動画生成AIのRunway、新機能「Watch」をローンチ——ハリウッドの反発買うも、CEOが考える「アートとAIの融合」とは

SHARE:
新機能「Watch」
Image credit: Runway

俳優や脚本家によるストライキが続くハリウッドだが、ジェネレーティブ AI が彼らの業界や雇用に与える影響が中心的な関心事となっている。Runway の CEO Cristóbal Valenzuela 氏は、直近の評価額が15億米ドルだった彼のジェネレーティブ AI 動画スタートアップが、ピケライン上の人々(ストライキに参加する人々)から攻撃を受けている。

しかし先週マンハッタン本社を訪れた際、Valenzuela 氏は AI によって自分の肖像画が生成されたり、映画業界の仕事が AI に取って代わられたりすることに対する脚本家や俳優の懸念を否定するつもりはないが、ハリウッドと AI をめぐる会話はもっとニュアンスを変える必要があると考えていると話してくれた。

私は、脅威を感じたり、疑問を抱いたりする芸術家コミュニティに共感します。同時に、クリエイターや映画製作者と話すと、これがすべてに取って代わるという唯一の視点とは違うことを理解し始めています。(Valenzuela 氏)

ハリウッドが AI に反発する中でも、ニューヨークを拠点とするランウェイは、アーティストや映画制作者のコミュニティを構築し、AI が制作した作品を支援、促進する努力を続けている。Runway は3月に Runway は初の年次 AI 映画祭を開催、そして、8月17日に Web サイトと iOS アプリで「Watch」と呼ばれる新機能を開始した。

私たちが目指していることの多くは、これらのツールを民主化し、より便利なものにすると同時に、これらのツールを使って作られたストーリーを紹介することです。私たちは、テクノロジーによってもたらされる偉大で前向きな成果を強調する必要があります。その努力のひとつが、Watch セクションでそれらを紹介することなのです。(Valenzuela 氏)

<関連記事>

デジタルアートをめぐる Runway 創業者たちの絆

Cristóbal Valenzuela 氏

Runway のオフィスは、騒々しい Canal Street から1ブロック下、落書きだらけの路地に面した Tribecca の気取らないビルにある。同社は先月、Google、Nvidia、Salesforce などの投資家から1億4,100万米ドルの資金を新たに調達した

数枚のアートポスターと、デザインに関する本で埋め尽くされた棚以外には、Runway のオフィスが会社の芸術的善意を示す証拠をあまり見せないことにも驚いた。

チリ出身の Valenzuela 氏は、経済学と経営学の学士号を取得した後、2012年に芸術とデザインの修士号を取得した。2018年、彼はニューヨーク大学・ティッシュ芸術部の Interactive Telecommunications Program(ITP)の研究員となった。このプログラムはエンジニアのためのアートスクール、あるいはアーティストのためのエンジニアリングスクールと評されることもある。

その年、Valenzuela 氏はティッシュ芸術部の同窓である Anastasis Germanidis 氏、Alejandro Matamala Ortiz 氏とともに Runwa yを設立した。現在では、最初のテキストからビデオへのジェネレーティブAIに加え、画像からビデオ、ビデオからビデオ、3D テクスチャ、ビデオ編集、AI トレーニングのオプションを提供している。

テキストから映像を生み出すアイデアは10年以上前から

Valenzuela 氏は、常に芸術的な媒体やテクニックを試してきたというが、彼が展示したものはデジタルアートだった。2012年にチリの美術館で展示された「Regression(回帰)」と呼ばれる初期のインタラクティブアートプロジェクトを見れば、テキストから映像へというコンセプトが10年以上前から彼の頭の中にあったことがよくわかる。

祖父から譲り受けた古いタイプライターです。タイプライターのキーストロークをつなげてネットワークを作りました。台座の上にタイプライターと白い壁があったとします。すべてのキーストロークが互いに接続され、私が書いたコンピュータソフトウェアに送られ、文字を書くたびに映像が映し出されるようになっています。物理的なデバイスに単語を入力し、入力しているすべての内容がこの無限の紙に記録されます。(Valenzuela 氏)

もちろん、動画は当時作られたものではなく、Valenzuela 氏が集めた既存のものだ。

そういうのが面白かったんです。(Valenzuela 氏)

最近では、伝統的なアートを作る練習はあまりしていないという。

今の僕のアートはランウェイを作ることなんです。(Valenzuela 氏)

Cristóbal Valenzuela 氏による作品 「回帰」(2012年)

Runway が挑もうとしているのは、創造的なアウトプット

6月、Nicolas Neubert 氏が投稿した映画のような45秒のSF映画の予告編「Genesis」は瞬く間に拡散し、数百万回再生され、CNN や Forbes でも取り上げられた。それは、新世代の AI 動画作成ツール「Gen2」だった。

Genesisはとても素晴らしかったです。あれこそ、私たちが挑もうとしているクリエイティブなアウトプットの形だと思っています。あのようなものが世に送り出されるのを見るのは素晴らしいことです。(Valenzuela 氏)

クリエイターにとってこのプロセスがいかに迅速であったかを知ることは信じられないことであると同時に、その背後にある作業量はやはり相当なものであるとも付け加えた。彼は、言語モデルについて、次のように指摘した。

最大の収穫は、この予告編や、これから出てくるであろう多くの予告編が、多くの人が思っているような、単に単語で生成されるものではないということだと思います。公の言論を覆い尽くし、すべてがチャットボットに還元され、何かを促せば何かが返ってきます。

あなたは動画を作り、アートを作っています。繰り返しが大事で、気に入ったものを選ぶまで何度もやって、それを倍増させるんです。そして、ストーリーをまとめ、彼のように美しく、奇妙な “ものを作り上げるんです。(Valenzuela 氏)

しかし、そのプロセス全体がまるで AI がすべてを作ってくれる自動システムであるかのように誤解されているかもしれないと Valenzuela 氏は言う。彼の2012年のインタラクティブアートプロジェクトとは異なり、単にいくつかの単語を入力するだけで、完全に肉付けされた予告編や映画を得ることはできない。

それは、映画製作がどのように機能するかについての非常に還元主義的な見方ですが、第二に、芸術がどのように機能するかについてもです。キャンバスと絵の具を持っているだけでは、芸術家にはなれない。たくさん描く必要があります。(Valenzuela 氏)

アートとテクノロジーの交差点

Valenzuela 氏に、アートとテクノロジーの交わりをめぐる話題の渦中にいることに違和感を覚えないかと尋ねると、そうだと答えた。特に、3人の創業者はまさにそのような経歴の持ち主なのだから。

AI のようなテクノロジーの役割とは何か、そしてアートの役割とは何かについて、より多くの人々が疑問を抱いています。私たちはこの問題に長い間取り組んできており、テクノロジーと会話の両方を前進させる最善の方法について多くの知見を得ている。AI が主流になりつつある今、私たちはより広範にそれを行う必要があると思っています。(Valenzuela 氏)

Valenzuela 氏が強調したのは、人々が判断を下す前に Runway のツールを試してみることだ。

おそらく、他のどんなツールを使うよりも、はるかに多くの人間の主体性が背後にあります。というのも、このようなテクノロジーは半年前には存在しなかったからです。(Valenzuela 氏)

最近では、まるで新しいカメラのように、「人々に試してもらうだけ」にほとんどの時間を費やしていると彼は付け加えた。

その仕組みを理解したければ、使ってみればいいんです。これだけでは魔法にはならない。自分でコントロールする必要があります。(Valenzuela 氏)

その実験とニュアンスは、テクノロジーとしてのAIの捉え方全体にも当てはまると彼は付け加えた。

非常に微妙な世界であり、私たち自身や、映画製作のような私たちが関心を寄せる業界を、私たちがテクノロジーについてどう考えるかについて、ひとつの物語に閉じ込めてしまわないようにしたい。

私たちは今、(AI が)多くのことを変えようとしている瞬間にいます。もっと多様な考え方が必要であり、もっと異なる背景を持つ人々が必要であり、もっと異なる分野の人々が必要であり、一組の人々だけでなく、もっと多くの人々が AI について語る必要があります。(Valenzuela 氏)

それは、アートとテクノロジーを結びつけた Valenzuela 氏自身の話と似ている。

私は君は画家だとか君は彫刻家だというように、専門分野を縦割りにすることが好きではありません。なりたいものは何でもなれます。何かを使って世界観を表現するのであれば、誰でもアーティストになれるのです。(Valenzuela 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録