THE BRIDGE

タグ ChinaBang Awards 2016

HAXから生まれたIoTコーヒーメーカー「Auroma One」で、極上のコーヒーを淹れよう #ChinaBang 2016

SHARE:

本稿は、中国四川省成都市で、3月30〜31日に TechNode(動点科技)が主催した ChinaBang Awards 2016 の取材の一部である。 深圳を拠点とした Auroma Brewing Company は、コーヒー豆の挽き具合や温度といった各自の好みをアプリで調整できる接続型コーヒーマシンを作っている。カップ一杯分を淹れた後、ユーザは次のコーヒーの淹れ方をマシンに指定できる。 深圳…

auroma-one_featuredimage
Image credit: Auroma Brewing Company

本稿は、中国四川省成都市で、3月30〜31日に TechNode(動点科技)が主催した ChinaBang Awards 2016 の取材の一部である。

深圳を拠点とした Auroma Brewing Company は、コーヒー豆の挽き具合や温度といった各自の好みをアプリで調整できる接続型コーヒーマシンを作っている。カップ一杯分を淹れた後、ユーザは次のコーヒーの淹れ方をマシンに指定できる。

深圳を拠点とするアクセラレータ HAX から生まれたコーヒーメーカー Auroma One のクラウドファンディングは、Kickstarter での目標額10万米ドルの倍を上回る23万1,448米ドルを調達し2016年1月に終了した。

HAX のマネージングパートナー Duncan Turner氏は、TechNode(動点科技)に次のように語った。

新興中流階級はコーヒーの味にこだわるようになるため、コーヒーはとても活発な成長市場です。これは歴史的にも見られる現象で、近年中国でコーヒーショップが増えているのもそのためです。

この市場状況と完璧なコーヒーを淹れるテクノロジーとの大きなギャップの意味するところは、Auroma のような企業にとって大きなチャンスのある領域だということです。

Auroma Brewing Companyの代表取締役で共同設立者の Pawin Wongtada 氏は、TechNode に次のように語った。

現在のコーヒーツールはバリスタ用にデザインされており、ほとんどの人にとって正確なコントロールをマスターするのは難しいのです。

Auroma Oneの特許取得技術は淹れ方の構造とフード下のセンサーであり、それが高度にカスタマイズされた一杯を作り出す。ユーザはアプリを使ってコーヒーの濃さと苦さを調節し、コーヒーに対する水の割合と溶け出すコーヒーの分量をコントロールすることができる。

センサーと作動装置の組み合わせにより、弊社コーヒーマシンは正確なコントロールシステムとして特別なコーヒーを淹れることが可能となっています。他のコーヒーマシンよりスピードも速いので、通常の半分の時間でコーヒーを淹れることができます。(Wongtada 氏)

auroma-mobile-app
Auroma のモバイルアプリのダッシュボード画面

現在、大手コーヒー関連企業は接続型コーヒーマシンのコンセプトを取り上げている。StarbucksNespresso は先月、データと新技術を使ったカスタマイズ可能な接続型コーヒーマシンを使用する計画を発表した。

今、好みにあわせたコーヒーを最も求めているのはアメリカの若者である。Wongtada 氏によれば、同社マーケットシェアの50%はアメリカによるもので、特に若者をターゲットとしている。Specialty Coffee Association of America によると、18歳〜24歳の35%、25歳〜39歳の42%はすでに毎日特別なコーヒーを飲んでいるという。

Auroma One の主な顧客はアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ドイツの順だが、中国はまだそれほど多くはない。中国では自分でコーヒーを淹れる人が少ないことが同社の壁となっている。中国の都市部ではコーヒーを飲むことが当たり前の日常となったが、多くの人は家でお茶を飲む。そのため、同社はまず中国国外の市場に焦点を当てることを決断した。

IoT のコンセプトにより、どのコーヒーがユーザ間で最も人気があったかといったデータをマシンからロースターに送信することができるのです。(Wongtada 氏)

マシンは450米ドルで購入可能で、同社はコーヒー豆の販売も行っている。

正確に淹れた自慢のコーヒーは、豆の新鮮な味を最大限生かしてくれます。〝正確〟とは、正しい水の温度、正しい水とコーヒーの割合、各カップに溶け出すコーヒーの量であり、これがコーヒーの風合いに影響するのです。特別なコーヒー市場はメインストリームではありませんが、私たちは転換点に立っているのです。(Wongtada 氏)

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

PLEN・ADAWARP・Exiiiなど、成都の #ChinaBang 2016を飾ったハードウェア・スタートアップ7選

本稿は、Geektime 英語版に掲載された記事を、Geektime の了解を得て日本語に翻訳し掲載するものである。 The Bridge published the Japanese translation of this original article on Geektime in English under the permission from Geektime. 執筆した Laura …

本稿は、Geektime 英語版に掲載された記事を、Geektime の了解を得て日本語に翻訳し掲載するものである。 The Bridge published the Japanese translation of this original article on Geektime in English under the permission from Geektime.

執筆した Laura Rosbrow-Telem は、テルアビブを拠点とする Geektime のマネージング・エディター。以前は Jerusalem Post でエディターをしていた。


geektime-chinabang-2016_featuredimage

本稿は、中国四川省成都市で、3月30〜31日に TechNode(動点科技)が主催した ChinaBang Awards 2016 の取材の一部である。

中国の四川省成都市で行われた TechNode のカンファレンス ChinaBang Awards の直近の回では、アジア最高のハードウェアスタートアップの一部がお披露目された。どのアイデアも素晴らしかったが、利益を出せそうなのはごくわずかだった。

スケートボードに乗る小型ロボット。遠距離に暮らすパートナーをハグしてくれるテディベア。輸送コンテナでの水耕栽培。いずれも TechNode Asia Hardware Competition で発表されたクールな製品の一部だ。

コンテストの審査員は、Y Combinator のハードウェア専門家 Luke Iseman 氏や、日本で初めて株式公開した大手ソフトウェアスタートアップ、ACCESSの共同設立者である鎌田富久氏などの著名人が務めた。

<関連記事>

ファイナリストは3社、そのうちの2社については後ほど紹介する。TechNode の最終選考授賞式でファンファーレが響くことはなく、観客や企業の多くにとっては誰が勝者なのかわからなかったので、ここでは私たちが面白いと感じた製品に焦点を当てたい。

まずイスラエルからの出品について。この国のスタートアップは通常、アドテクやサイバーセキュリティなど B2B に力を入れており、このようなハードウェアスタートアップは魅力的に感じられる。そしてこういった企業のイノベーションには稀に感動させられる。しかしカンファレンスに参加していた投資家が、多くがまだ初期段階にあるこれらの製品が、市場でのさらなる試練を経るまでに金を出すかというと、ちょっと考えられない。

日本のスタートアップ PLEN のこの小柄なロボットを見てほしい。世界初の 3D プリンタでプリントアウト可能なオープンソースのヒューマノイドとして売りだされている。これには驚いた。可愛らしいし、なんと小さいスケートボードにも乗れる。

3Dプリント技術はこういったおもちゃの創造をより簡単にした。しかし、すでに 3Dプリンタを使っている人以外は、「ヒューマノイド」を作りたいと思う人はあまりいないのではないだろうか。

<関連記事>

もう一つの楽しいテクノロジーは、遠く離れて暮らすカップルや海外に住む家族に、お互いに触れ合ったりする感覚の代わりとなるものを提供している。この感覚は、テレビ電話ではまだ伝えられないものだ。しかし、この問題への取り組みとして使用されるVRデバイスでコントロールされたロボットのテディベアは、癒しとも不気味とも解釈できるものだった。

ひょっとして、と思っているなら…そう、このスタートアップは日本からの参加だ。

このテディベアを作った ADAWARP の設立者が、ステージでデモを行っているところを見てみよう。

障がいを持っている人の大きな助けとなるような発明もいくつかあった。その一つがインドのスタートアップ Live Braille のもので、この会社は杖の補助や代わりとなるような、いくつかのレベルの製品を作っている。製品に対する自信もあり、そのハイエンド技術(価格はおよそ699ドル)を使えば目の見えない人でも走れるようになるという。さらに、製品に満足できなかった場合は誰でも返金を受けられる。なぜそんなに自信があるのか。その理由の一つは、テスト期間の後にゴミになってしまった他の多くのウェアラブル端末とは違い、初期のテスターたちの多くがいまだに製品を使い続けていることにある。

geektime-chinabang-2016_livebraille-1

このレポーターが同社の最もベーシックな製品を試しているところだ。300ドルのリングで、物体に近づくと振動して知らせてくれる。杖の補助としての使用が意図されているためこのテストの信頼性はいまいちだが、この製品は有望と思われる。

geektime-chinabang-2016_livebraille-2

だが、障がい者向けテクノロジーの実際の勝者は日本のスタートアップである Exiii だった。3Dプリント技術により、より低価格の義手を開発した。コンペティションのファイナリスト3社のうちの一つだ。

同社設立者はその開発に向けた願いを見事に言い表した。本当の腕らしく見せるよりも、「無くなった腕を障がいとして隠してしまうのではなく、表現する手段として」この義手を開発したという。

geektime-chinabang-2016_exiii

<関連記事>

レポーターとしてのこの日のお気に入りスタートアップは、同じくファイナリストの一つで北京に拠点がある Alesca Life だった。輸送コンテナを再利用して、野菜の水耕栽培を可能にしている。都市部の農業にとって非常に有益なスペースを生み出した。

<関連記事>

通常の農業と比べて、必要な水の量が20分の1で済むという。そして新鮮な野菜や果物が欲しいレストランやホテルとパートナーシップを結んでいる。写真は、そのコンテナのミニバージョンを既に店内で使用しているカフェを写したものだ。

geektime-chinabang-2016_alesca-life

ビジネス上の市場可能性に懐疑的だったり、消費者が水耕栽培作物を欲しがるか疑問に思ったりする人もいたが、この発明はクールという枠を超えて、資源の有効利用に極めて役に立つものだ。仮に消費者がこういう野菜をあまり買いたがらなくても、野菜をより安く育てられる可能性があるというだけで、企業は利用したがるのではないだろうか。

Startup East の Amos Avner 氏と話をした時のこと。彼は、スタートアップに対しては、B2Bに重点を置く古典的なイスラエル的視点を踏襲している。そして Samsung の分家と言える韓国のテック系企業 Tip Talk を気に入っていた。耳を押したら時計(スマートウォッチ)から電話がかけられるという製品である。それほどセクシーな感じはしない(レポーターの興味も引かない)ものの、携帯電話会社が買いたがるんじゃないか、という話だった。そうかもしれない。

geektime-chinabang-2016_tiptalk

<関連記事>

その他の参加企業としては、イスラエルから参加したARアウトドアグッズのスタートアップ RideOn や、中国の Aurora Brewing Co.、Meditation Master、uSens、インドの Revolution through Pollution、そして香港の Eggplant と Medexo Robotics などがあった。

今回の取材は TechNode がスポンサーとなり、Startup East がコーディネーターを務めた。

----------[AD]----------

3Dプリンタで作れるヒト型ロボット「PLEN2」が、成都で開催された #ChinaBang 2016で注目を集める

SHARE:

本稿は、中国四川省成都市で、3月30〜31日に TechNode(動点科技)が主催した ChinaBang Awards 2016 の取材の一部である。 今年の ChinaBang Awards でファイナリストに選ばれた日本発の PLEN2 は、スケートボードからサッカーまで何でもこなす完全オープンソースの小型2足歩行ロボットである。 「私は子供の時、ロボットアニメが大好きでした」と語るのは、プ…

plen2-at-chinabang

本稿は、中国四川省成都市で、3月30〜31日に TechNode(動点科技)が主催した ChinaBang Awards 2016 の取材の一部である。

今年の ChinaBang Awards でファイナリストに選ばれた日本発の PLEN2 は、スケートボードからサッカーまで何でもこなす完全オープンソースの小型2足歩行ロボットである。

「私は子供の時、ロボットアニメが大好きでした」と語るのは、プレンプロジェクトの代表取締役で設立者の赤澤夏郎氏だ。赤澤氏は日本のスキーリゾートで育ち、そこで働き始めた。ロボット会社を始めた転機は、同氏の父が小さな機械工場を息子に譲り渡したいと思ったことであった。

私はその工場を継ぐ気はありませんでしたので、代わりに、子供の頃からずっと大好きだった「ロボット」でビジネスを始めたいと思いました。子供たちのためのロボットを作りたかったんです(赤澤氏)

赤澤氏は2004年に同社を設立し、その2年後に PLEN1 ロボットをローンチしたが、小規模のハードウェア会社を操業し続けることは困難であった。

弊社には次のロボットを製作するための十分な資金がありませんでした。そこで、学校や大学などのロボティックのコミュニティに接触したのです。(赤澤氏)

その上、2008年の金融危機がロボティクスに対する消費者の意欲に悪影響を与え、5年もの間、このプロジェクトを完全に脇へ追いやる結果を招いてしまった、と同氏は述べる。

2012年、成長著しいメーカームーブメントの影響がやっと大阪にも及び、オープンソース開発者の豊かな研究分野と3Dプリント性能によって、ついに低コストのロボティクスが実現可能となり、PLEN2 ロボットが誕生した。

以前は、製品を製造するには工場に依頼する必要があり、それには多くの費用と時間がかかりました。しかし、メーカームーブメントのおかげで、今では3Dプリンターを使い、昼夜を問わずオフィスに居ながら手頃な価格で新しい試作品を作ることができるのです。(赤澤氏)

プレンプロジェクトは大学向けの教育プログラム、ハードウェア、ソフトウェアアプリ、そしてビジュアルプログラミングツールで構成されている、同社ロボットの包括的なカリキュラムの販売でマネタイズしている。しかし、そのプロジェクトは依然として、開発者ら自らが自宅でロボットを3Dプリンターで出力し、かわいい2足歩行ロボットのプログラミングをすることが可能な完全オープンソースである。

plen2-insert-image

キット一式の購入を希望する人向けには、コントロールボード、サーボモーター及びその他付属品を含む PLEN2キット も販売している。必要なのはドライバー一本だけで、ロボットのハードウェアを組み立てるのに専門知識や特別な工具は必要ない。このロボットは人間の動作を真似することができるため「ミラーロボット」とも呼ばれている。値段の一番安いキットは550米ドルで販売されている。

また、将来はロボットの小型化を目指しており、利用者はどこへ行くにもロボットを携帯することが可能になるだろう。

小型ロボットはスマートフォンに取って代わることになり、ボイスコマンド機能は強化されるでしょう。(赤澤氏)

赤澤氏は、それには2つの理由があると言う。まず、このロボットはオープンソースなので開発者を引き付けることができること。そして次に、ロボットのインターフェースが、利用者のカメラやセンサーデバイスによって製品とさらにつながりを持てることだ。

同社は木曜(3月31日)、中国の家電メーカー Goertek(歌尔声学)とのジョイントベンチャーをローンチした。PLEN Goer Robotics(本社・大阪)の経営は赤澤氏が行う。赤澤氏は、中国企業との協力により今年の生産コストは低くなるだろうと予測している。

<関連記事>

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------