に B2C 売上高が昨年より30倍増加した。今回の投資で B2B プラットフォーム新規事業を進め、スマートファクトリの新築や副業人材を採用する計画だ。
  • AI 半導体スタートアップ Rebellions(리벨리온)が145億ウォン(約13.9億円)を調達。累積調達額は300億ウォン(約28.7億円)で、韓国で注目されるファブレス企業として選定。世界基準で2〜3年かかるテストチップ製作を、1年足らずにまで短縮したのが特徴。チップの測定結果をもとに、来年初め国内外の顧客とのサンプリングを行う予定。
  • ペット専門モール Pet Friends(펫프렌즈)が GS Retail と IMM PE に株式の95%を売却。Pet Friends はペットデータをベースにした AI カスタム商品サービスを運営し、独自ブランド(PB)商品などを販売。今回買収されたことで、専門モールを越えペットライフスタイルのプラットフォームに飛躍する計画。
  • Wayne Hills Ventures(웨인힐스벤처스)が32億ウォン(約3.1億円)を調達。設立2年で時価総額は33億ウォン(約3.1億円)に達し、売上高は42億ウォン(約4億円)を記録。音声やテキストを入力すると、AI によりデジタル映像コンテンツに自動的に変換・製作してくれるサービスを開発した。

トレンド分析

女性によるスタートアップのための資金調達マスタークラス

世界では莫大な資金がスタートアップに注入されている。しかし、すべての起業家がこの機会を掴めているわけではない。特に女性起業家には、まだ資金調達の機会が少ない。これはグローバル市場だけでなく韓国国内市場でも見られる現象だが、今年の韓国国内上半期で資金調達できた女性起業家によるスタートアップは、全投資額のうち2%だった。

女性起業家と VC が運営するアメリカ のNPO All Raise は、この問題を積極的に解決しようと女性起業家とノンバイナリ(男女に属していない性)起業家のためのマスタークラスをリリースした。最初の資金調達からシリーズ A ラウンドまでの戦略を無料の講演(英語)で提供している。

マスタークラスは、5つのモジュールと36回の講義で構成されている。一講義あたり3〜60分の授業で、全15時間の録画されたオンライン講義をユーザが自分のペースで聴講することができる。講演では、Cowboy Ventures、Sequoia、Benchmark、などの有名 VC 所属の女性 VC と起業家25人以上が参加し、初期の資金調達戦略からピッチ技術、投資家へのアプローチ方法など、リアルな資金調達のノウハウを提供する。シリコンバレーアクセラレータ Y Combinator が運営する Startup School と同様の形式であるが、女性に焦点を当てた点が異なる。

申込書を見てみると、業界、資金調達の是非、性別、人種などの基本的な個人情報を入力するようにはなっている。女性とノンバイナリ起業家を支援するためのプログラムであるため、自分の性的指向(トランスジェンダー、ゲイ、バイセクシャルなど)、家族形態、障害の有無など多様性に関する個人情報も提供しなければならないという特徴がある。

【via StartupRecipe】 @startuprecipe2

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録