RunwayとGetty Imagesが提携、映画や広告業界向けにジェネレーティブAI動画モデルを開発へ

SHARE:
Image credit: Runway

Google と Nvidia が支援するニューヨークの動画 AI スタートアップ Runway ML は、未来のマーケットプレイスへの進出を続けている。

Runway ML は4日、新たなジェネレーティブ AI 動画モデル「Runway <> Getty Images Model(RGM)」を開発するため、有料のストック画像とエディトリアル画像の世界最大級のリポジトリ「Getty Images」と提携すると発表した。

Runway はブログ投稿で、このコラボレーションを次のように説明している。

今回の新しい 「Runway <> Getty Images Model(RGM)」は、企業が動画コンテンツを生成するための独自のカスタムモデルを構築できるベースラインモデルを提供します。Runway の企業顧客は、独自のデータセットを使用して RGM をファインチューニングすることができます。これにより、ハリウッドスタジオ、広告、メディア、放送など、あらゆる分野の企業がクリエイティブ能力を強化し、まったく新しいコンテンツワークフローを実現することで、動画制作の新しいチャンネルを提供することが可能になります。(中略)

Runway と Getty Images は、AI と動画生成で可能なことの限界を押し広げ続け、企業がプロフェッショナルで魅力的な、ブランドに沿ったコンテンツをこれまで以上に簡単に制作できるようにします。RGM は今後数カ月で商用利用が可能になります。

主要映像業界をターゲットにした注目すべき動き

この動きは、いくつかの理由で注目に値する。

  1. Getty Images の支援は、Runway ML の AI 機能に新たな正当性を与え、Runway ML のモデルをトレーニングするための新たなデータソースを提供する。Getty Images のフォトグラファーやコントリビュータは、そのほとんどが独立系で、同社とライセンス契約を結んでいるが、同社の従業員ではない。彼らの作品が、理論的には彼らに取って代わる可能性のある AI 製品を作るために使われることに満足するかどうかは、まだわからない。VentureBeat は以前、Adobe Stock という独立した競合のストック画像サービスが、Adobe が Firefly の AI モデルを訓練するために彼らの画像を使用することをめぐり、投稿者と衝突しているという事実を報じた
  2. 新しい RGM モデルのターゲット業界としてハリウッド、広告、メディアを明示的に呼び出すことで、Runway は明らかに、世界最大級のビジュアルメディア業界に浸透し、当該分野のワークフローの一部として定着することを目指している。
  3. このパートナーシップは、Runway 自身が他のアーティストから、彼らの同意や報酬なしに彼らの作品のトレーニングを受けたとして著作権訴訟を起こされている時期に実現した。しかし、ゲッティは明らかに、Runway の技術がこの訴訟で覆されることをあまり心配していない。

Runway による最新の大きな動き

このパートナーシップはまた、Runway による動画ジェネレーティブ AI ウェブベースのソフトウェアアプリ「Gen-2」の大幅なアップグレードに伴うもので、これには、静止画像のさまざまな領域に選択的な動きを追加できる新しいモーションブラシ新しいカメラモーション(ビデオカメラの POV をシミュレートし、静止画像の周囲をパンしたりチルトしたりすることで、ユーザーが映画のような動きを追加できる)、および結果の動画の忠実度とリアリズムのアップグレードが含まれる。

このパートナーシップの結果がどのようなものであれ、5,500万米ドルの資金調達を行い、バージョン1.0の動画 AI ジェネレータープラットフォームを限定的かつ順次提供すると発表したばかりの Pika のようなスタートアップとの厳しい競争に直面しながらも、Runway がジェネレーティブ動画 AI のリーダーとして台頭しつつあることは明らかだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録