THE BRIDGE

タグ カブク

ものづくり系プラットフォーム「rinkak(リンカク)」を運営するカブクが、グローバル・ブレイン、DDH、三井住友海上キャピタルから約7.5億円を調達

SHARE:

3Dプリンティングのブランド「Rinkak(リンカク)」で知られるカブクは18日、グローバル・ブレイン、電通デジタル・ホールディングス(DDH)、三井住友海上キャピタルから総額約7.5億円を調達したことを明らかにした。 同社は今回の投資ラウンドで、8月にグローバル・ブレインから4億円を調達していたが、同社をリード・インベスターとして協調投資を模索、DDH と三井住友海上キャピタルから調達したことで…

rinkak_featuredimage

3Dプリンティングのブランド「Rinkak(リンカク)」で知られるカブクは18日、グローバル・ブレイン電通デジタル・ホールディングス(DDH)三井住友海上キャピタルから総額約7.5億円を調達したことを明らかにした。

同社は今回の投資ラウンドで、8月にグローバル・ブレインから4億円を調達していたが、同社をリード・インベスターとして協調投資を模索、DDH と三井住友海上キャピタルから調達したことで、今回のラウンドをクローズした。したがって、今回のラウンドの内訳は、DDH と三井住友海上から3.5億円を調達したことになる。

これまでに明らかになっている範囲では、カブクは、2013年6月に個人投資家から2,000万円、2014年6月にサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)、ニッセイ・キャピタル、フジスタートアップ・ベンチャーズ(FSV)から約2億円を調達しており、調達総額は約6億円約9.5億円に達する。 [1]

カブクは、電通と2014年9月「オープンイノベーション型のものづくり」を支援する新たなソリューションを開発すべく、デジタルファブリーション領域で提携している。グローバル・ブレインは2015年6月、台湾拠点のハードウェア開発者コミュニティ・プラットフォーム HWTrek にも出資しており、ものづくり系スタートアップのエコシステムを通じて、カブクのビジネスとのシナジーが期待される。

カブクは2013年1月の設立。3D プリンティング作品のマーケットプレイスと受注生産から始まった Rinkak は事業を多角化し、最近では、全世界30カ国以上の 3D プリンティング工場をネットワーク化し、求められる生産ニーズに応じて最適な工場に生産を発注できるプラットフォーム「Rinkak 3D Printing PPP」や、工場が3Dプリンティングの生産受託の注文運用に必要な基幹クラウドシステム「Rinkak 3D Printing MMS」の提供を始めた。カブクは今回の調達資金を使って、これら新規サービスの開発体制、グローバル展開体制を強化するとしている。


  1. CAVからの指摘により修正。
----------[AD]----------

3Dプリンティングのカブクがグローバル・ブレインから4億円を資金調達、工場向け受託基幹クラウドや生産効率化ビジネスを強化

SHARE:

3Dプリンティングのブランド「Rinkak(リンカク)」で知られるカブクは28日、グローバル・ブレインから4億円を資金調達したと発表した。今回のラウンドはクローズしておらず、グローバル・ブレインをリードインベスターとして、ビジネスシナジーのある他社からも追加で出資を募る意向だ。調達した資金は、同社が先ごろ発表した 3D プリンティング工場向けの基幹業務クラウドや受託による生産効率化ビジネスの拡大に…

rinkak_featuredimage

3Dプリンティングのブランド「Rinkak(リンカク)」で知られるカブクは28日、グローバル・ブレインから4億円を資金調達したと発表した。今回のラウンドはクローズしておらず、グローバル・ブレインをリードインベスターとして、ビジネスシナジーのある他社からも追加で出資を募る意向だ。調達した資金は、同社が先ごろ発表した 3D プリンティング工場向けの基幹業務クラウドや受託による生産効率化ビジネスの拡大に充てられる見込み。

カブクの設立は2013年で、同年6月にエンジェル投資家から2,000万円、2014年6月にサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)やフジ・スタートアップ・ベンチャーズ(FSV)から2億円を調達している。

もともと 3D プリンティング作品のマーケットプレイスと受注生産から始まった Rinkak は事業を多角化。最近では、全世界30カ国以上の 3D プリンティング工場をネットワーク化し、求められる生産ニーズに応じて最適な工場に生産を発注できるプラットフォーム「Rinkak 3D Printing PPP」や、工場が3Dプリンティングの生産受託の注文運用に必要な基幹クラウドシステム「Rinkak 3D Printing MMS」の提供を始めた。

オープンイノベーションの一例としては、トヨタ自動車がパーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」の実用化に向けて取り組む「OPEN ROAD PROJECT」において、カブクは3Dプリンターを利用して、i-ROAD のボディパーツやインテリアの一部をカスタマイズできるサービスを提供している。

open-road-project-rinkak

----------[AD]----------

カブクが3D プリント製造・販売を実施可能にする法人向けクラウドプラットフォーム「rinkak3D Print Cloud for Business」を提供開始

SHARE:

3Dデザインのマーケットプレイス「rinkak」を運営するカブクが、クラウド型 3D プリント製造・販売プラットフォーム 「rinkak 3D Print Cloud for Business」を国内外で提供を開始した。 「rinkak3D Print Cloud for Business」は、アプリや WEB サービスに簡単に 3D プリント製造・販売機能を組み込める法人向けクラ…


rinkak3D Print Cloud for Business

3Dデザインのマーケットプレイス「rinkak」を運営するカブクが、クラウド型 3D プリント製造・販売プラットフォーム 「rinkak 3D Print Cloud for Business」を国内外で提供を開始した

「rinkak3D Print Cloud for Business」は、アプリや WEB サービスに簡単に 3D プリント製造・販売機能を組み込める法人向けクラウド製造・販売プラットフォーム。このプラットフ ォームを利用することで、各種 3D CG データおよび 3D CAD データを保有するサービスとの連携が簡単に行うことができ、3D プリント製造・販売を行うことが可能になる。

「rinkak3D Print Cloud for Business」の API を組み込んだアプリもすでに登場している。9月1日から日本でサービス提供された台湾発のアプリ「3D ピポ」はその一つだ。「3D ピポ」は、台湾で AppStore 1位を獲得し、50 万ダウンロードを達成したアプリの日本版。

写真から簡単に 3D モデルデータが作成できるスマホアプリで、「rinkak3D Print Cloud for Business」の API を組み込むことで、オリジナル 3D ピポ・フィギュアの国内外への 3D プリント製造・販売サービスの提供を可能にしている。今後、グローバル版の「3D ピポ」アプリにもこのプラットフォームのAPIが利用される予定だという。

カブクは、今後、国内外のゲームメーカー、SAP(ソーシャルアプリケーションプロバイダー)、3D CG データおよび 3D CAD データを保有するサービスプロバイダー等との連携を強化していく方針だ。

「Infinity Blade III」のように、ゲーム内のキャラクターが3Dのゲームは、3Dプリントしたフィギュアを注文可能な仕組みの提供を実施している。3D プリントの製造・販売と相性が良いサービスやアプリは多そうだ。

----------[AD]----------

ものづくりマーケットプレイス「rinkak(リンカク)」を運営するカブク、電通とデジタルファブリケーション領域で連携

SHARE:

3Dプリント技術を使ったものづくりマーケットプレイス「rinkak(リンカク)」の運営、および企業向けデジタル製造ソリューションを提供するカブクが、電通と業務提携し、デジタルファブリケーション領域で連携することを発表した。 カブクが運営している3Dプリント技術を使ったものづくりプラットフォーム「rinkak」をベースに、電通と「オープンイノベーション型のものづくり」を支援する新たなソリューションを…


kabuku

3Dプリント技術を使ったものづくりマーケットプレイス「rinkak(リンカク)」の運営、および企業向けデジタル製造ソリューションを提供するカブクが、電通と業務提携し、デジタルファブリケーション領域で連携することを発表した

カブクが運営している3Dプリント技術を使ったものづくりプラットフォーム「rinkak」をベースに、電通と「オープンイノベーション型のものづくり」を支援する新たなソリューションを開発する。

具体的には、

  • 地域ものづくりのサプライチェーン構築と新しいコンセプト提案
  • 企業との連携
  • 自治体や教育機関との連携

の3つが活動の内容となる。

地域ものづくりにおいては、rinkakプラットフォームをベースとした、全国自治体・工場連携3Dプリンター製造ネットワーク「地域ものづくりクラウド」を構築。地域の中小ものづくり企業が持つ優れた仕上げ技術や伝統工芸手法と3Dプリントを融合、国内外のクリエイターとの共創による製品づくりを支援する。

カブクはこれまでに3Dプリンターと伝統工芸の藍染めのコラボによるアクセサリー「雲(KUMO)」シリーズの展開などを実施してきた。デジタルファブリケーションや共創といった新たなものづくり技術を、伝統工芸手法などと融合させることで、世界市場を目指す。

さらに、企業との連携では企業が持つ技術やシードを活用した商品やサービス開発、ビジネスモデルの提案と構築、カーブアウト(事業の切り出しと独立)を支援の他、β版の開発、ハードウェアのプロトタイピング、マスカスタマイゼーションを推進するという。

3Dプリンターを活用した最先端学習と新しいものづくりの普及・啓発活動の推進も行うなど、いくつかの方向で活動を実施していく。

----------[AD]----------

カブク、3Dプリンターと伝統工芸の藍染めのコラボによるアクセサリー「雲(KUMO)」シリーズの展開を開始

SHARE:

カブクは3Dプリンターを使ったオリジナルブランド「mOment(モーメント)」と伝統工芸の藍染めを融合したアクセサリーシリーズを本日から、3Dプリント製品のマーケットプレースrinkakにて展開を開始した。 カブクは今年5月に3Dプリンタを使ったオリジナルブランド「mOment」を発表している。5月の段階では「雨の季節」にちなんだ女性向けアクセサリーを発売していた。 今回発表されたのは、国産ジーン…


d7606-14-306363-0

カブクは3Dプリンターを使ったオリジナルブランド「mOment(モーメント)」と伝統工芸の藍染めを融合したアクセサリーシリーズを本日から、3Dプリント製品のマーケットプレースrinkakにて展開を開始した。

カブクは今年5月に3Dプリンタを使ったオリジナルブランド「mOment」を発表している。5月の段階では「雨の季節」にちなんだ女性向けアクセサリーを発売していた。

今回発表されたのは、国産ジーンズ発祥の地、岡山県・児島の染工場「浦上染料店」との共同開発によって生まれた藍染と3Dプリンターのコラボアクセサリーコレクション「雲(KUMO)」。

unnamed

同社は3Dプリンター技術と伝統工芸の技を組み合わせた製品開発・販売は世界初の試みだと発表している。カブクは「雲(KUMO)」シリーズの制作風景もサイト上で紹介している。

「雲(KUMO)」の主なラインナップとして女性向けの指輪やネックレス、ピアスなどが用意されている。価格帯は¥5,000〜¥11,000(税込・送料別)となっている。「雲(KUMO)」は9月30日までの期間限定受注販売となっている。

----------[AD]----------

カブクが3Dプリンタを使ったオリジナルブランド「mOment」を発表、「雨の季節」にちなんだ女性向けアクセサリーを発売

SHARE:

3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いたものづくりマーケットプレースを運営する株式会社カブクは、3Dプリンタを活用したオリジナルブランド「mOment(モーメント)」を発表、2014年5月13日より販売を開始した。 「mOment(モーメント)」では、プロダクトの製造に3Dプリンター技術を用いており、在庫を抱えない完全受注生産の新しいスタイルでアクセサリーを作成、販売する。 mOment(モー…


mOment

3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いたものづくりマーケットプレースを運営する株式会社カブクは、3Dプリンタを活用したオリジナルブランド「mOment(モーメント)」を発表、2014年5月13日より販売を開始した

「mOment(モーメント)」では、プロダクトの製造に3Dプリンター技術を用いており、在庫を抱えない完全受注生産の新しいスタイルでアクセサリーを作成、販売する。

satsukiame_1

file-1

mOment(モーメント)が最初に提供するのは、「雨の季節」にちなんだ女性向けのアクセサリー「ame」シリーズ。「白雨 -HAKU-U-」「時雨 -SHIGURE-」「五月雨 -SAMIDARE-」と、雨の名前から作られた3色のピアスとイヤリングが発売されている。

先日、Shapewaysが新たな素材として14金の取り扱いをスタートしたことを紹介した。3Dプリンタの性能が向上し、3Dプリンティングが可能な金属が増えていること、印刷物のクオリティが向上していることなどから、3Dプリンタを活用したプロダクト作成がやりやすくなってきていると考えられる。

買う側にとっては3Dプリンタで作られていることは購買理由にはなりにくい(パーソナライズされたものなら別だが)。今のところ、3Dプリンタを活用したオリジナルブランドは、今のところ購買ユーザよりも、ブランドやメーカーなどがチェックすべき動きと言える。

モノを販売するビジネスにおいて、完全受注生産が可能だというのは魅力的だ。プリンタの性能が向上するにつれ、多くのブランドが3Dプリンタを活用するようになるだろう。

----------[AD]----------