フェムテック×フィンテック、米Future Familyが不妊治療の金利0%ローンを発表

Image credit: Future Family

<ピックアップ> Future Family Now Offers 0% Interest Rate Financing for Fertility Treatments

重要なポイント:体外受精や卵子凍結など不妊治療向けのローンを提供するアメリカ Future Family は5日、新たに金利0%のプランを追加することを発表した。

詳細:Future Family は2016年、アメリカ・サンフランシスコにて Claire Tomkins 氏によって設立。彼女自身も3人の子どもを体外受精で授かったことが起業のきっかけという。

  • 同社は「すべての人が不妊治療を利用しやすく、手頃な価格で受けられるようにすること」をミッションに、フィンテックとフェムテックを組み合わせ、月250米ドルからの体外受精や卵子凍結のローンを提供している。
  • 今回新たに追加された金利0%プランは、最大12カ月間金利なしで融資を受けることができ、不妊治療の費用に充てることができる。同社のプレスリリースによると、現在不妊治療を行っている人々の85%が利用しているクレジットカードは、平均金利が15%を超え、治療費がカード限度額を上回ることも多いという問題点がある。
  • 同社の新プランは、クレジットスコアに悪影響を与え、将来的に負担となる可能性のあるクレジットカードに代わる選択肢を提供する。
  • 同社の CEO 兼創設者である Tomkins 氏は、今回の新プラン追加について次のようにコメントしている。

これまでどのファイナンス会社も、金利0%の不妊治療向けファイナンスプランを提供することはありませんでした。今回のプランは実に画期的なものであり、これをきっかけにさらに多くの方々に家族を増やす機会を与えられることを誇りに思います。

背景:同社のプレスリリースによると、不妊治療クリニックを訪れる人々の約50%が、高額な費用と複雑さを理由に治療に踏み切れていないという。

執筆:平理沙子(Risako Taira)/編集:池田 将

via FemTech  Insider

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録