Elysian、バッテリー駆動の90人乗り電気飛行機を発表 #CES2024

SHARE:
Elysian E9X のレンダリング画
Image Credit: Elysian

Elysian は10日、90人乗りの電動バッテリー航空機を発表した。

Scitech 2024で発表されたように、 Elysian は、電動化によって空の旅に革命を起こすことを目指している。同社はデルフト工科大学と協力し、この会議で航空業界の持続可能性基準を再定義する。同社はこれまでに1,000万ドルを調達している。

ステルスモードから脱却した同社は、先駆的な設計原則に基づき、90人乗りのバッテリー電気飛行機を開発する計画だと発表した。研究によれば、飛行機はバッテリーの電力だけで最大800キロメートル走行可能で、バッテリーパックのエネルギー密度は360Wh/kgである。

このニュースは、バッテリー電気飛行が小型機や短距離飛行にのみ適しているという認識を覆すものだ。

主な調査結果によると、1,000キロメートルまでの飛行は全定期便の50%を占め、航空関連の二酸化炭素排出量に大きく寄与している。しかし、Elysian が提案する航空機の設計は、この環境への影響を軽減する可能性があり、経済的に実行可能で競争力のあるソリューションとなる。

新しい設計原則は、重要なパラメータに焦点を当て、40~120人の乗客を乗せて理想的な距離を運ぶことができるバッテリー電気航空機の実現可能性を示すものである。スパン荷重、低翼構成、電気推進の本質的な利点の活用といった革新的なコンセプトを採用することで、抗力と重量を低減しながら効率を高めることを目指している。

同社は、この取り組みが航空業界のエコロジカル・フットプリントを大幅に削減することを期待しており、他の持続可能な航空機技術と比較して、旅客キロあたりのエネルギー効率が最大6倍高くなるとの予測を示している。

こうした有望な発見にもかかわらず、主にバッテリーの統合と熱管理に関する技術的な課題が残っている。こうしたハードルに対処するため、Elysian はデルフト工科大学、トゥウェンテ工科大学、国立電気自動車研究所(National Lucht- en Ruimtevaartlaboratorium:NLR)、ドイツ航空宇宙局(Deutsches Zentrum fur Luft- und Raumfahrt:DLR)などの一流学術機関と提携を結んだ。

Elysian の歩みは、2020年の Rob Wolleswinkel 氏の構想から始まり、航空宇宙投資家 Panta Holdings を通じて勢いを増した。共同設立者の Daniel Rosen Jacobson 氏と Reynard de Vries 氏がこの構想に加わり、2023年の Elysian 設立につながった。

CEO 兼 CTO の Wolleswinkel 氏は、Fokker Aircraft とオランダ空軍に勤務し、航空宇宙工学の幅広い専門知識をもたらしている。CEO 兼 CBO(最高ビジネス責任者)の Jacobson 氏は、Google EMEA とスポーツストリーミングのスタートアップ MyCujoo に在籍し、戦略的なビジネス感覚を身につけた。

設計エンジニアリング担当取締役の de Vries 氏は、デルフト工科大学での経歴と電気航空機設計の研究経験を生かし、Elysian の技術的進歩を推進する。

Elysian は、この航空機の開発を継続するために最近設立され、2033年までの運用開始を目指している。

Elysian は、かつての航空機メーカー Fokker の一部所有者である航空宇宙投資家 Panta Holdings と、フランスの金融業者 Caravelle から総額1,000万米ドルの支援を受けている。

バッテリー電気飛行は従来、小型機や短距離飛行にのみ適したニッチ技術と見なされてきた。その結果、航空業界をより持続可能なものにするための現実的な解決策とは考えられてこなかった。

Elysian の Wolleswinkel 氏および de Vries 氏と、デルフト工科大学の研究者で Flying V の開発チームであるMaurice Hoogreef 氏および Roelof Vos 氏による2つの科学論文が発表され、この認識が覆された。

研究者たちは、バッテリー電気航空機の参考として従来の航空機を見るのではなく、第一世代のナローボディ機がより良い参考となることを示した。これらは燃費が悪く、長距離飛行用に設計されていたため、多くのエネルギー物質を搭載しなければならなかった。

この場合、バッテリーは1kg あたり比較的小さなエネルギーしか含まないため、バッテリー電気航空機にも同じことが言える。バッテリー電気航空機は、1960年のジェット機と同じ質量比を念頭に置いて設計されなければならない。

ここで、理想的な条件下で約1,000km の飛行が可能な、40~120人乗りのバッテリー電気航空機の実現可能性を示すパラメトリック設計をいくつか紹介する。スパンローディング(主翼にバッテリーを搭載し、揚力のあるところに荷重をかけ、利用可能な翼ボックスの容積を利用する方法)により、様々な方法で機体重量を減らすことができる。

また、低翼構成もある。分散型電気推進(DEP)のおかげで、プロペラの直径を小さくすることができ、ギアを取り付けた低翼構成が可能になる。

低抗力は無償の贈り物である。定義によれば、この航空機は、現在の化石燃料航空機と比較して、翼が大きく、胴体が小さい。これにより、高度な空力技術を追加することなく、この寸法の違いだけで、抗力が約15%減少する。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録