THE BRIDGE

タグ rinkak

ものづくり系プラットフォーム「rinkak(リンカク)」を運営するカブクが、グローバル・ブレイン、DDH、三井住友海上キャピタルから約7.5億円を調達

SHARE:

3Dプリンティングのブランド「Rinkak(リンカク)」で知られるカブクは18日、グローバル・ブレイン、電通デジタル・ホールディングス(DDH)、三井住友海上キャピタルから総額約7.5億円を調達したことを明らかにした。 同社は今回の投資ラウンドで、8月にグローバル・ブレインから4億円を調達していたが、同社をリード・インベスターとして協調投資を模索、DDH と三井住友海上キャピタルから調達したことで…

rinkak_featuredimage

3Dプリンティングのブランド「Rinkak(リンカク)」で知られるカブクは18日、グローバル・ブレイン電通デジタル・ホールディングス(DDH)三井住友海上キャピタルから総額約7.5億円を調達したことを明らかにした。

同社は今回の投資ラウンドで、8月にグローバル・ブレインから4億円を調達していたが、同社をリード・インベスターとして協調投資を模索、DDH と三井住友海上キャピタルから調達したことで、今回のラウンドをクローズした。したがって、今回のラウンドの内訳は、DDH と三井住友海上から3.5億円を調達したことになる。

これまでに明らかになっている範囲では、カブクは、2013年6月に個人投資家から2,000万円、2014年6月にサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)、ニッセイ・キャピタル、フジスタートアップ・ベンチャーズ(FSV)から約2億円を調達しており、調達総額は約6億円約9.5億円に達する。 [1]

カブクは、電通と2014年9月「オープンイノベーション型のものづくり」を支援する新たなソリューションを開発すべく、デジタルファブリーション領域で提携している。グローバル・ブレインは2015年6月、台湾拠点のハードウェア開発者コミュニティ・プラットフォーム HWTrek にも出資しており、ものづくり系スタートアップのエコシステムを通じて、カブクのビジネスとのシナジーが期待される。

カブクは2013年1月の設立。3D プリンティング作品のマーケットプレイスと受注生産から始まった Rinkak は事業を多角化し、最近では、全世界30カ国以上の 3D プリンティング工場をネットワーク化し、求められる生産ニーズに応じて最適な工場に生産を発注できるプラットフォーム「Rinkak 3D Printing PPP」や、工場が3Dプリンティングの生産受託の注文運用に必要な基幹クラウドシステム「Rinkak 3D Printing MMS」の提供を始めた。カブクは今回の調達資金を使って、これら新規サービスの開発体制、グローバル展開体制を強化するとしている。


  1. CAVからの指摘により修正。
----------[AD]----------

3Dプリンティングのカブクがグローバル・ブレインから4億円を資金調達、工場向け受託基幹クラウドや生産効率化ビジネスを強化

SHARE:

3Dプリンティングのブランド「Rinkak(リンカク)」で知られるカブクは28日、グローバル・ブレインから4億円を資金調達したと発表した。今回のラウンドはクローズしておらず、グローバル・ブレインをリードインベスターとして、ビジネスシナジーのある他社からも追加で出資を募る意向だ。調達した資金は、同社が先ごろ発表した 3D プリンティング工場向けの基幹業務クラウドや受託による生産効率化ビジネスの拡大に…

rinkak_featuredimage

3Dプリンティングのブランド「Rinkak(リンカク)」で知られるカブクは28日、グローバル・ブレインから4億円を資金調達したと発表した。今回のラウンドはクローズしておらず、グローバル・ブレインをリードインベスターとして、ビジネスシナジーのある他社からも追加で出資を募る意向だ。調達した資金は、同社が先ごろ発表した 3D プリンティング工場向けの基幹業務クラウドや受託による生産効率化ビジネスの拡大に充てられる見込み。

カブクの設立は2013年で、同年6月にエンジェル投資家から2,000万円、2014年6月にサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)やフジ・スタートアップ・ベンチャーズ(FSV)から2億円を調達している。

もともと 3D プリンティング作品のマーケットプレイスと受注生産から始まった Rinkak は事業を多角化。最近では、全世界30カ国以上の 3D プリンティング工場をネットワーク化し、求められる生産ニーズに応じて最適な工場に生産を発注できるプラットフォーム「Rinkak 3D Printing PPP」や、工場が3Dプリンティングの生産受託の注文運用に必要な基幹クラウドシステム「Rinkak 3D Printing MMS」の提供を始めた。

オープンイノベーションの一例としては、トヨタ自動車がパーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」の実用化に向けて取り組む「OPEN ROAD PROJECT」において、カブクは3Dプリンターを利用して、i-ROAD のボディパーツやインテリアの一部をカスタマイズできるサービスを提供している。

open-road-project-rinkak

----------[AD]----------

カブクとランサーズが提携、3Dモデリング領域の人材育成と流通に取り組む

SHARE:

3Dプリント技術を使ったものづくりマーケットプレイス「Rinkak(リンカク)」の運営を行うカブクが、クラウドソーシングサービスを運営するランサーズと業務提携し、3Dモデリング領域の人材流通で連携することを発表した。 両社が連携するのは、主に3Dデータ作成サービスの拡充と企業との連携。加えて、プロモーション領域でも連携を図る。今回提携により、互いのプラットフォームが持っている実績や技術を用いて、ク…

d7606-31-349531-2

3Dプリント技術を使ったものづくりマーケットプレイス「Rinkak(リンカク)」の運営を行うカブクが、クラウドソーシングサービスを運営するランサーズと業務提携し、3Dモデリング領域の人材流通で連携することを発表した。

両社が連携するのは、主に3Dデータ作成サービスの拡充と企業との連携。加えて、プロモーション領域でも連携を図る。今回提携により、互いのプラットフォームが持っている実績や技術を用いて、クライアントに新たなソリューションを提案することを目指す。

カブクは5月26日に、3Dプリンタで製造を行う工場向け基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service」のクローズドβ版のテスト利用を開始している。

d7606-30-142838-2

同クラウドサービスは、3Dプリンタで製造を行う工場の受注ウェブサイトの自動作成から、製造工程管理、売上管理までをワンストップで提供することで製造受託業務を大幅に効率化するもの。今後、こうした3Dプリント技術を活用したソリューションの提案と、クラウドソーシングの活用は今後増えていくと見られる。

また、2014年9月には、3Dプリンタ会社のStratasysが約150万人のCADエンジニアが集まるコミュニティを運営するGrabCADを買収している。今回のカブクとランサーズの提携は、こうしたコミュニティづくりにも通じるものがある。

----------[AD]----------

カブクが3D プリント製造・販売を実施可能にする法人向けクラウドプラットフォーム「rinkak3D Print Cloud for Business」を提供開始

SHARE:

3Dデザインのマーケットプレイス「rinkak」を運営するカブクが、クラウド型 3D プリント製造・販売プラットフォーム 「rinkak 3D Print Cloud for Business」を国内外で提供を開始した。 「rinkak3D Print Cloud for Business」は、アプリや WEB サービスに簡単に 3D プリント製造・販売機能を組み込める法人向けクラ…


rinkak3D Print Cloud for Business

3Dデザインのマーケットプレイス「rinkak」を運営するカブクが、クラウド型 3D プリント製造・販売プラットフォーム 「rinkak 3D Print Cloud for Business」を国内外で提供を開始した

「rinkak3D Print Cloud for Business」は、アプリや WEB サービスに簡単に 3D プリント製造・販売機能を組み込める法人向けクラウド製造・販売プラットフォーム。このプラットフ ォームを利用することで、各種 3D CG データおよび 3D CAD データを保有するサービスとの連携が簡単に行うことができ、3D プリント製造・販売を行うことが可能になる。

「rinkak3D Print Cloud for Business」の API を組み込んだアプリもすでに登場している。9月1日から日本でサービス提供された台湾発のアプリ「3D ピポ」はその一つだ。「3D ピポ」は、台湾で AppStore 1位を獲得し、50 万ダウンロードを達成したアプリの日本版。

写真から簡単に 3D モデルデータが作成できるスマホアプリで、「rinkak3D Print Cloud for Business」の API を組み込むことで、オリジナル 3D ピポ・フィギュアの国内外への 3D プリント製造・販売サービスの提供を可能にしている。今後、グローバル版の「3D ピポ」アプリにもこのプラットフォームのAPIが利用される予定だという。

カブクは、今後、国内外のゲームメーカー、SAP(ソーシャルアプリケーションプロバイダー)、3D CG データおよび 3D CAD データを保有するサービスプロバイダー等との連携を強化していく方針だ。

「Infinity Blade III」のように、ゲーム内のキャラクターが3Dのゲームは、3Dプリントしたフィギュアを注文可能な仕組みの提供を実施している。3D プリントの製造・販売と相性が良いサービスやアプリは多そうだ。

----------[AD]----------

ものづくりマーケットプレイス「rinkak(リンカク)」を運営するカブク、電通とデジタルファブリケーション領域で連携

SHARE:

3Dプリント技術を使ったものづくりマーケットプレイス「rinkak(リンカク)」の運営、および企業向けデジタル製造ソリューションを提供するカブクが、電通と業務提携し、デジタルファブリケーション領域で連携することを発表した。 カブクが運営している3Dプリント技術を使ったものづくりプラットフォーム「rinkak」をベースに、電通と「オープンイノベーション型のものづくり」を支援する新たなソリューションを…


kabuku

3Dプリント技術を使ったものづくりマーケットプレイス「rinkak(リンカク)」の運営、および企業向けデジタル製造ソリューションを提供するカブクが、電通と業務提携し、デジタルファブリケーション領域で連携することを発表した

カブクが運営している3Dプリント技術を使ったものづくりプラットフォーム「rinkak」をベースに、電通と「オープンイノベーション型のものづくり」を支援する新たなソリューションを開発する。

具体的には、

  • 地域ものづくりのサプライチェーン構築と新しいコンセプト提案
  • 企業との連携
  • 自治体や教育機関との連携

の3つが活動の内容となる。

地域ものづくりにおいては、rinkakプラットフォームをベースとした、全国自治体・工場連携3Dプリンター製造ネットワーク「地域ものづくりクラウド」を構築。地域の中小ものづくり企業が持つ優れた仕上げ技術や伝統工芸手法と3Dプリントを融合、国内外のクリエイターとの共創による製品づくりを支援する。

カブクはこれまでに3Dプリンターと伝統工芸の藍染めのコラボによるアクセサリー「雲(KUMO)」シリーズの展開などを実施してきた。デジタルファブリケーションや共創といった新たなものづくり技術を、伝統工芸手法などと融合させることで、世界市場を目指す。

さらに、企業との連携では企業が持つ技術やシードを活用した商品やサービス開発、ビジネスモデルの提案と構築、カーブアウト(事業の切り出しと独立)を支援の他、β版の開発、ハードウェアのプロトタイピング、マスカスタマイゼーションを推進するという。

3Dプリンターを活用した最先端学習と新しいものづくりの普及・啓発活動の推進も行うなど、いくつかの方向で活動を実施していく。

----------[AD]----------

カブクが3D プリント製造・販売を実施可能にする法人向けクラウドプラットフォーム「rinkak3D Print Cloud for Business」を提供開始

SHARE:

3Dデザインのマーケットプレイス「rinkak」を運営するカブクが、クラウド型 3D プリント製造・販売プラットフォーム 「rinkak 3D Print Cloud for Business」を国内外で提供を開始した。 「rinkak3D Print Cloud for Business」は、アプリや WEB サービスに簡単に 3D プリント製造・販売機能を組み込める法人向けクラ…

rinkak3D Print Cloud for Business

3Dデザインのマーケットプレイス「rinkak」を運営するカブクが、クラウド型 3D プリント製造・販売プラットフォーム 「rinkak 3D Print Cloud for Business」を国内外で提供を開始した

「rinkak3D Print Cloud for Business」は、アプリや WEB サービスに簡単に 3D プリント製造・販売機能を組み込める法人向けクラウド製造・販売プラットフォーム。このプラットフ ォームを利用することで、各種 3D CG データおよび 3D CAD データを保有するサービスとの連携が簡単に行うことができ、3D プリント製造・販売を行うことが可能になる。

「rinkak3D Print Cloud for Business」の API を組み込んだアプリもすでに登場している。9月1日から日本でサービス提供された台湾発のアプリ「3D ピポ」はその一つ。「3D ピポ」はアイジェットが開発し、台湾で AppStore 1位を獲得、50 万ダウンロードを達成したアプリの日本版だ。

写真から簡単に 3D モデルデータが作成できるスマホアプリで、「rinkak3D Print Cloud for Business」の API を組み込むことで、オリジナル 3D ピポ・フィギュアの国内外への 3D プリント製造・販売サービスの提供を可能にしている。今後、グローバル版の「3D ピポ」アプリにもこのプラットフォームのAPIが利用される予定だという。

カブクは、今後、国内外のゲームメーカー、SAP(ソーシャルアプリケーションプロバイダー)、3D CG データおよび 3D CAD データを保有するサービスプロバイダー等との連携を強化していく方針だ。

「Infinity Blade III」のように、ゲーム内のキャラクターが3Dのゲームは、3Dプリントしたフィギュアを注文可能な仕組みの提供を実施している。3D プリントの製造・販売と相性が良いサービスやアプリは多そうだ。

----------[AD]----------

顔写真だけでフィギュアがつくれるサービス 「rinkak 3Dコラージュ」

SHARE:

3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いた新しいものづくりマーケットプレース「rinkak」を提供する株式会社カブクは顔写真だけでフィギュアを作成できるサービス「rinkak 3Dコラージュ」を開発した。 「rinkak 3Dコラージュ」はブラウザで顔写真を撮影もしくはアップロードするだけで、3Dプリント可能なフィギュアデータを生する。現在、選択可能なフィギュアの形状は、ダビデ像、ミロのヴィーナ…


d7606-12-501245-4

3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いた新しいものづくりマーケットプレース「rinkak」を提供する株式会社カブクは顔写真だけでフィギュアを作成できるサービス「rinkak 3Dコラージュ」を開発した。

「rinkak 3Dコラージュ」はブラウザで顔写真を撮影もしくはアップロードするだけで、3Dプリント可能なフィギュアデータを生する。現在、選択可能なフィギュアの形状は、ダビデ像、ミロのヴィーナス像の2種類。これらの形状は随時アップデート予定だという。

生成されたフィギュアデータは rinkakのハイエンドの3Dプリンタを活用して製造され、購入することが可能になる。フィギュアの大きさは、高さ約6cm。製造価格は通常4,500円だが、現在はオープニングキャンペーンにつき3,000円となっている。オープニングキャンペーンは6月16日まで実施される。

----------[AD]----------

カブクが3Dプリントできる3D地図サービス「rinkakでこぼこ地図」を開発

SHARE:

3Dプリンタを活用したものづくりマーケット「rinkak」を運営する株式会社カブクが、3Dプリントできる3D地図サービス「rinkakでこぼこ地図」を開発し、「地図の日」である2014年4月19日に正式に公開した。 「rinkakでこぼこ地図」は、簡単に3Dプリントが可能な3D地図を作ることができるサービス。ウェブブラウザで表示した地図をワンクリックするだけで3Dプリント可能な3D地図に変換するこ…


deco

3Dプリンタを活用したものづくりマーケット「rinkak」を運営する株式会社カブクが、3Dプリントできる3D地図サービス「rinkakでこぼこ地図」を開発し、「地図の日」である2014年4月19日に正式に公開した。

「rinkakでこぼこ地図」は、簡単に3Dプリントが可能な3D地図を作ることができるサービス。ウェブブラウザで表示した地図をワンクリックするだけで3Dプリント可能な3D地図に変換することが可能となっている。地図画像は3種類のオープンストリートマップと地理院地図の合計4種類を利用することができる。

rinkak

プリントする3D地図の大きさは5平方cm、7平方cm、10平方cmの3種類から選ぶことができ、それぞれの費用は4000円、8000円、12000円となっている。3Dデータのダウンロードは無料で行うことができる。

Photo : rinkak

----------[AD]----------

Japan Startup Awardにノミネートされた3つのEコマースアプリ、MONOCOとrinkakとBASEを比べてみる

※本稿は、Mona Nomura(もえ/@mona)によるゲスト寄稿だ。彼女はサンフランシスコ・ベリアで育ち、ロサンゼルスに短期滞在しながら、ニューヨークで約11年生活した。これまで、常にテクノロジー、スタートアップのメンタリングやアドバイスに関わってきた。最近、東京に移住し、日本での生活を初めて楽しんでいる。イベントで彼女を見かけたら、ためらわずに声をかけてほしい。 この記事は英語で書かれた記事…

Mona Nomura※本稿は、Mona Nomura(もえ/@mona)によるゲスト寄稿だ。彼女はサンフランシスコ・ベリアで育ち、ロサンゼルスに短期滞在しながら、ニューヨークで約11年生活した。これまで、常にテクノロジー、スタートアップのメンタリングやアドバイスに関わってきた。最近、東京に移住し、日本での生活を初めて楽しんでいる。イベントで彼女を見かけたら、ためらわずに声をかけてほしい。


monoco-base-rinkak-wide-620x382

この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから
本稿は、Japan Startup Award にノミネートされたスタートアップのレビューの一部だ。
検索やレコメンドは、特にEコマースにおいては難しい分野だ。過剰な情報にさいなまれる中、我々のニーズにマッチする情報を見つけるべく技術開発が続けられている。ユーザは、自分よりも先に、サイトやサービスが欲しいものを見つけてくれることを期待する(例えば、Amazon や Netflix のレコメンド・アルゴリズムのように)。これは住む場所に関わらず解決を必要とする問題で、スタートアップが消費者ニーズに取り組む上で、そこには大きなビジネスチャンスが存在する。

MONOCOrinkak は、デザイナーを消費者と結ぶことを標榜している。日本版の EtsyFab と考えればよいだろう。一方、BASE は、Squarespace、Shopify、Strikingly のローカル版との言える。ここで紹介する3社は、今日の日本のEコマースで興味深いスタートアップであり、海外のEコマースが直面しているのと同じ難題を解決しようとしている。

MONOCO

monoco-screener-280x227MONOCO は、限定販売のファッションや工芸品を販売するEコマースサイトだ。商品は世界中のバイヤーによって集められる。同サイトは2012年4月から運営されており、これまでに約87,000人のユーザと、世界中に1,100人のデザイナーを擁する。

販売期間と数量が限られているだけであれば、他のフラッシュサイトと MONOCO は同様に説明できるかもしれない。しかし、サイトを見てみれば、この見せ方に意味があることがわかる。

ログオンすると、プロが撮影した高品質の写真によって出迎えられる。商品は注意深く選定されており、マグ、電話アクセサリー、ハンドバック、洋服など、よくある品物にユニークな一ひねりが見受けられる。多くの商品を見ているうちに、我を忘れて画面をスクロールしてしまうことだろう。

プロダクトのページは、ユーザ登録が完了していないと価格が表示されない。ユーザ登録を促す上で、極めて賢明なやり方だ。

販売期間と数量が限られていることで、ユーザに早く購入しなければという心理状態を生み出し、プロダクトの販売がうまく回転し、デザイナーを露出することにつながる。レコメンデーションとは異なり、新しい商品を見せることで、ユーザが頻繁にサイトを訪れてもらえるようにしている。

MONOCO は7月に、シリーズAラウンドの資金調達を発表している。調達金額は明らかにされていない。

rinkak

rinkak-screener-280x172rinkak は、Shapeways 日本版とも言える 3D プリントのマーケットプレイスだ。9月に公開された。

すべての人に、自分のプリントデザインの 3D データが販売できるプラットフォームを提供する。Shapeways と同様に、プラスティック、陶器、金属など、さまざまな材質のプロダクトを扱う。

3D プリンティングは、ようやくアーリーアダプターの枠を越えて、ユーザを集め始めたようだ。2007年に設立された Shapeways は、先頃、Andreessen Horowitz からシリーズCラウンドで3,000万ドルを調達、これまでの通算調達金額は4,730万ドルに上る。リアルのショップとニューヨークには配送センターを開設し、3D プリンティングのアプリの開発を促進すべく API を公開、アメリカのスタートアップ界では、明らかに 3D プリティング・マーケットプレイスのリーダー的存在だ。rinkak をやろうとしていることは、Shapeways と似ているのか、似ていないのか、楽しみに見守りたいところだ。rinkak の詳細は、我々の 9月の記事(英語のみ)を参照してほしい。

BASE

日本版 Shopify と称される機会が多い BASE は、モバイル決済を実現したいという、創業者のビジョンに基づいて開発された、マーケティング・プラットフォームだ。これまでに473万ドルを調達しており、チームは12人から20人に増えた。同社の CEO はこの一年間で5万件の小売業者が加入したと述べており、前回のインタビューでは毎月の成長率が10%に上ると述べている

同社の急速な成長は、日本の中小小売業者が楽天や Amazon 以外の Eコマースソリューションを求めている証拠だ。BASE のユーザの70%はスマホからアクセスしており、これもまた、日本のEコマースの動きが変化していることを物語っている。

以下で、BASE のプロモーションビデオをチェックできる。

火曜日の夜の Japan Startup Award で、これら3社のスタートアップに幸運があることを願いたい。

----------[AD]----------

デジタル製造技術を用いたものづくりマーケット「rinkak(リンカク)」が2,000万円を資金調達

SHARE:

先日、3Dプリンター関連サービスについての記事を掲載した。 その中で紹介した、3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いた3Dものづくりマーケットrinkak(リンカク)を運営する株式会社カブクは、個人投資家を引受先とする第三者割当増資を2013年6月20日付で行い、総額2,000万円の資金調達を実施したと発表した。 カブクは今回の第三者割当増資によって、個人投資家からの支援を得て、ビジネス面をさ…

rinkak_logo先日、3Dプリンター関連サービスについての記事を掲載した。

その中で紹介した、3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いた3Dものづくりマーケットrinkak(リンカク)を運営する株式会社カブクは、個人投資家を引受先とする第三者割当増資を2013年6月20日付で行い、総額2,000万円の資金調達を実施したと発表した。

カブクは今回の第三者割当増資によって、個人投資家からの支援を得て、ビジネス面をさらに強化していく。rinkak(リンカク)は、6月19日にクローズドβ版の事前登録を開始。現在、オープンβ版の近日公開を目指し、サービスの開発を行なっている。

----------[AD]----------