BRIDGE

タグ Gracia

11億円調達「TANP」が見出した、ギフトEC市場デジタル化のチャンス

SHARE:

ニュースサマリ:ギフトショップ「TANP」を運営するGraciaは7月29日、第三者割当増資の実施を公表した。投資ラウンドはシリーズCで、増資を引き受けたのは既存投資家のグロービス・キャピタル・パートナーズ、SMBCベンチャーキャピタル、 ユナイテッド、個人投資家として有安伸宏氏(出資額は7000万円)。新規株主としてYJキャピタルが今回のラウンドから新たに参加している。 調達した資金は11億円で…

tanp.png
8月移転予定の倉庫にて/Gracia代表取締役の斎藤拓泰氏(素材提供:Gracia)

ニュースサマリ:ギフトショップ「TANP」を運営するGraciaは7月29日、第三者割当増資の実施を公表した。投資ラウンドはシリーズCで、増資を引き受けたのは既存投資家のグロービス・キャピタル・パートナーズ、SMBCベンチャーキャピタル、 ユナイテッド、個人投資家として有安伸宏氏(出資額は7000万円)。新規株主としてYJキャピタルが今回のラウンドから新たに参加している。

調達した資金は11億円で、今回の増資で累計の調達額は17億円となった。株価などの詳細は非公開。前回ラウンドは2019年8月で5億円の増資を実施しており、人員体制の強化やロジスティクスの管理システムを改善した結果、1日あたりのギフト発送可能件数を1200件から2300件まで伸ばすことに成功している。今年6月の売上成長率は前年同月比で3倍になっている。

調達した資金で自社契約の倉庫を拡大(記事冒頭の写真)し、基幹業務システムの開発もさらに進めるための人材投資を中心に実施する。

tanp_web.png
TANPウェブサイト

話題のポイント:ギフトECのTANP運営が1年で順調に成長してラウンドを次に進めました。前回の取材でも代表の斎藤さんにお聞きしていますが、気になるのはギフト市場におけるTANPのポジショニング、ビジネス戦略です。物理的なモノを発送するというフィジカルな限界点や、ビジネス的なスケールの方向性など、いくつかポイントを斎藤さんにお聞きしました。

まず、彼らがひとつ打ち出した方向性として、ギフト配送システムの将来的なビジネス向けOEMがあります。ギフトにはラッピングなどのオプション対応といった、通常のECサプライチェーンとは異なる点があります。EC市場の伸びしろを考えると事業者がこのオプションを求める可能性は大いにあり、Graciaとしてそこにビジネスチャンスを見出そうとしているというわけです。

これら倉庫管理のテクノロジー市場は「Warehouse Management System(WMS)」と呼ばれ、米調査会社のリサーチによると2020年時点での市場規模は24億ドル相当で、これが2025年には51億ドル規模にまで成長するという試算も発表しています。

WMSは複雑な倉庫や物流ネットワークの効率的な処理、拡張、生成される大量のデータを迅速に処理するテクノロジーを提供します。これを導入することで事業者は在庫ストックや従業員の効率化に関する意思決定がやりやすくなり、さらにTANPはここに自社サービスで培ったギフトラッピングなどのオプションノウハウを追加し、他社にOEM展開することを見込んでいるのです。

では、ポイントとなるギフトオプションはどのような難しさがあるのでしょうか。ここからは斎藤さんの回答を交えて説明したいと思います(太字の質問は全て筆者)。

ーーギフト加工部分の難易度が高い、ということでしたが、主に注目している工程の課題と解決方法についてTANPの取り組みを教えてください

gracia_oem_001
資料提供:Gracia

ギフト加工とGraciaで呼んでいる作業は、一般的な倉庫業の中では「流通加工」と呼ばれる業務の一つです。ギフト以外の例で行きますと「値札つけ」、「輸入製品のタグの張り替え」などもこれに当てはまります。いわゆる3PL(サードパーティーロジスティクス)などの倉庫委託業社でもこれらのギフトラッピングは一部請け負っているところはありますが、対応している業者が未だ少ない、対応していたとしても少量多品種だと対応不可という課題があります。

ーー具体的にどこが難しい?

ギフト対応を実現するためにはユーザーインターフェイス側と基幹業務システム側を一気通貫して設計をしないといけない、という背景があります。当社ではECパッケージなどを使わずにこれらのシステムをフルスクラッチで開発してきましたので、少量多品種で豊富なギフトラッピングをスケーラブルに実現ができました。

ーー既存のWMSに独自に付け足すというよりは、ギフト対応用にイチから全て作らないとスケールに問題がでる

ただ弊社のシステムもまだ未完成でありますので、よりお客様へのサービス価値を上げながら、商品点数を増大し、スケーラビリティを担保することが今後の最大の課題です。今後は根本的なデータベースの見直し、IoT機器の倉庫への導入を含め解決に向けて地道に取り組んでまいります。

gracia_oem_002
資料提供:Gracia

ーー話を変えてギフト市場について。前回に引き続いての質問ですが、1年事業を継続してみて掴んだ世界観を教えてください

ギフト市場は全体で10兆円の市場と言われております。当社はその中で「ギフト×EC」というドメインが主戦場です。その中で他の主なプレイヤーとしては総合ECのギフト部門、百貨店のEC部門などが当社の競合にあたります。現状日本のEC化率というものが2019年時点でおよそ7%だと仮定すると、現状でおよそ7000億円の市場、ここから10年以上かけて20%ほどになると仮定するとおよそ2兆円の市場になると考えております。

ーーこの中でのWMSに関連する領域を攻める、というわけですね

この市場において、ことECにおいてはギフト対応が各社まちまちとなっております。実店舗においては店員さんが個別のマニュアルに従って対応できますが、ECでは画一的に、効率的に対応することが求められます。ここの物流におけるDXが進んでいないこと、当社がギフトに特化したロジスティクスを構築できつつあることに鑑みて、将来的に他社ECでのギフト対応の出荷機能を請け負うことも視野に入れております。

ありがとうございました。

ecmarket
国内電子商取引市場規模(BtoC及びBtoB)・経済産業省

2019年における国内のEC市場は約20兆円で前年比で7.6%の成長、EC化率についても消費者向けで約6.8%、ビジネス向けで約32%とまだまだ伸びる市場です。さらに言えば、感染症拡大の問題で人々のオンライン化は加速することになりました。

TANP自体の成長もそうですが、そこで得たノウハウを元に全てのEC事業者のギフトプラットフォームとして次のスケールを狙うというGraciaの戦略は正しいもののように思えます。

ギフティング「TANP」運営がGCPほかから5億円調達ーー1日1200件の「リアルギフト」送付も可能に、U25起業家の新たな挑戦

SHARE:

ニュースサマリ:ギフトショップ「TANP」を運営するGraciaは8月28日、第三者割当増資の実施を公表した。引受先となったのはグロービス・キャピタル・パートナーズ(以下、GCP)、スパイラルベンチャーズ、ANRI、マネックスベンチャーズ、ドリームインキュベータ、SMBC ベンチャーキャピタルの6社と、個人投資家として福島良典氏、有安伸宏氏、大湯俊介氏、遠藤崇史氏の4名。調達した資金の総額は5億円…

IMGP9828
Gracia代表取締役の斎藤拓泰さん

ニュースサマリ:ギフトショップ「TANP」を運営するGraciaは8月28日、第三者割当増資の実施を公表した。引受先となったのはグロービス・キャピタル・パートナーズ(以下、GCP)、スパイラルベンチャーズ、ANRI、マネックスベンチャーズ、ドリームインキュベータ、SMBC ベンチャーキャピタルの6社と、個人投資家として福島良典氏、有安伸宏氏、大湯俊介氏、遠藤崇史氏の4名。調達した資金の総額は5億円で、GCPの高宮慎一氏が社外取締役に就任する。その他出資比率などの詳細は非公開。

Graciaの創業は2017年6月。「TANP」は誕生日プレゼントなどのカジュアルギフトをメールやSNSを通じて手軽に贈れるサービス。ギフト体験に特化しており、THE BODY SHOP‎やDEAN & DELUCAといった200ブランドの商品を取り扱う。

8割以上のユーザーがギフトラッピングやメッセージカードといったオプションを追加購入しており、こういった追加作業を含めたロジスティクス体制についても、システム連携などの工夫を通じ、1日で1200件の配送を達成するなど強化をしている。今回の調達資金でマーケティングと体制強化を進めるほか、年内のアプリ投入も計画する。

Screen Shot 0001-08-28 at 5.51.48

話題のポイント:本誌にもインタビューで登場してくれたU25起業家、斎藤拓泰さんのGraciaが大型調達です。市場的には今月、カジュアルギフトサービス「giftee」運営のギフティがマザーズに上場承認されるなど、にわかに盛り上がっている領域になります。

<参考記事>

一方、ギフティの開示で明らかになったように、彼らのビジネスはエンタープライズ向けのデジタルギフトOEMが中心でした。一般消費者がスマホで挨拶するようにギフトを贈り合うという構想・ビジョンだったと記憶していますが、一筋縄ではいかなかったようです。この視点を踏まえ、事業のスケール感などを改めて斎藤さんにお聞きしてきました(太字の質問は全て筆者。回答は斎藤さん)。

TANPのユーザーはどういったシチュエーションでギフトを利用するケースが多いですか

基本的にはTANPの使われ方としては誕生日や結婚祝いなど、ライフイベントにおける利用が多いです。また、ホワイトデー、母の日、クリスマスなどのカジュアルなシーズンイベントでの利用もかなり多いですが、お歳暮やお中元などのフォーマルなイベントはあまりいただいていない、というのが現状です。

なるほど、旧来の贈り物文化から変化している

お歳暮やお中元などの形式的なギフトは市場全体としても縮小傾向です。ただその中でもギフト市場全体としては年々成長しているので、お歳暮などの形式的なギフトの代わりに、特定個人への心のこもったギフトが近年増加しているという認識です。

ビジネスについて。ギフティとは構造が違うので単純な比較はできませんが、消費者向けをとにかく伸ばす考えなのか、法人向けの展開を考えているのか、その辺りを教えてください

基本的には消費者向けを今後メインで伸ばしていくことを考えていて、現状いただいている注文もほぼ消費者様からです。ギフティさんは間接的に幅広くデジタルチケットを消費者様に対して普及させる一方、TANPでは独自の付加価値をリアルのものに対して提供すること(ギフト加工)が強みです。なので、直接的にユーザーにアクセスする方が強いと考えています。

ただ、一般における認知を取った次の段階として、法人様向けにギフトの発注をいただく、ということは検討しております。リアルとデジタルギフトの違いがあるのでやり方は異なりますが、最終的には人と人とのコミュニケーションを円滑にする手伝いをしていくという点では目指している方向は一緒だと考えています。

後もう一点、ロジスティクスで8割のユーザーがギフトアイテムにメッセージなどのオプションを追加する、ということですが、ここでのオペレーション課題は

弊社の強みとしてエンジニアリングを活用していかにしてリアルオペレーションを効率化していくか、というものがあります。物流などのマンオペレーションも機械とのつなぎこみ、システムとオペレーションのつなぎこみでかなり効率化をすることができました。ですのでロジスティクスに関わる方もパートさんに協力いただいており、一件あたり発送するのにかかってる人件費は現在150円〜200円で、この数字は発送機能を外注した場合の価格と変わりません。

スケール感に問題はないと

ギフトの複雑なオペレーションを織り込んだ上で、このコスト感で対応できていることにはかなり自信を持っていて、繁忙期で1日あたり1200件の送付に対応できています。

ありがとうございました。

68806547_1192161587633378_4907310739124912128_n.jpg
Graciaに出資した投資家と経営陣

ーーTANPの話題とギフティは贈り物の文脈は同様でも「リアルなモノ」があるかないかで大きく異なります。電子チケットはスケール感はあるものの、やはり手触り感にはどうしても欠けてしまう一方、現実のモノを扱えば、それだけオペレーションコストがかかってしまいます。TANPはシステム開発に相当力を入れてその辺りの最適化に成功したとお聞きしているので、その辺りの評価が今回の大型調達に繋がった理由なのでしょう。

U25起業家の新たな注目株、今後が楽しみです。

ギフト領域でナンバーワンプラットフォームになるーーU25起業家に聞く「起業・新基準」/ギフティング「TANP」提供、Gracia 斎藤氏

SHARE:

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。若手起業家向けの勉強会、次回テーマは「スタートアップのための採用手法(仮)」。参加者の事前登録募集中 20代起業家を対象に、彼らが考える新しいスタートアップのあり方を聞き出すインタビューシリーズ、前回登場のARシューティング「ペチャバト」を提供するGraffity代表取締役、森本俊亨さんに続いて登場して…

gracia_001
Gracia代表取締役・CEO、斎藤拓泰さん

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。若手起業家向けの勉強会、次回テーマは「スタートアップのための採用手法(仮)」。参加者の事前登録募集中

20代起業家を対象に、彼らが考える新しいスタートアップのあり方を聞き出すインタビューシリーズ、前回登場のARシューティング「ペチャバト」を提供するGraffity代表取締役、森本俊亨さんに続いて登場してくれたのはギフトショップ「TANP」が成長中のGracia代表取締役・CEO、斎藤拓泰さん。

今回もUpstart Ventures、上杉修平さんにインタビュワーとして参加してもらいます(太字の質問は全て上杉氏。執筆・編集:平野武士)。

斎藤拓泰さん:幼少期をアメリカで過ごし、東京大学経済学部を2019年に卒業。在学中からビジネスに興味を持ち、2016年からCandleでマーケティングを担当。2017年6月に創業したGraciaではメールやSNSを通じてギフトを簡単に贈れる「TANP」を手がける。1996年生まれ

gracia_002
ギフティングプラットフォーム「TANP」

U25中心に新しい世代の起業家の起業に関する考え方を聞いています。斎藤さんはギフティングサービスを手がけられてますが元々、どういう仮説からこの市場を狙おうとされたんですか?

斎藤:ギフトって友達の誕生日とか恋人の記念日とかいろんな場面で買わないといけない場面がある中で、Amazonや楽天で買ってしまうとなんか味気ない、失礼だという後ろめたい気持ちになるじゃないですか。しかも探すのにめちゃくちゃ時間がかかってしまう。リアルショップいくとなるとさらに時間がかかる。

これは確かに経験ありますね

斎藤:どう考えてもネットで済ました方が楽だし、より便益がもたらされる領域なのに、という気づきが始まりですね。そこから実際により市場を調べていく中で、メーカーなどのB(事業)側のニーズとC(消費者)側のニーズが綺麗にフィットしていないという歪みを見つけたんです。

具体的には

斎藤:中堅Bがギフト訴求で売りたいにも関わらず百貨店には陳列できない、自社ECでは集客しきれない。C側ではギフトだから期日までに届いてほしい、商品だけ来ても困る、というものです。この歪みを埋めるために僕たちは自社で倉庫をもちロジスティクスの一旦を担っています。ある面から見ると僕たちは小売ではなく裏側のロジスティクスの再発明をしています。

事業を進める上で見えてきた勝ちパターン、方程式のようなものは何かありますか

斎藤:絶対にここから10年、20年、よりデータの重要性が高まってくると思っています。その時に企業体として価値のあるデータを保有している、またデータを元に判断/意思決定ができる人の価値がこれまで以上に大きくなってくると思います。

gracia_003
Upstart Ventures上杉修平さんも斎藤さんと同じくCandle出身

なるほど

斎藤:その上で会社として今取り組んでいるのはシンプルに2つです。

1.システムを駆使して価値のあるデータを保管する
2.データをもとに判断、意思決定ができるカルチャーをつくる

データと一口に言っても膨大で、極論すべてのものがデータ化できる。そのなかで真にユーザーに貢献するデータを見極めて貯めることが本質的にやるべきことだと思っています。

カルチャーについては国内外問わずトップが次々と口にするようになりました

斎藤:データにより判断/意思決定の精度を上げる。これって当たり前のことですが、簡単そうに見えて意外とこれができる人は少ないと思っています。データをそもそも見ていないのに判断をしてしまう、データにとらわれすぎて意思決定をしきれない、など。データを駆使して大胆な意思決定ができる会社を作っていきたいです。

少し斎藤さん自身のことについて教えてください。元々、Candleでスタートアップという生態系に触れたわけですが、起業についてはどのような考え方を持っていたのですか

斎藤:小さい頃から世の中に何かしらの生きた証を残したい、というモチベーションがあります。すごい簡単に言うとなんかでっかいことをしたい、という漠然とした考えを持っていました。よくいろんな人から「中高時代からずっと起業したかったの?」と聞かれますが、半分そうで半分違いました。

実は高校時代は外交官になって国を動かしたい!みたいに思ってそれで東大を目指したんです。

外交官目指されてたんですね。風景が大分違う

斎藤:結果として今は起業という道を選びましたが、一見真逆の選択肢に見えて今から考えると「でっかいことをしたい」という軸としてはあまり変わっていないなと思います。

今の事業を始めたのもまだまだネットでのリプレイスがされていなくて、かつ全体で10兆円というマーケットサイズの大きさが理由でギフトという領域に決めました。あとは、わかりやすく人の幸せを作っていくことができるというのもこの事業にした一つの理由だと思います。

gracia_004

今ってメンターのような方はいらっしゃるんですか

斎藤:ANRIの佐俣アンリさんには創業当初から投資家としてずっと支えていただいています。創業時はGood Morning Buildingに入っていたので、一年間はずっと同じ空間で仕事をしていました。かっちり目のミーティングは本当に数えるほどしかなく、飲み会やお茶や散歩などカジュアルな形でずっと関わっていただいております。アンリさん自身が起業家として志高くされているので、挑戦し続ける姿勢はすごく刺激になります。

同期起業家というか、横つながりの関係は

斎藤:僕がもともとCandleで一年間インターンしていたこともあり、Candle出身の起業家とはよく会います。終活ネットの岩崎(翔太)さんやWizleapの谷川(昌平)さん、Sucleの大槻(祐依)さんは結構な頻度で会ってると思います。

みんな渋谷付近にオフィスを構えているのでお邪魔したりランチ行ったりして情報共有することが多いですね。一緒に仕事した仲間なので、本音でいろんな話をすることができるのはすごくいいです。

投資家やエンジェル、同世代などの横つながりあるといろいろ情報共有できると思うんですが、それでもこのスタートアップエコシステムに足りないものってありますか

斎藤:僕もそうですがやっぱりまだファイナンスに関する情報が一部にしか共有されていないという感覚はあります。資本政策は基本的にシードから始まっていると思うので、シードに関する知識はもちろん、その後のシリーズA、Bとの向き合い方のナレッジが成長のネックになる気がしています。個別の会社によって違う&センシティブな話題だから共有されづらいなどの問題が構造的にあるのかなと思います。

なるほど。情報は結構出ているように見えてまだまだ、本質的な部分は改善の余地がありそうですね。ところで斎藤さんにとっての「結果」ってどういうものでしょうか

斎藤:ギフト領域でナンバーワンプラットフォームになりたいと思っています。ZOZOさんやMonotaroさんがバーティカルな領域でのプラットフォーマーになったように僕たちもギフト領域におけるプラットフォーマーになりたいと思っています。

そうなることによってギフトの機会、およびにギフトの質は今よりも改善されて今より多くの人のコミュニケーションを円滑にすると思っています。結果としてギフト自体のあり方も変わるかなと思います。今よりもカジュアルな形でより相手への思いが優先されるものになる。

gracia_005
オフィスの中には提供中のギフトアイテムがいっぱい

ありがとうございます。今、まさにチームは拡大中なんですよね

斎藤:はい。事業をさらに拡大するのに向けて絶賛採用中です。今会社にいるメンバーも20台前半から20台中盤の方が多く、若くて本当に優秀な人が集まっていると自負しています。若いメンバーが主体となってチャレンジする機会が揃っている会社はなかなかないと思っています。若いうちに大きなチャレンジをしたいという方をお待ちしております。

こちらに募集の情報あるということで貼っておきます。今回は長時間のインタビューありがとうございました。