BRIDGE

タグ 弁護士ドットコム

弁護士ドットコムがウェブ上で契約締結が行える「CloudSign」をリリース、リーガルテックへ本格進出

SHARE:

法律相談のポータルサイト「弁護士ドットコム」を運営し、昨年12月に東証マザーズに上場した弁護士ドットコム(東証マザーズ:6027)。弁護士ドットコムの累計相談件数も38万件を超え、また税理士のポータルサイト「税理士ドットコム」など士業関連のビジネスを展開している。 そんな弁護士ドットコムが、本日新サービスとしてウェブ上で個人や企業間の契約が締結できる電子契約サービスの「CloudSign」(クラウ…

CloudSign

法律相談のポータルサイト「弁護士ドットコム」を運営し、昨年12月に東証マザーズに上場した弁護士ドットコム(東証マザーズ:6027)。弁護士ドットコムの累計相談件数も38万件を超え、また税理士のポータルサイト「税理士ドットコム」など士業関連のビジネスを展開している。

そんな弁護士ドットコムが、本日新サービスとしてウェブ上で個人や企業間の契約が締結できる電子契約サービスの「CloudSign」(クラウドサイン)を本日リリースした。

現在、日本の商慣習において契約締結は「紙と印鑑」によって行われている。紙による契約書は、製本や押印、印紙貼付、郵送などさまざまな作業が必要で、作業による人的コストや契約締結までの時間的なコスト、さらに締結した契約書の保管や管理などがある。これらをすべて電子化することにより作業の効率化、契約締結までの時間短縮が可能となる。

方法は基本的にメールベースでやりとりを行う。契約書の送信者はメールアドレスでCloudSignにアカウントを登録し、送信したい契約書ファイル(PDF)をアップロードする。受信者のメールアドレスに入力すべき項目を指定し送信する。メールには、受信者のみが閲覧可能なユニークURLが発行され、受信者はそのURLから契約書を確認し電子署名を行ったのちに、送信者と受信者の双方に契約書が送付される。CloudSign上だけで利用する電子署名をもとに契約書にサインを行う。

契約書確認
契約書確認の様子。記入が必要な項目と最後にCloudSign上でだけ利用するサインを行う。

「海外では契約書作成や電子契約など、法律に関わる”リーガルテック”という分野ができている。市場規模も5000億円にも上り今後の成長が見込まれている市場。同分野は日本ではまだまだ世界の波に遅れをとっているなか、日本でも次第に同様の流れが来るはず。そこで今回の電子契約サービスをリリースした。法律相談だけでなく、今後は事業者に対してリーガルサービスの事業拡大を考えている」(弁護士ドットコム代表取締役元榮太一郎氏)

契約締結の契約書はサービス上で自動でアーカイブされる。契約書の検索や契約更新の期限通知、社内システム向けのAPI公開などの機能が今後実装されていくという。また、メール認証だけでなくパスワード認証、SMS認証、本人限定郵便認証なども予定。クラウドサーバーにはAWSを利用している。また、CloudSignで締結した契約書だけでなく、すでに書面で締結した契約書もCloudSignに取り込む機能も実装予定で、これによりクラウド上での更新通知や契約書検索機能も可能となるという。

料金プランは1ユーザ利用で月間30件の送信件数は無料のフリープランと、送信件数の制限がないスタンダードプランがある。スタンダードプランは月額固定費用10,000円、1件あたりの送信費用50円がかかる。フリーミアムモデルを採用し、「多くの中小企業やベンチャーに使っていただきたい」(元榮氏)と話す。

今後はクラウド契約サービスの機能拡充のみならず、契約書作成支援や契約書レビューなどのtoB向けサービスなどの事業を展開していくという。抱える弁護士のデータベースをもとに、企業のリーガルチェックの支援をもとに、上場企業や外資系企業へのアプローチも強めていく。

----------[AD]----------

経費精算アプリの「Staple(ステイプル)」が「税理士ドットコム」と連携、税理士紹介サービスを開始

SHARE:

経費精算に特化したアプリ「Staple(ステイプル)」を提供するクラウドキャストは今日、税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」を運営する弁護士ドットコムと提携し、Staple のユーザに対して税理士ドットコム登録の税理士を紹介するサービスを始める、と発表した。税理士ドットコムには4月23日現在、1,981 名の税理士が登録されている。 Staple のユーザはウェブブラウザでログインし、Sta…

zeiri4-com-staple-partnership

経費精算に特化したアプリ「Staple(ステイプル)」を提供するクラウドキャストは今日、税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」を運営する弁護士ドットコムと提携し、Staple のユーザに対して税理士ドットコム登録の税理士を紹介するサービスを始める、と発表した。税理士ドットコムには4月23日現在、1,981 名の税理士が登録されている。

Staple のユーザはウェブブラウザでログインし、Stape の管理画面または税理士ドットコの特設ページに記載されているフリーダイアルへの電話するか、専用の問い合わせフォームから必要事項を送信することで、税理士の紹介を依頼することができる。紹介サービスは無料で提供され、税理士ドットコムのコーディネーターが条件に合う最適な税理士を選定する、としている。

中小企業への税理士の斡旋を念頭に置いたサービスの動きとしては、税理士を含む士業7分野とのマッチングサービス Gozal がローンチ(2015年3月)、記帳代行のメリービズが税理士ドットコムと提携(2015年1月)、PROSheet がクラウドで税理士に相談できる Bizer と提携(2014年10月)などがある。FinTech や会計処理系のスタートアップにとっては、会計士や税理士への想定顧客の紹介は有効なマネタイズポイントと見ることができ、今後も同じようなサービス事例が増えるものと考えられる。

----------[AD]----------

「元榮には自信があったんです。絶対に成功すると」ーー隠れたキーマンを調べるお・弁護士ドットコム杉山氏インタビュー

SHARE:

編集部注:「隠れたキーマンを調べるお」は、国内スタートアップ界隈を影で支える「知る人ぞ知る」人物をインタビューする不定期連載。毎回おひとりずつ、East Venturesフェローの大柴貴紀氏がみつけた「影の立役者」の素顔に迫ります。 昨年12月に東証マザーズに上場を果たした弁護士ドットコム(東証:6027)。弁護士である代表取締役の元榮太一郎氏の強みを活かしたビジネスが注目されるが、その元榮氏をC…

bencom3

編集部注:「隠れたキーマンを調べるお」は、国内スタートアップ界隈を影で支える「知る人ぞ知る」人物をインタビューする不定期連載。毎回おひとりずつ、East Venturesフェローの大柴貴紀氏がみつけた「影の立役者」の素顔に迫ります。

昨年12月に東証マザーズに上場を果たした弁護士ドットコム(東証:6027)。弁護士である代表取締役の元榮太一郎氏の強みを活かしたビジネスが注目されるが、その元榮氏をCFOとして支え、弁護士ドットコムを上場企業に育てた隠れたキーマンが、今回取材した取締役CFOの杉山慎一郎氏。元東証一部上場企業のCFOとしてのキャリアを持つスペシャリスト、杉山氏にいろいろお話を伺いました。

大柴:今日はよろしくお願いします。

杉山:お願いします。

大柴:弁護士ドットコムは去年12月に上場されました。おめでとうございます!

杉山:ありがとうございます。

大柴:杉山さんが弁護士ドットコムに入られたのは?

杉山:2013年7月です。当時は経理担当が一人いたくらいの管理部で。規程類もそろってないし、まぁ何も無いような状態でした。

大柴:そこから一気に用意した感じなんですかね?

杉山:そうですね。代表の元榮は「上場したいんだよね」と言っていたのですが、正直「しばらくは無理かなぁ」って思ってました。でも私が入るちょっと前に出した新サービスが立ち上がり良かったので、このサービスが計画通りいけばリアリティ出てくるな、と。

大柴:なるほど。

杉山:サービスは順調に伸びて「これはいけそうだ」となってきて。ちょうど私と同じ日に現在取締役COOの水木も入社したんです。チームアップもしたし、チャレンジしようとなりました。

大柴:業績的にはどうだったんですか?

杉山:創業以来ずっと赤字だったのですが、2014年3月期に黒転したんです。業績的にも軌道に乗ったし、あとは準備を進めるだけでした。結果12月に上場することができました。

大柴:杉山さんにとっては3社目の上場となるんですね。

杉山:パシフィックマネジメントという会社と前職のエスクリという会社で上場を経験させてもらいました。

大柴:上場請負人ですね!

杉山:いやいや(笑)。パシフィックマネジメントで上場経験して、大変さとか実感してたので、もう上場はいいやって思ってました。そう思ってエスクリに転職したんです。ただ、入社初日にいきなり上場に向けたキックオフミーティングに参加させられて、社長から「上場担当の杉山です」ってそこで紹介されちゃって(笑)。「えぇ、聞いてた話と違うな・・・」って思ったのですが、もうこうなったらやるしかないと。

大柴:すごいですね(笑)。

杉山:エスクリも弁護士ドットコムと同じで入社した時は管理の人がほとんどいなくて。まずは管理部門の構築からやりました。2008年に入社して2010年にマザーズ上場、2012年に東証一部とやりとげたので退任することに。

大柴:なんで退任されたんですか?

杉山:一部指定替までやったし、小さな会社でしびれる勝負をしたくなったというか。自分にはそういうのが向いてるなぁって思って。

大柴:なるほど。そして弁護士ドットコムに移るわけですね。

bencom2

大柴:弁護士ドットコムに転職される経緯はどうな感じだったのですか?

杉山:友達に元榮を紹介されてご飯を食べる機会があったんです。

大柴:元榮さんのその時の印象ってどうでした?

杉山:眼力がすごいんですよ(笑)。目をガッと見て話すんです。なんか目を反らしたら負けかなって思ってこちらも元榮の目をガッと見るわけです。結果見つめ合うわけです(笑)。

大柴:恋に落ちたわけですね(笑)。

杉山:いやいや、そういうんじゃないですけど(笑)。でもおもしろそうな人だなって。変わってる人だし、普通じゃない。そこがおもしろいなぁって。

大柴:なるほど。一緒に働くようになって、より元榮さんを知ることになると思いますが、どうですか?

杉山:ぶっとんでますよね、やっぱり。でかい夢を持っているし、自信があるというか。8年間も赤字だったんですよ、弁護士ドットコムは。でも元榮には自信があったんです。絶対に成功すると。なので続けた。結果今があるし、弁護士初のIPOを実現しました。達成する人、実現する人です。

大柴:すごい・・・。

杉山:社長が弁護士というのが最大の強みになってます。弁護士ならではの感覚がとても重要なんです。法律事務所経営の経験、肌感覚。そこが重要なんです。今や弊社は弁護士さんの中では「ドットコム」と呼ばれています。もはやインターネットと同じと言える存在になることができました。弁護士としての活動、事業を継続した力、業界への啓蒙など元榮の存在が非常に大きい。

大柴:そうですよね。弁護士でないと弁護士ドットコムは経営できないかもしれませんね。

杉山:社内には元榮の他にも弁護士資格を持つ社員を増やしていきます。必要なことですね。

大柴:いきなりですが、これからどんな仕事をしていきたいですか?

杉山:そうですね、仕事って人生に影響するなって思うんですよ。やっぱり楽しいと思う仕事をしていきたいですね。

大柴:今は楽しいですか?

杉山:楽しいですよ!(即答)

大柴:そうですよね(笑)。

杉山:面白く生きたいんです。文化に共感できて、面白い人と一緒に仕事したいです。

大柴:僕も面白く楽しく生きていきたいです!今日はありがとうございました。

bencom1

----------[AD]----------

会計・経理アウトソーシングのメリービズが、 弁護士ドットコムと業務提携 –個人事業主向け記帳代行・確定申告代行サービスをスタート

SHARE:

年が明け、会社を経営している人や個人事情主の人にとって悩みの種となるのが、確定申告だ。最近では、全自動のクラウド会見ソフトを活用し、銀行口座やクレジットカードの明細と連携させることで自分自身で入力する手間も効率化させることできる。 簿記や経理の知識を持つ在宅のスタッフに対してクラウドソーシングを行って仕訳・記帳のデータ化をアウトソーシングする、という方法をとるサービスもある。その一つが、メリービズ…

merrybiz_zeiri4_simplepack

年が明け、会社を経営している人や個人事情主の人にとって悩みの種となるのが、確定申告だ。最近では、全自動のクラウド会見ソフトを活用し、銀行口座やクレジットカードの明細と連携させることで自分自身で入力する手間も効率化させることできる。

簿記や経理の知識を持つ在宅のスタッフに対してクラウドソーシングを行って仕訳・記帳のデータ化をアウトソーシングする、という方法をとるサービスもある。その一つが、メリービズだ。

今回、メリービズは税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」を運営する弁護士ドットコムと提携し、記帳代行も含む確定申告代行サービス「シンプル確定申告パッケージ」(一律7万円)を提供する、と発表した。

2014年の1月1日〜12月31日までに事業に関連したレシートや領収書、請求書、カード明細、給与明細、銀行通帳のコピーなどをメリービズへ郵送するだけで、税理士ドットコムと連携している税理士が書類作成から提出までの煩雑な確定申告業務を簡単にアウトソーシングすることができる。

これまでは、税理士ごとに料金体系が異なることから、どういった税理士に普段の会見に関して相談すればいいか、を悩む人も多いだろうが、まずはこのサービスを通じて税理士とコミュニケーションを取ってみるのもいいかもしれない。

スタートアップにとっても、会計や記帳、税務署関係の書類作成をいかに効率的に運用するか、というのは事業を進める上で大きな課題だ。普段から税理士に相談する一つのきっかけとして、今回のパッケージサービスを使ってみるのもいいかもしれない。そこから、会計ソフトを導入し自社で運用するもよし、日々の請求書関係を税理士に相談するのもいいだろう。

会計を含めたバックオフィスまわりのサービスも、近年が充実してきた。起業だけでなく副業をしているサラリーマンやフリーランスの人など、あらゆる人のとっても嬉しい時代になったといえるだろう。

----------[AD]----------