不動産仲介会社向け自動追客SaaS「PropoCloud」運営、JIC VGIとサファイヤ・キャピタルから7億円を調達

SHARE:
Image credit: Housmart

不動産仲介会社向け自動追客・営業支援 SaaS「PropoCloud(プロポクラウド)」を提供する Housmart は8日、政府系ファンド JIC ベンチャー・グロース・インベストメンツ(JIC VGI)と PE ファンドのサファイア・キャピタルから7億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明。今回ラウンドを受けて、同社の累計資金調達額は約14億円に達した。

Housmart ではプロポクラウドの営業対象エリアを現在の1都3県から拡大する計画で、今回調達した資金を使って、事業拡大・開発スピードを加速させるための人材採用、導入店舗のカスタマーサクセス強化、不動産データベースの拡充、内部体制の強化などに投資するとしている。

Housmartの創業は2014年10月。当初は、ユーザが公開されている情報から希望の不動産を選択し、購入者と売却希望者の双方で直接内覧や売買を行うことができる不動産取引プラットフォーム「Housmart」で事業をスタートした。その後、AI による個人向けの中古マンション提案アプリ「カウル」を立ち上げ、現在は PropoCloud が主力サービスとなっている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録