trippiece(トリッピース)が英語版をローンチ、シンガポール法人の設立でアジアから日本への観光需要を開拓

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.4.22

trippiece_featuredimage

ユーザが旅行計画を作成し、同じ旅に参加する仲間を集められるサービス「trippiece(トリッピース)」は今日、海外から日本を訪問しようとする外国人ユーザ向けの英語版サイトをローンチしたと発表した。2011年のサービス開始以来、海外へ渡航する日本人を対象としてきた trippiece だが、英語版のローンチにより世界展開を狙う。

Shuying-Yao
シンガポール法人のShuying Yao氏

英語版ローンチに先立ち、今年1月にはシンガポール法人を設立。日系企業での勤務経験のある Shuying Yao 氏を現地スタッフに起用し、アジア各国でのユーザ・コミュニティのエンゲージメントや、マーケティング活動を推進してゆく。なお、現在のところ、英語以外のアジア各国言語でのサービス提供は予定していない。

trippiece ではユーザが旅の計画を作り、その計画に賛同した他のユーザが集まるしくみだ。したがって、この種のインターネット・サービスでは、立ち上がりの段階で、いわゆる〝にわたま問題〟が付きまとう。旅の計画が無ければユーザは集まらないし、ユーザが集まらなければ計画も増えてゆかない。

trippiece の設立者でCEOである石田言行(いあん)氏は、日本語版の立ち上げの際に〝にわたま問題〟の辛酸を舐めていて、この経験を踏まえて英語版では対策を講じているという。

旅の質を向上させるため、英語版では日本在住の外国人を中心に、我々の選んだユーザに日本の旅を企画してもらおうと思っています。彼らが旅を牽引すれば、旅に参加する外国人ユーザは言葉の問題も心配する必要が無いでしょう。

しかし、最初はなかなかユーザ任せだけでは、コミュニティが形成されません。英語版ローンチの段階では、弊社主導のものも含め、約30件の旅の計画を掲出する予定です。KPI として何人のユーザがサインアップしてくれるかは意識しておらず、むしろ、英語版ローンチから半年以内に trippiece を使って1,000人のユーザが旅をしてくれることが目標です。

この分野には、あそびゅーVoyaginPlayLifeTrip など実に数多くのサービスが存在する。比較的古参とも言える trippiece の強みは何だろうか。

trippiece がユニークなのは、ユーザ体験のきっかけそのものを作っているという点です。その結果、他サイトでは、旅やレクリエーションが複数回に渡って提供され売上を出すモデルでしょうが、trippiece では旅は一回こっきりです。つまり、旅そのものというより、旅を通じてユーザのソーシャルグラフの形成をお手伝いしているのです。

結果として、trippiece の日本語版では、ユーザから自発的に「ダイビング部」などのコミュニティが自己増殖している。具体的に統計があるわけではないが、同じ旅に参加したユーザ同士がカップルになったケースも少なくないだろう。

日本では、政府や地方自治体が MICE の需要開拓に力を入れ始めており、2020年のオリンピックを前に訪日客年間2,000万人の達成が目標に掲げられている。その一翼を担うべく、trippiece では英語版立ち上げから一年後までに、サービス利用により訪日ユーザ1万人の達成を目標に掲げている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------