左右別サイズ・片足シューズの購買サービス展開、ミズノ発スタートアップのDIFF.が2,000万円を調達

SHARE:
Image credit: Diff

シューズ片足購買サービス「DIFF.」の運営を行うDIFF.は30日、直近のラウンドで2,000万円を調達したと発表した。このラウンドにはライトアップベンチャーズ、出向起業スピンアウトキャピタルが参加した。これは同社にとって、2023年5月に実施した調達に続くものだ。

DIFF. は、足のサイズに左右差のある人々へ向けたシューズ片足購買サービスを提供する。シューズメーカーと連携して仕入れを行い、市販のシューズを左右別のサイズ、または片足のみでの購入を可能にする。これにより、オーダーメイドシューズと比べて安価で短納期、かつ自分の足に合ったシューズを手軽に購入できる仕組みを提供している。

創業者の清水雄一氏は、自身の学生時代の経験からこのサービスを考案したという。彼はサッカーをしていた際、0.5センチの左右差がある足により、靴の圧迫で爪が内出血するなどの問題に直面した。ミズノに入社後、開発部門で働く中で、足のサイズに左右差を持つ人が意外に多く、これが怪我や不調の原因になっていることを知り、この問題を解決するために起業した。

DIFF. の調査によると、医療従事者の74%が、サイズが合わない靴による健康への悪影響を懸念しているそうだ。同社は、これに対応するため、新たなランニングシューズモデルの取り扱いを開始し、左右別サイズのシューズの試し履きイベントや足形計測会、AI技術を用いた新機能の開発などを実施してきた。

DIFF. は今後の事業展開として、サッカーシューズの取り扱いを開始し、誰でも簡単に左右別サイズ/片足での購入が可能なECサイトの構築を計画している。また、2024年9月までに月400足の販売を目標としており、さまざまなステークホルダーを巻き込む取り組みを推進していく。

via PR TIMES    Summarized by ChatGPT

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録