スタジオアンビルト:スマホから建築家に間取り作成依頼【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

スタジオアンビルト

「madree」
Image credit: Studio Unbuilt

<事業内容>

注文住宅を検討中の方がスマートフォンひとつで自分の暮らしに合った質の高い間取りを建築家に依頼できる Web サービス、madree(マドリー)を運営しています。サイト上に用意されたフォームからアンケートに答えるだけで、1週間程度で複数の建築家が作成した間取りが5〜10案届きます。ユーザーは届いた間取りを提携のハウスメーカー・工務店に持ち込み施工します。間取りの作成は登録している全国7,000名以上の建築家・デザイナーが行なっています。

この仕組みによりマドリーユーザーはこれまで営業マンなどの非専門家が作成していた間取りに比べて、設計のプロである建築家・デザイナーが作成した質の高い間取りを日本中どこにいても受け取ることが可能になります。現在、会員登録ユーザーは4.2万人、公式 Instagram のアカウントは、14万フォロワー、提携住宅会社は200社以上とサービスは順調に成長中です。質の高い設計に簡単アクセスできるプロダクトを提供し、誰もが質の高い住宅を建設できるよう支援する事業を行っていきます。

<推薦者>  甚野広行さん(マネーフォワードベンチャーパートナーズ/HIRAC FUND)

<推薦者コメント>

家づくりをした人へのアンケートにおいて、間取りに満足している人は5%にとどまっているといったデータがあります。これは多くのハウスメーカーで最初に間取りを作成する人が住宅展示場などで接客をした営業マンであるからであり、プロの建築家やデザイナーによる設計は注文住宅全体の4%であることに起因しております。

スタジオアンビルトはこうした課題を「マドリー」を通して解決し、多くの人がそれぞれのライフスタイルに合った間取りを手にすることを可能とします。住む人、設計士、施工会社の三者全てが幸せになるビジネスモデルにより、建築・不動産業界の変革を実現します。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録