THE BRIDGE

タグ Careem

CareemのCEO曰く、「Uberとの合併は、中東スタートアップエコシステムの幕開け」

SHARE:

VC 支援を受けた地域的なスタートアップが、自社を数十億米ドルで有力なライバル企業に売却するという事態は、それ自体大きな勝ちだとみられることが多い。設立者にとっては儲けものであり、投資家は忠誠を示す代わりに対価をもらえるからだ。 しかし、配車サービス企業 Careem の CEO で共同設立者の Mudassir Sheikha 氏は、自社を Uber に31億米ドル以上で売却することで、単に大金…

Careem-co-founders-Magnus-Olsson-Mudassir-Sheikha-and-Abdulla-Elyas_18meg
Careem の CEO Mudassir Sheikha 氏(中央)と Magnus Olsson 氏(左)、Abdulla Elyas 氏(右)
Image Credit: Careem

VC 支援を受けた地域的なスタートアップが、自社を数十億米ドルで有力なライバル企業に売却するという事態は、それ自体大きな勝ちだとみられることが多い。設立者にとっては儲けものであり、投資家は忠誠を示す代わりに対価をもらえるからだ。

しかし、配車サービス企業 Careem の CEO で共同設立者の Mudassir Sheikha 氏は、自社を Uber に31億米ドル以上で売却することで、単に大金が入るという以上の結果が生まれることを望んでいる。彼は今回の取引を、「中東地域にとっての幕開け」と考えており、これによって中東のスタートアップが国際的な投資家たちの投資先リストに入るだろうというのだ。

あらゆるエコシステムには画期的な取引が必要で、今回の取引もその1つになるとよいと思っています。

Sheikha 氏は3月27日、Careem 社員宛ての公開書簡でそう述べた。

これまでのストーリー

ドバイ拠点の Careem は2012年に設立され、今日では14カ国の市場で3,000万人以上のユーザを誇っており、中東に力を入れている。同社は Uber からの合併の誘いがあるまでに、約7億7,000万米ドルの資金を獲得してきた。

Uber が Careem との合併を検討しているというニュースは昨年7月に浮上し、2月、Uber が Careem を完全に買収するための交渉が進んでいるとの噂が流れた。3月第4週の週末、合併の契約がもうすぐ発表されるとの報道が強まり、3月26日、Uber が認めるに至った。

実際、今回の契約は今年に入ってこれまでの中で良かった出来事であり、Uber の CEO である Dara Khosrowshahi 氏のインクルーシブな姿勢と、Sheikha 氏のいう Khosrowshahi 氏の「エンパワーリング・リーダーシップスタイル」がなければ、決して実現しなかったかもしれない。Careem は、当初 Uber と力を合わせることにためらいがあったが、Khosrowshahi 氏は、Careem が独自のブランドとアイデンティティを保持し、基本的には通常の操業を続けてよいと認める意思を持っていたことが、契約締結の鍵となった。

Sheikha 氏は語る。

初めは Uber による買収の話はあまり私たちに響きませんでした。

しかし、Dara 氏と議論を重ねるうちに、私たちは彼と、また彼のチームとより関係を強くしていきました。そうしたら以前とは違う実感がありました。明らかだったのは、彼らが中東のような市場でのプラットフォーム提供のチャンスの価値をより深く理解していたこと、そしてこのチャンスを掴むには同地域にフォーカスを当てた企業がどうしても必要だろうと理解していたことです。

シリコンバレー企業が地方の企業設立者から舵をもぎ取ってしまうような、月並みなやり方を真似るのではなく、むしろ Khosrowshahi 氏は、Careem の成功を創出した要素、つまり地域に関する同社チームの知識と経験に干渉しないということを選んだのだ。

彼は尊敬心を持った立場から話してくれ、どうしたら力を合わせて中東地域を変革する大きなチャンスを追えるかという話に主にこだわっていました。(Sheikha 氏)

MENA

明らかなのは、Careem は、MENA 地域(中東および北アフリカ地域)に自社が与える影響力を重視しているということだ。同地域への影響力について Sheikha 氏は書簡で何度も言及している。

私たち2社の規模とリソースを統合することにより、この地域のより多くの人々の生活をシンプルに、そしてより良くすることができるでしょう。

しかし、配車サービスや運送業の話を超えて、Sheikha 氏は、Uber との合併契約がより大きな何かの幕開けとなってほしいと願っている。

これまで比較的成熟したスタートアップのエコシステムを誇ってきたイスラエルを除いて、中東は多額のイグジットや投資のことでトップ記事になるような地域ではない。もちろん、Amazon が2017年に中東のライバル Souq.com を5億8,000万米ドルで買収したこと、Yahoo が2009年にヨルダンの Maktoob を(報道によると)1億6,400万米ドルで買収したことなど、少しは例もあることはある。

とはいえ、MENA 地域は VC 投資の点では成長している。直近のスタートアップ投資レポートによると、同地域の企業への投資額は2018年に記録史上最高となっており、前年比31%増で8億9,300万米ドルとなった。カリフォルニア発のシードファンドおよびアクセラレータ500 Startups は、明らかにアーリーステージ投資の点で、MENA 地域への投資家の中でも最も活発に投資を行っている。ちょうど昨日500 Startups は、初となる MENA ファンドを3,300万米ドルでクローズした

昨年 MENA 地域に参入した他の著名な国際的投資家としては、ニューヨークの General Atlantic があり、2018年後半にアラブ首長国連邦の Property Finder に対する1億2,000万米ドル投資ラウンドをリードした。他の投資家としては、中国の Gobi Partners があり、アラブ首長国連邦の Holidayme への1,600万米ドル投資をリードした。パロアルトの Accel も2016年、Holidayme に投資を行っている。

MENA 地域のスタートアップは、繁栄するために必要な要素のいくつかをすでに持ち合わせており、同地域での多額のイグジットによってより多くの億万長者が生まれることになるだろう。ひいてはエンジェル投資家が増え、さらに勢いを増すことにつながるかもしれない。今のところ、Sheikha 氏は、MENA が注目を浴びるのに Careem が寄与し、それにより同地域の他の企業への直接的な投資機会が増えるかもしれないということに満足しているようだ。

Sheikha 氏は次のように語った。

この大規模な合併取引が、MENA 地域の新興技術エコシステムを地域の、また外国の投資家に知らしめることになります。そうして、同地域の起業家への支援機会と投資機会を根本的に、また不可逆的に向上させることができるでしょう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

中国の配車サービス大手Didi Chuxing(滴滴出行)、中東・アフリカ・アジアの同業Careemに戦略的投資——グローバル展開に向け足場を確保

SHARE:

中国の配車サービス大手 Didi Chuxing(滴滴出行)は、中東、アフリカ、アジアの一部地域で人気を博しているライバル企業 Careem に対し戦略的投資を行った。 金額は非公表ながらも、今回の投資は幅広い提携の一環であることを表している。それは両社が「インテリジェントな輸送テクノロジーのナレッジ、製品開発、オペレーションをシェア」するものだと Didi が報道発表でコメントしていることからも…

中国の配車サービス大手 Didi Chuxing(滴滴出行)は、中東、アフリカ、アジアの一部地域で人気を博しているライバル企業 Careem に対し戦略的投資を行った。

金額は非公表ながらも、今回の投資は幅広い提携の一環であることを表している。それは両社が「インテリジェントな輸送テクノロジーのナレッジ、製品開発、オペレーションをシェア」するものだと Didi が報道発表でコメントしていることからも分かる。

Didi Chuxing は2015年初めに現地のライバル企業同士だった Didi Dache(滴滴打車)と Kuaidi Dache(快的打車)の合併により誕生した。Uber と同様に Didi Chuxing はスマートフォンを使った車、タクシー、プレミアム車両などの自動車サービスを提供している。同社は最近、数回にわたって多額の資金調達を行っており、その中には今年の55億米ドルのほか、昨年は73億米ドル(うち10億米ドルは面白いことに Apple から調達)などの案件がある。

4億ものユーザを抱えるとされる Didi は、主として中国で知られた企業だが、提携や投資といった数々の取り組みにより「持続可能でグローバルなモビリティのエコシステム」を構築する計画を公にしている。Didi はかつて、アメリカにおいて Uber のライバル企業 Lyft に投資しており、インドでは e タクシーの巨頭 Ola に、さらに東南アジアでは Grab に資金を投じている

2012年にドバイで設立された Careem は、パキスタン、トルコ、エジプト、モロッコ、サウジアラビアなど13か国、80都市に25万人のドライバーがいるとしている。同社は5億米ドルを超える金額をエクイティファンドで調達しているが、最近は Daimler などの大企業から資金調達ラウンドで1億5,000万米ドルを確保している。Careem は VentureBeat に対し、最近のシリーズ E ラウンドでは Didi からの投資は受けなかったものの、世界展開について Didi が真剣にとらえているのは明らかであり、それは国外との継続的な取引に表れているという。

<関連記事>

Didi Chuxing の設立者兼 CEO の Cheng Wei(程維)氏は次のように話している。

MENA(中東と北アフリカ)地域で都市人口が増加し、経済・社会の多様性が拡大していますが、これは配車エコノミーにとって大きな機会であることを示しています。Careem は、この地域のテクノロジーおよび市場のリーダーです。テクノロジーのシェアと共同開発を通して、この地域の運輸業界の継続的な成長と変革をサポートしていくほか、現地で莫大な規模を持つインターネットエコノミーに進出し、世界中の広大なコミュニティに対し、よりイノベーティブなネットワークを育んでいきたいと思っています。

プレーヤー各社統合の歴史

アメリカの Uber は世界中の多くの地域で名声の確立された e タクシーブランドだが、一部の市場では、現地プレーヤーの台頭を押しのけるに十分なスピードでスケールしようと必死だ。その結果、ライバル企業は提携し合い、全体として統合する動きがみられる。東欧では最近、Uber とロシアの Yandex が複数の国でサービスを統合させており、昨年には Uber の中国事業が Didi へ完全売却された。昨年の夏には Daimler の MyTaxi がイギリスの e タクシー企業 Hailo と合併、今年に入ってその MyTaxi がギリシャのライバル企業 Taxibeat を買収し、欧州の Uber 事業との戦いに挑んでいる。

<関連記事>

Didi がライバル企業に投資していること自体は驚くことではないが、この動きによって、同社の中国以外における進出計画に関するヒントが示されている。それは、多額のキャッシュを調達し、他国市場のライバル企業に投資することだ。

Didi は旅行客のニーズにも応えており、最近は、インバウンドの外国人向けにリアルタイムの翻訳ができる最新の英語版アプリをローンチした。また、Avisとも提携して、国外を訪れる何百万もの中国人向けにレンタカーサービスを提供している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

楽天やサウジテレコムなど、中東47都市で配車サービスを展開するCareemに3.5億ドルを出資

SHARE:

ドバイを拠点に、中東地域で配車サービスを展開するスタートアップ Careem は本日(原文掲載日:12月19日)、シリーズDラウンドで3.5億ドルを調達したと発表した。このラウンドのリードインベスターは、日本のEコマース事業者である楽天とサウジテレコムが務めた。 今回の調達資金は、Careem が目下調達中の5億ドルの一部となるが、Careem はこのラウンドでの調達がいつ完了するかについてはコメ…

careem_featuredimage

ドバイを拠点に、中東地域で配車サービスを展開するスタートアップ Careem は本日(原文掲載日:12月19日)、シリーズDラウンドで3.5億ドルを調達したと発表した。このラウンドのリードインベスターは、日本のEコマース事業者である楽天とサウジテレコムが務めた。

今回の調達資金は、Careem が目下調達中の5億ドルの一部となるが、Careem はこのラウンドでの調達がいつ完了するかについてはコメントしていない。

Careem は、中東、パキスタン、トルコで同業競合の Uber より優位にあり、これは東南アジアで Grab がそうであるのと似ている。現在47都市でサービスを展開しており、前回の調達は2015年11月の6,000万ドルだった。

サウジテレコムは、同社傘下の VC である STC Ventures を通じて、Careem の既存投資家となっている。他の投資家には、プライベートエクイティの Abraaj Capital やサウジアラビアの Al-Tayyer Travel Group などがいる。

Careem は2012年、両者ともにマッキンゼーの経営コンサルタントだった Mudassir Sheikha 氏と Magnus Olsson 氏によって設立された。

8月に SimilarWeb が収集したデータによれば、Careem はサウジアラビア、パキスタン、アラブ首長国連邦で Uber よりも人気を得ている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

Rocket Internetの中東向けeコマースマーケットプレイス「Wadi」が、シリーズAで6,700万米ドルを調達

SHARE:

Rocket Internet と南アフリカの通信大手である MTN の合弁企業、The Middle East Internet Group(MEIG)は本日(原文掲載日:2月14日)、同社のeコマースポータルである Wadi が、シリーズ A ファンディングで6,700万米ドルの出資を確保したと発表した。今回のラウンドは、サウジアラビアに本拠を置く Al Tayyar Travel Group…

wadi_featuredimage

Rocket Internet と南アフリカの通信大手である MTN の合弁企業、The Middle East Internet Group(MEIG)は本日(原文掲載日:2月14日)、同社のeコマースポータルである Wadi が、シリーズ A ファンディングで6,700万米ドルの出資を確保したと発表した。今回のラウンドは、サウジアラビアに本拠を置く Al Tayyar Travel Group が主導した。

アラブ首長国連邦(UAE)とサウジアラビアでビジネスを行う Wadi は、2015年に操業開始し、15万点以上の商品を扱っているとする。同サービスは、Rocket の他の e コマースポータル、DarazShop と同じく managed marketplace(管理されたマーケットプレイス)モデルを採用している。

MEIG の常務取締役 Dr Eyad Alkassar 氏が Tech in Asia に語ったところによれば、この資金の一部は、中東と北アフリカ(Middle East and North Africa、MENA)での更なるビジネス拡張、業務とカスタマサービス統合のために使われることになっている。しかし、彼は詳細な情報の開示と、資金調達後の企業価値の見通しについての議論はしなかった。

最大の出資者である Al Tayyar Travel Group は E メールでの声明において、同社が Wadi に運送、物流、ビジネス遂行のサポートをすることを表明した。Al Tayyar Travel Group はまた、オンラインタクシーのスタートアップである Careem の主要な出資者であり、同社の中東とパキスタンでの地位をさらに強固にすべく、最近6,000万米ドルを出資している。

Al Tayyar の CEO である Abdullah Bin Nasser Al Dawood 氏は次のように述べている。

今回の出資で、The Al Tayyar Travel Group は、オンラインビジネスにおける3つの最大かつ成長が見込まれる分野をカバーすることになりました。それは旅行、一般小売業、そしてシェアードエコノミーです。

MEIG は中東におけるウェブビジネスの成長加速のために2013年に創設された。同グループは現在、Wadi、Helpling、Vaniday、Easytaxi、Lamudi、そして Carmudi を運営している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------