現実世界の改善点をモデル化する:Nvidiaと気候変動問題(2)

 

(前回からのつづき)詳細が明らかにされなかったことで、E2が実際に存在するのかどうか疑問視する声もあったぐらいだ。技術アナリストのAddison Snell氏は「今回の発表は示唆に富んだものだ。ただ、これが本当にあるのだとしたら私は質問があるのだが、これは一晩ゆっくり寝てから尋ねることにしよう」とツイートしている。

スーパーコンピューターの定義は通常の業務用コンピューターの何倍もの性能を持つものだ。1997年にチェスの名人Gary Kasporov氏を打ち負かしたIBMのスーパーコンピューターよりも、1970年代のアポロ計画を指揮したスーパーコンピューターよりも、今のiPhoneの方が性能が高いと言われるほどだ。

地球のデジタルツインで気候変動と闘う

Nvidiaが発表した技術の多くは、超高性能コンピューティングをより広く利用できるようにすることを目的としていた。例えば、企業がクラウドサービスとして利用したり、ゼロトラスト・コンピューティングなどの目的に応用したりすることができる。

現在のスーパーコンピューターは、Linuxを搭載したサーバーを大規模に配置し、高速なインターコネクトで接続して構築されている。スーパーコンピューティングセンターがより多くの研究者に開放され、クラウドコンピューティングプロバイダーがスーパーコンピューティングサービスを提供するようになった今、NvidiaのQuantum-2プラットフォームは、スーパーコンピュータのアーキテクチャに重要な変化をもたらすものだとHuang氏は述べている。

Quantum-2は、スーパーコンピュータの性能とクラウドコンピューティングの共有性を提供する初のネットワークプラットフォームです。これはこれまで不可能でした。Quantum-2までは、ベアメタルのハイパフォーマンスか、セキュアなマルチテナンシーのどちらかしか得られず、両方を得ることができなかったからです。Quantum-2があれば、あなたの貴重なスーパーコンピュータはクラウドネイティブになり、はるかに有効に活用できるようになります」(Huang氏)。

Quantum-2は、Nvidia Quantum-2スイッチ、ConnectX-7ネットワークアダプター、BlueField-3データ処理ユニット(DPU)、およびサポートソフトウェアで構成される400Gbps InfiniBandネットワークプラットフォームで構成されている。

NvidiaはE2のアーキテクチャについて詳しく説明していないが、Huang氏は、10年後、20年後、30年後の未来を正確に予測するために、地球の気候を十分に詳細にモデル化することは、悪魔のように難しい問題だと述べている。

気候シミュレーションは、大気物理学を主にモデル化する気象シミュレーションよりもはるかに難しく、モデルの精度は数日ごとに検証する必要があります。長期的な気候予測では、地球の大気、海洋、水、氷、陸地、人間活動などの物理をモデル化し、それらが相互に影響し合うことが必要です。さらに太陽の放射を宇宙に反射する低層大気の雲などの効果を取り入れるためには、1〜10メートルのシミュレーション解像度が必要になるのです」(Huang氏)。

Nvidiaは、物理学の機械学習モデルを開発するための新しいフレームワークModulusを使って、この問題に取り組んでいる。例えば、蒸発による干ばつや、飲料水の貯水池が150フィートも低下するなど、地球の気候が急速に変化していることを考えると、この問題の解決は切実に求められている。

「緩和と適応のための戦略を開発することは、今日の社会が直面している最大の課題の一つであることは間違いありません。加速コンピューティング、物理学のML、巨大なコンピュータシステムの組み合わせは、100万倍の飛躍をもたらし、我々はこれらの問題に一石を投じることができるようになるでしょう」(Huang氏)。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録