ジム向けAI画像解析のOpt Fit、3.3億円調達しシリーズAをクローズ

SHARE:

 

Image credit: Opt Fit

フィットネスジム専用 AI 画像解析サービス「GYM DX」を提供するOpt Fit は10日、シリーズ A ラウンドの 2nd クローズと 3rd クローズにより、約1.3億円を調達したことを明らかにした。シリーズ A ラウンドの 1st クローズと合わせ、シリーズ A ラウンド全体では約3.3億円を調達したことになる。

シリーズ A ラウンドで新たに参画したのは、マネーフォワードベンチャーパートナーズ(HIRAC FUND)、自然キャピタル、みずほキャピタル、名古屋中小企業投資育成、セーフィーベンチャーズ。

Opt Fit は2022年1月に「GYM DX」をローンチ。GYM DX は、AI を活用しフィットネスジムの省人化及び本質的な無人運営の実現をサポートする。2024年1月現在、大手フィットネス企業の店舗をはじめとする1,200店舗超に導入されている。

主な機能は、AI 監視によるジム内の自動危険検知、マシン利用率分析、リアルタイム混雑状況配信、不正入館検知など。独自のAI技術により、従来は現地に人がいないと実現できなかった遠隔でのジム運営など、効率的なジム運営を可能にする。

今回調達した資金は、新領域への展開、フィットネス領域でのシェア拡大、および事業体制強化のための採用に充てられる予定だ。

また、Opt Fit は製造業や食品加工業向けの新製品β版のローンチを2024年内に計画している。これにより AI を活用して人的リソースの適切な配分を実現することを目指す。同社は今後も、防犯カメラ AI 技術を活用し、フィットネス業界および他業界での現場 DX を推進する方針だとしている。

via PR TIMES    Summarized by ChatGPT

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録