シンガポールのブロックチェーン分析スタートアップNansen、Web3メッセージアプリをβローンチ

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


シンガポールのブロックチェーン分析プラットフォーム「Nansen」は、Web3 ベースのメッセージングアプリケーション「Nansen Connect」をローンチした。

Nansen のチーム
Photo credit: Nansen

Nansenチーム / Photo credit: Nansen

このアプリには、1対1のメッセージングのためのエンドツーエンドの暗号化が搭載されている。このアプリでは、ユーザは仮想通貨ウォレットでログインし、Nansen ウォレットのラベルをもとにユーザ名を選択し、仮想通貨の保有量に基づいてグループに参加したり、トークン収集の統計を追跡したりすることできる。

現在ベータ版であるこのアプリケーションは、スマートマネーのチャンネル、ブルーチップ NFT ホルダーのチャンネルなど、一部のコミュニティで利用可能だ。同社は近日中に、より多くのユーザにこのアプリを展開する予定だ。

Nansen Connect で、エンドツーエンドの暗号化ダイレクトメッセージを交換している様子。
Photo credit: Nansen

同社は Web サイトで次のように述べている。

最終的に、この新製品は、Nansen を情報ハブからソーシャルハブにもなるようにピボットする。

Nansen は2021年12月、Accel、GIC、Andreessen Horowitz、Tiger Global、SCB 10X からシリーズ B ラウンドで7,500万米ドルを調達した

「デジタル資産のブルームバーグ」と称される Nansen は、2020年に設立された。同社は、Ethereum、Polygon、Binance Smart Chain、Fantom、Avalanche、Celo などのブロックチェーン上のオンチェーンデータポイント、ウォレットラベル、エンティティに関する分析を提供している。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録