ブランド買収モデル「ロールアップ型EC」のThrasio、IPOを延期するもシリーズDで10億米ドル超を調達

SHARE:
Image credit: Thrasio

<ピックアップ> Amazon aggregator Thrasio raises $1 billion Series D following delayed IPO

Amazon 上のブランドを買収するアグリゲーター最大手 Thrasio は、シリーズ D ラウンドで10億米ドルを超える資金を調達したと発表した。今回の資金調達は、予定していた IPO を延期した CFO の突然の退任と監査の不備を受けつつも、投資家が Thrasio に信頼を寄せたことを反映している。Thrasio は、9月にも6億5,000万米ドルの資金調達を行っていた。

ボストンを拠点とする Thrasio は、200以上のブランドを所有し、今年は10億米ドル以上の収益を上げる予定で、記録的に急成長しているユニコーンの一つだ。今年4月、1億米ドルを調達した際の時価総額37億米ドルだった。Thrasio のモデルは、レビューが良く、成長が見込まれる収益性の高い Amazon 上の販売者を買収ことで成り立っている。

ロールアップ型 EC は、買収された販売者が商品画像や Amazon の検索ランキングなどを改善して、収益改善するビジネスモデルで、Perch、Elevate Brands をはじめ、現在約70社が Amazon 上の販売者を買収しており、全社合計で100億米ドルを資金調達している。今月初めには、インドの同業 GlobalBees が、時価総額5億米ドルでソフトバンクらから資金調達するとの報道があった。

<関連記事>

via Fast Company

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録