デジタル製造技術を用いたものづくりマーケット「rinkak(リンカク)」が2,000万円を資金調達

SHARE:

rinkak_logo先日、3Dプリンター関連サービスについての記事を掲載した。

その中で紹介した、3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いた3Dものづくりマーケットrinkak(リンカク)を運営する株式会社カブクは、個人投資家を引受先とする第三者割当増資を2013年6月20日付で行い、総額2,000万円の資金調達を実施したと発表した。

カブクは今回の第三者割当増資によって、個人投資家からの支援を得て、ビジネス面をさらに強化していく。rinkak(リンカク)は、6月19日にクローズドβ版の事前登録を開始。現在、オープンβ版の近日公開を目指し、サービスの開発を行なっている。

----------[AD]----------