カブクが3Dプリントできる3D地図サービス「rinkakでこぼこ地図」を開発

SHARE:

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録



deco

3Dプリンタを活用したものづくりマーケット「rinkak」を運営する株式会社カブクが、3Dプリントできる3D地図サービス「rinkakでこぼこ地図」を開発し、「地図の日」である2014年4月19日に正式に公開した。

「rinkakでこぼこ地図」は、簡単に3Dプリントが可能な3D地図を作ることができるサービス。ウェブブラウザで表示した地図をワンクリックするだけで3Dプリント可能な3D地図に変換することが可能となっている。地図画像は3種類のオープンストリートマップと地理院地図の合計4種類を利用することができる。

rinkak

プリントする3D地図の大きさは5平方cm、7平方cm、10平方cmの3種類から選ぶことができ、それぞれの費用は4000円、8000円、12000円となっている。3Dデータのダウンロードは無料で行うことができる。

Photo : rinkak

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録