タグ HoloAsh

HoloAsh、世界の10代マイノリティ向けコミュニティアプリ「weBelong」をローンチ——VCやエンジェル複数から約7,300万円をプレシード調達

SHARE:

HoloAsh は8日、プレシードラウンドで7,300万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、Heart Driven Fund、MIRAISE、ミクシィ創業者の笠原健治氏、元メルカリの富島寛氏、エニグモ代表取締役の須田将啓氏などエンジェル投資家複数(順序は出資比率と無関係)。あわせて、同社は事業を10代マイノリティ向けコミュニティアプリにピボットすることも明らかにした。 HoloA…

「weBelong」
Image credit: HoloAsh

HoloAsh は8日、プレシードラウンドで7,300万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、Heart Driven Fund、MIRAISE、ミクシィ創業者の笠原健治氏、元メルカリの富島寛氏、エニグモ代表取締役の須田将啓氏などエンジェル投資家複数(順序は出資比率と無関係)。あわせて、同社は事業を10代マイノリティ向けコミュニティアプリにピボットすることも明らかにした。

HoloAsh は2018年に設立後、エンジェルラウンドで、INDEE Japan、曽我健氏(SGcapital)、芝山貴史氏(BLANQ)、小笠原治氏(ABBALab)から、2019年にプレシードラウンドで Momentum の高頭博志氏から資金調達したことを明らかにしている。今回のラウンドを受けて、HoloAsh の累積調達金額は約1億円に達した。

HoloAsh は、自身も ADHD 障害(注意欠陥・多動性障害)を持つ岸慶紀(Yoshua Kishi)氏が、テクノロジーを使って、この症状の緩和を試みようとして立ち上げたスタートアップだ。当初は認知科学に基づいたホログラフィックインターフェイスの「Holoash」、その後は、同様のことをキャラクタとのやりとりでメッセンジャーを使って行えるモバイルアプリ「Nao.(ナオ)」をローンチしていた

デラウェア法人で、日本人の岸氏に加え、フランス人・インド人・ナイジェリア人といった国際色豊かなチームメンバーで構成される HoloAsh は、創業当初から国内外を問わない世界市場に焦点を当ててきた。今年1月にローンチした「weBelong」は、アメリカに住む LGBTQ やブラックやヒスパニックの10代を中心としたマイノリティ向けのコミュニティアプリだ。iOS と Android で利用できる。

「weBelong」の特徴
Image credit: HoloAsh

人との違いが理解してもらえないマイノリティのティーンエイジャーがターゲットだ。LGBTQ のうち、76%の子供たちは、自分の居場所が無いと答えている(Human Rights Campaign 調査)。彼らは自宅に閉じ込められて、親にも人との違いを理解してもらえなかったり、中には虐待を受けていたりするケースもある。

アメリカでも TikTok が人気だが、そこで注目を集めているのは白人の女の子が多い。対照的に、マイノリティの人たちの居場所になるコミュニティを用意し、そこで互いに upvote できるような仕組みを作りたいと考えたのが weBelong だ。自分自身が小さい頃、歯磨きがうまいと校長先生にハグしてもらい、心が満たされた経験がある。そんなハグに当たるような体験を届けたい。(岸氏)

さまざまなソーシャルネットワークが現れる中、ユーザの中には自己顕示欲や承認欲求を満たしたいあまり、見た目の自分を過剰に演出し、その結果、心が疲弊してしまうケースも報告されている。weBelong では、投稿された内容が時間の経過とともに消滅してしまうため(ephemeral)、心の安寧が促され、ユーザは互いに励まし合いつつも、決してバッシングが生じない設計となっているのも興味深い。

weBelong は現在、数百名以上のユーザが利用している。国別ではユーザの7〜8割がアメリカからで、カナダ、イギリス、日本が続く。ユーザの1日あたり平均滞在時間は約40分で、Facebook、Instagram、Snapchat に勝るという。この分野では、マイノリティ向け短編動画アプリ「Dubsmash」が昨年 Reddit に買収、LGBT 向けコミュニティアプリ「LEX」、Z世代向けコミュニティアプリ「Blue Fever」、成人向けマイノリティコミュニティ「Quilt」などが注目を集めている。

「Holoash」の岸慶紀氏、Collision 2019に〝駆け出しスタートアップ枠〟で選ばれ出展——AIの都で投資家やメディアからの評判も上々 #CollisionConf

SHARE:

本稿は、Collision 2019 の取材の一部である。 トロントで開催中の Collision 2019 に、日本から「Holoash」の岸慶紀氏が参加しているのを発見した。Collision が駆け出しのスタートアップに出展枠を提供する「ALPHA」に選ばれたそうだ。 Holoash は、ADHD (注意欠陥・多動性障害)を持つ人を対象として、キャラクタとの会話を通じて自己肯定感が上がること…

Collision 2019 にブース出展中の Holoash 岸慶紀氏
Image credit: Masaru Ikeda

本稿は、Collision 2019 の取材の一部である。

トロントで開催中の Collision 2019 に、日本から「Holoash」の岸慶紀氏が参加しているのを発見した。Collision が駆け出しのスタートアップに出展枠を提供する「ALPHA」に選ばれたそうだ。

Holoash は、ADHD (注意欠陥・多動性障害)を持つ人を対象として、キャラクタとの会話を通じて自己肯定感が上がることを狙う「モチベーション・インタビューイング」あるいは「セラピューティックコミュニケーション」というアプローチで、問題解決を試みるスタートアップ。

同社は認知科学に基づいたホログラフィックインタフェイス「Holoash」の開発を進めているが、その一つ手前のステップとして、キャラクタとのやりとりのみをメッセンジャーを使って行えるアプリ「Nao.(ナオ)」を iOSAndroid 用にローンチしている。ハードウェアを量産するまでは道のりが長いので、Nao. を足がかりに共感してくれる投資家や協力者を集め、Holoash につなげる狙いだ。

Collision への出展、国内より世界展開を優先したことから(岸氏曰く、この分野へは日本よりも欧米からの反響の方が高いそうだ)、Nao. が対応できるのは英語でのやりとりのみ。日本語の追加実装は、今後、1ヶ月程度を目途に進めるようだ。

Nao.
Image credit: Holoash

先の記事でも書いたように、トロント、ウォータールー、モントリオール周辺は人工知能や深層学習に強い土地柄で、この分野に強い投資家や分野特化型のメディアも多い。ブースを開設した今朝からは、データアナリティクスツールの MATLAB のメンバーが訪れたほか、投資家からの問い合わせやメディアからの取材が相次いでいるようだ。

岸氏はまた、Holoash がプレシードラウンドで Momentum の高頭博志氏から資金調達したことを明らかにしてくれた。高頭氏はクラウドファンディングサイト「Readyfor」の立ち上げメンバーとしても知られる人物だ。この資金を糧に、今年初めには、Amazon でエンジニアだった Shekhar Upadhaya 氏がデータサイエンティストとしてチームに加わっており、同社の技術開発の加速が期待される。

Holoash は昨年、Y Combinator の Startup School の参加対象に採択。また、Accenture HealthTech Innovation ChallengeHealth 2.0 Asia-Japan 2018 のピッチコンペティションMonozukuri Hardware Cup 2019 でファイナリストに選ばれた。これまでに、エンジェルラウンドで、INDEE Japan、曽我健氏(SGcapital)、芝山貴史氏(BLANQ)、小笠原治氏(ABBALab)から資金調達している。

Collision 2019 のブースエリア
Image credit: Masaru Ikeda

発達障害課題にテクノロジーで挑む起業家・岸慶紀氏、開発プロダクト「Holoash」は現代人の救世主となるか?

SHARE:

ADHD という言葉をご存知だろうか。日本語では「注意欠陥・多動性障害」と訳されている。細かいことに注意がいかない、連続した仕事をやり遂げるのが難しく、時間管理や作業の順位づけが下手など、発達障害の疾患の一つだ。 ADHD 障害を持つ人にとっての課題の一つは、身の回りであれ、仕事であれ、本人の意思に反して、あらゆることがやりっぱなしになってしまうということ。その結果、周囲や職場などで叱責される対象…

Holoash 岸慶紀氏
Image credit: Masaru Ikeda

ADHD という言葉をご存知だろうか。日本語では「注意欠陥・多動性障害」と訳されている。細かいことに注意がいかない、連続した仕事をやり遂げるのが難しく、時間管理や作業の順位づけが下手など、発達障害の疾患の一つだ。

ADHD 障害を持つ人にとっての課題の一つは、身の回りであれ、仕事であれ、本人の意思に反して、あらゆることがやりっぱなしになってしまうということ。その結果、周囲や職場などで叱責される対象となってしまい、自己肯定感やモチベーションを失いがちだ。自身も ADHD 障害を持つ岸慶紀(Yoshua Kishi)氏は、テクノロジーを使って、この症状の緩和を試みようとしている。

Holoash のイメージ

彼が現在取り組むのは、認知科学に基づいたホログラフィックインターフェイスの「Holoash」。ホログラムで表現されたキャラクタが話しかけてくれ、ADHD 障害を持つ人がキャラクタとの会話を通じて自己肯定感が上がることを狙う「モチベーション・インタビューイング」あるいは「セラピューティックコミュニケーション」と表現されるアプローチをとっている。

Holoash の中で繰り広げられる対話は、映画「her/世界でひとつの彼女」に出てくる人工知能型 OS「サマンサ」で実現される世界観に近い。今年初めの CAMPFIRE でのクラウドファンディング成功を受け、現在はモバイルアプリ(本稿下のビデオ)を使った仮説検証と PMF(プロダクトマーケットフィット)を行なっているフェイズだ。最近では Y Combinator の Startup School の参加対象に採択されたり、Accenture HealthTech Innovation Challenge のファイナリストに選ばれたりするなど、海外で評価される機会が目立つ。

ホログラムを使って、障害の緩和を目指す手法を選んだ点について、岸氏は次のように説明してくれた。

注意力が散漫にならずに、目の前に集中するものがあるというのが大事。また、人間は平面的なモノを見るのは苦手なので、三次元でモノを見てもらい、そこに集中できる環境を作ることにこだわりたい。

最近では、ADHD 障害を持つ人だけでなく、スマートフォンや SNS の普及が〝健常者の ADHD 化〟さえ助長する傾向があるのだという。岸氏はこの事象を「Digital Dementia(デジタル認知症)」と呼んでいるが、スマートフォンなどでプッシュ通知が飛んできて、そちらに注意が向いてしまい、本来やるべきことの優先順位が下がったり、もともとやろうとしていたことを忘れてしまったり、ということは誰しも経験があるだろう。

シリコンバレーの TVLP(Technology Launch Venture Program)でピッチする岸氏
Image credit: TVLP

つまり、ADHD だと医師に診断された人のみならず、現代人であれば、程度の大小はともあれ、誰しも似たような課題を抱えている。Holoash の仮説検証が実証に漕ぎ着ければ、さまざまな可能性が広がるだろう。近い将来には(ADHD 障害の人が苦手とする)スケジューリング管理の機能も付される予定だが、Alexa などが搭載されれば、スマートスピーカー以上のユースケースも期待できる。

Holoash は今年、エンジェルラウンドで、INDEE Japan、曽我健氏(SGcapital)、芝山貴史氏(BLANQ)、小笠原治氏(ABBALab)から資金調達しており、Holoash のハードウェアプロトタイプ開発などに向けて、先ごろプレシードラウンドの資金調達を開始した。今月には、スタンフォード大学出身の客員研究員メディカルセラピストがアドバイザーに就任、保険・製薬業界との協業やアカデミアとの共同研究が期待されるところだ

<参考文献>