BRIDGE

タグ iPad

AppleがアップデートしたARKit3.5リリース、シーンジオメトリAPIとLiDAR機能追加

SHARE:

Appleの拡張現実開発ツールセット「ARKit」は、ここ数年の間に何度か大きなアップデートを受けており、最近では昨年のWWDCにてARKit 3で主要なARシーン合成ツールが追加された。2020年版iPad Proの正式リリースを目前に控え、Appleは3月24日、ARKitをバージョン3.5にアップデートし、タブレットのライダーセンサー機能を活用する機能を追加した。 ARKit 3.5では、ラ…

arkit35
Image Credit: Apple

Appleの拡張現実開発ツールセット「ARKit」は、ここ数年の間に何度か大きなアップデートを受けており、最近では昨年のWWDCにてARKit 3で主要なARシーン合成ツールが追加された。2020年版iPad Proの正式リリースを目前に控え、Appleは3月24日、ARKitをバージョン3.5にアップデートし、タブレットのライダーセンサー機能を活用する機能を追加した。

ARKit 3.5では、ライダスキャナを使って空間の3Dマップを作成し、床、壁、天井、窓、ドア、座席を区別するための新しいシーンジオメトリAPIが追加された。スキャナは、最大5mの距離でオブジェクトの長さ、幅、奥行きを素早く測定することができ、ユーザーは、オブジェクトのオクルージョンに使用できるデジタルファクシミリを素早く作成することができるようになった。

たとえばオブジェクトの背後にデジタルオブジェクトが部分的にシーンに溶け込んで見えるようにする。「Instant AR」に対応しているため、ユーザーがタブレットを振り回したりするなどしてカメラに空間を感知させなくても、デジタルオブジェクトを自動的に空間内に配置することができる。

またAppleは、バージョン3.5でARKitのモーションキャプチャとピーポーオキュリュージョンを改善し、人の奥行きとモーションキャプチャの高さをより良く推定できるようになったと述べている。これまでのARKitは、iPhoneやiPadの2Dカメラを使った長さの測定において「十分」な性能を発揮していたが、ライダースキャナーを使うことでより正確な3軸測定が可能になり、コードを変更することなく、以前に開発したアプリに自動的に大きなメリットをもたらす。

ARKit 3.5は、Appleのサードパーティソフトウェア開発キットであるXcode 11.4の一部として、登録済み開発者向けに提供されている。Xcode 11.4は、iOSとiPadOS 13.4の最終バージョンが一般に公開された直後の3月24日にリリースされた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

 

iPadはMacbookの代替になるのかという(ニッチすぎる)宗教論争

SHARE:

<ピックアップ> I almost managed a week using only my iPad… but one thing held me back 2010年にAppleが初号機のiPadを発表した時以来、「タブレットはラップトップの代わりになるのか」という非常にニッチな宗教論争がごくごく一部で巻き起こりました。このほとんどの人たちが知らない論争にApple信者のひとりとし…

DSC_0025

<ピックアップ> I almost managed a week using only my iPad… but one thing held me back

2010年にAppleが初号機のiPadを発表した時以来、「タブレットはラップトップの代わりになるのか」という非常にニッチな宗教論争がごくごく一部で巻き起こりました。このほとんどの人たちが知らない論争にApple信者のひとりとして私も参加、これまでに購入したiPadの枚数は6枚(iPad、iPad2、iPad mini、iPad Air、iPad Air2、iPad Pro)になります。

こうやって並べてみるとアホですね。

この「ラップトップ置き換え」論争に火をつけたのは間違い無くZAGG社製のiPad向けキーボードカバーであり、その後、完璧な製品としてこれを世に広めたロジクール(本体はロジテック)製キーボードカバーの数々であります。私これ、上記の枚数分購入したのでさらにアホですね。

さておき、最新のiPad Proを購入してそろそろ2カ月近くになりますので、実戦投入の状況についてブログでも書こうかなと思った矢先、同じくこの論争に参加しているライターがTNWにいたのでそちらをピックアップがてら私の利用状況についてもお伝えしたいと思います。

まあ、ほとんどの人たちは関係ない話題です。はい。

TNWのライター、MARTIN BRYANTさんはMacbook12インチ(最大のライバルであります)を利用しているユーザーなのですが、一時的に修理に出すことになり、代替機としてiPad Air2を利用、キーボードカバーはロジクール製のものを装着したようです。ちなみに彼は初号機のiPadをメインコンピューターとして使おうとした経験者です。

それはさすがに俺もやらなかったわ。

利用シーンはメール、Slackでのチャット、画像編集。イベントに行って取材はするけど動画編集とかはしないという、私と全く同じような状況。さすが同業者です。で、いくつか発生した問題が次のようなものだったようです。

  • WordPressのCMSをブラウザで使うといちいちリロードするので保存しなきゃいけない。面倒。
  • 画面の角度が固定なので背中によくない。
  • マルチタスクはできるけど不便。

ただ、彼も(おそらく)私と同様に「まあそんなことぐらいは別に構わない」系の人のようで、あまり気にしてない様子。ただそれよりもニュースレター用に画像の処理をしようとしたけど、圧縮や細かい切り抜きができるアプリが見つからなかったのが問題だった様子です。同僚に聞いて「タブレットでそんな変態な使い方する人いない」となだめられてるところに親近感を感じます。

IMG_1032
クセになるスプリット・ビュー。右手にEvernoteとか表示すると素材整理が楽です。

私も概ね同じですね。私の方はiPad Pro(と公式キーボードカバー)なので、タイピング等もすこぶる快適ですし、何よりスプリット・ビューが非常に便利です。左にテキストエディタ(iA Writer)を開きながら、右側にEvernoteやRSSリーダーを開いて素材を管理したり、辞書アプリがさっと使えるのは便利です。

これは慣れるとやみつきになってMacbookに戻れなくなります。あと、気がついたら画面を触ろうとするのも病気のひとつです。

画像編集や圧縮についてはあまり無理をせずMacを使う場面の方が多いですが、数枚の写真程度であれば一旦Googleフォトにアップすることで自動的に圧縮がかかるので、そちらを利用するというちょっとした裏技を使ったりしています。

元々、いろんな取材現場を訪れる際に「モバイルバッテリー」が使えて、そもそも長時間保ってくれるテキスト端末が欲しいというニーズからタブレットを使うようになりましたが、Proになってようやく使えるレベルになってきているのではないかなと思っています。

Surfaceはもう完全に市民権を得たようですから、そろそろラップトップからタブレットへの代替が可能な時代に突入するのではないでしょうか。

via TNW

Appleの「次期iPad」はNFCと12.9インチディスプレイを搭載か

SHARE:

Appleはテク系ブログ界隈で「iPad Pro」と呼ばれる大型のiPadを開発中ではと噂されている。最新のリポートは大型iPadがNFCを搭載するのではと指摘しており、これにより新たな接続アクセサリーの利用が可能になるかもしれない。 Apple Insiderのソースによると、このiPad Proは12.9インチディプレイを搭載しており、また、NFCが利用可能かもしれないと伝えている。但し、これ…

newsipad

Appleはテク系ブログ界隈で「iPad Pro」と呼ばれる大型のiPadを開発中ではと噂されている。最新のリポートは大型iPadがNFCを搭載するのではと指摘しており、これにより新たな接続アクセサリーの利用が可能になるかもしれない。

Apple Insiderのソースによると、このiPad Proは12.9インチディプレイを搭載しており、また、NFCが利用可能かもしれないと伝えている。但し、これはiPhone6や6 Plusが提供しているTap-to-payと同様の機能を提供するものではなさそうだ。しかし、NFCのサポートは、iPad Proが支払い端末となることや、NFCでの支払いを受け入れる可能性を示唆している。

このリポートはまた、Appleがこの大型iPadのために、bluetooth通信でのスタイラスペンを計画中とも伝えており、スクリーンは筆圧感知になる可能性がある。さらにこれらのアクセサリーに加え、iPad Proに現在のLightningポートに代えてか、もしくは加えてという形で、USB-Cポートが追加されることになるかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースキュレーションアプリ「Gunosy(グノシー)」に待望のiPad版が登場

SHARE:

情報量が爆発的に増えている中、人は効率のよい情報収集を求めている。これまでSd Japanでは、こうした状況のソリューションとなりうるニューステクノロジーについて、何度か記事にしている。 そんな中、ニューステクノロジーのサービスのひとつとして注目を集める「Gunosy(グノシー)」は、本日iPad版アプリをリリースした。Gunosyは、TwitterやFacebook、はてななどの行動のアクティビ…

gunosy ipad

情報量が爆発的に増えている中、人は効率のよい情報収集を求めている。これまでSd Japanでは、こうした状況のソリューションとなりうるニューステクノロジーについて、何度か記事にしている

そんな中、ニューステクノロジーのサービスのひとつとして注目を集める「Gunosy(グノシー)」は、本日iPad版アプリをリリースした。Gunosyは、TwitterやFacebook、はてななどの行動のアクティビティを分析し、その人にあったニュースを1日に一回メールで配信するサービスだ。以前、Sd JapanではGunosyの開発者3人にインタビューをおこなっている。

Gunosyは2011年10月にサービスをリリースし、同年5月にサービスリニューアル、今年の1月末にはiPhoneアプリをリリース。iPadアプリはサービスのリリースから2年弱ほど経ってのリリースとなった。

iPad版アプリでは、メール等でユーザに配信されるそのユーザに向けた記事を一覧できる画面が表示され、読みたい記事をタップすると、横にスライドしてその記事を表示させる。さらに右にスライドさせると、その記事を見た人がほかに見ている記事のリストが表示される。これはiPhone版にはなかった機能だ。

gunosy ipad article

gunosy ipad ui

タブレットとニュースの相性は良い。筆者はiPad miniを使用しており、情報収集用にも使用しているので、GunosyのiPad版は待ち望んでいた。GunosyのiOSアプリはこちらからダウンロードできる。

Singpath Mobileでプログラミング言語のPython、JavaをiPadアプリで学習する

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 あなたがPythonやJavaのビギナーなら、Singpath Mobileでハッカー社会への切符を手に入れることができるだろう。 このiPadアプリは、Singapore Management UniversityのチームによるFinal Year Projectとして開発されており、あなたはPythonかJavaのどちらかの「進路」を選ぶ。そこでポイント…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

あなたがPythonやJavaのビギナーなら、Singpath Mobileでハッカー社会への切符を手に入れることができるだろう。

このiPadアプリは、Singapore Management UniversityのチームによるFinal Year Projectとして開発されており、あなたはPythonかJavaのどちらかの「進路」を選ぶ。そこでポイントやバッジを稼いだりしながら、プログラミングの概念に関する一連のクイズに答えて進んでいく。いわばCodeacademyのようなものだ。

制作者によれば、このアプリで誰でも簡単に学習することができ、プログラミングについての不安を克服するのを助けるように設計されている。まだ初期のバージョンで、制作者はユーザーエクスペリエンスを劇的に改善するためにフィードバックを集めている最中だ。また、このアプリは非営利運営だ。

私は最近Pythonを学び始めて以来、個人的にこのアプリには興味をかき立てられている。だが、アプリを試すようになってからこのアプリはゴールにはまだ達していないと考えている。

1からの初心者に対しては、プログラミング学習への入り口としてSingpath Mobileを勧めたりはしないだろう。Learn Python the Hard WayUdacityの無料コース、そしてそう、Codeacademyのようなはるかに良いリソースが存在するからだ。

Singpath Mobileに現時点で欠けているのは包括性だ。Pythonにおける関数や引数がどのようなものであるかについて説明しておらず、学習者がそれらについてすでに知っていることを期待している。完全な初心者は道に迷うことになるだろう。

さらに、プログラミングというものは実際にやってみることで最も効率的に学ぶことができる。そして、それには実際にコードをタイプすることが必然だ。しかしながら、Singpath Mobileは基本的に一連のクイズで成り立っている。学習者が言語について精通するのには役立つだろうが、実践するには役立たない。

でも、たしかにSingpath Mobileは楽しいものではあった。私にとっては練習帳のようなもので、Learn Python the Hard Wayで理解したいくつかの概念を復習する方法だ。現時点では、これは初心者向けの補足的なツールとなっている。

次のバージョンがもっと初心者にやさしいコンテンツと実践的な学習に焦点を当てたものとなるのを期待しよう。おそらく、コンソールとユーザが初めての短いスクリプトを書くことができるいくつかの練習問題を加えることになるだろう。

結局のところ、私は単なる初心者に過ぎないのでiPadアプリでどれくらい実行可能か明確にはわからないのだが。

【via SGE.io】 @SGEio

「DS Anatomy」、筋肉と骨の3Dモデルをインタラクティブに表現するiPadアプリを提供

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 日本のDigital Solutionが開発したDS Anatomyは、頭部から首にかけての筋骨格系を3Dデジタルモデルで表示し、学生や医療専門家がそれを簡単に見ることができるiPad向けアプリだ。 下記のDiginfo Newsの映像からもわかる様に、iPadを使って3Dモデルとインタラクティブにやりとりすることで、ユーザは従来のモデルでは不可能だった様々…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

日本のDigital Solutionが開発したDS Anatomyは、頭部から首にかけての筋骨格系を3Dデジタルモデルで表示し、学生や医療専門家がそれを簡単に見ることができるiPad向けアプリだ。

下記のDiginfo Newsの映像からもわかる様に、iPadを使って3Dモデルとインタラクティブにやりとりすることで、ユーザは従来のモデルでは不可能だった様々な方法で操作ができる様になった。回転、拡大、筋肉と骨を別々に表示したり、また透過させることができるため部位の下に何があるかを確認する事もできる。

お察しの通り、このような類のアプリは決して安くはなく27米ドル99セントとなっている。開発者によると、更に静脈や動脈といった追加要素をアプリに盛り込みたいそうだ。また将来的には、食べる過程や飲む過程を表示するアプリも開発する予定だという。

医学生にとってはDS Anatomyは充分価値のあるものだと言える。試したければ、app storeで入手可能だ。

以前、health 2.0革命を推進していた別のiPadアプリを取り上げた事があった。Dr. Kevin Lau氏のScolioTrackや、2月開催のStartup Arenaに参加した台湾のDr. Padを思い出す読者もいるかもしれない。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

和製のiPad用手書きメモ「7notes」は高い精度で文字変換をサポートしてくれる

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 外国人記者クラブは東京で、株式会社metamojiが最近発表した7notesアプリについて簡単なプレゼンをすると伝えた。このアプリは手書きの文字を変換するもので、まだ発売されて間もないにもかかわらず、既に大きな反響を呼んでいる。 そのiPadバージョンは日本のApp Storeで月間人気アプリケーションの上位になるもので、現在は第5位である。iPhoneバー…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

外国人記者クラブは東京で、株式会社metamojiが最近発表した7notesアプリについて簡単なプレゼンをすると伝えた。このアプリは手書きの文字を変換するもので、まだ発売されて間もないにもかかわらず、既に大きな反響を呼んでいる。

そのiPadバージョンは日本のApp Storeで月間人気アプリケーションの上位になるもので、現在は第5位である。iPhoneバージョンではApp Storeで一時期、人気第2位のアプリになっていた。新しく販売開始された英語バージョンでは21カ国でトップ10に入り、80カ国以上でダウンロードされている。

株式会社Metamojiはコンピュータと人による入力デバイスに大きなギャップがあることを指摘した。CEOの浮川氏はiPadが開発されたときにそのアプリケーションの変革に集中していくことにした。

ユーザーにとってiPadのキーボードソフトウェアは使用経験が少ないことを説明し、多くの人がテキスト入力には最適な方法ではないと感じていると話した。早く入力することは難しいのだ。それが理由でスマートフォンやタブレット向けアプリの研究子会社でこの7notesアプリを開発したのである。

手書き文字変換はある状況においてはとても使い勝手のいいもので、7notesアプリはうまくできているようだった。この日の午後、デモで見たものはとても早く変換でき、大変正確であった。ユーザーが変換の時間がないときも、書いたものを保存でき、時間ができてから「処理を後追い」で変換できるようになっている。

App Storeには(iPad | iPhone)用の無料バージョンがあるが、手書き変換機能は内蔵していない。ここで当然の質問であるが、変換機能のない無料アプリはどの製品なのか。その答えは予測エンジンにある。

ソフトキーボードで書くと、書き終えていない時点で、そこから連想された単語がいくつか表示され、ユーザーはその言葉をタップできる。つまり、単語をきちんと最後まで書く必要はないわけだ。

当然、有料版は特に使いやすくなっている。以前に入力したものを覚えるのである。以前に書いた文を書き始める場合は、クリックするだけで文全体を表示してくれる。

面白いことに、手書き入力はデジタルフォントのように操作でき、編集や改行、フォントサイズ、色、太字、下線などの機能を使用できる。また、テキストとイメージを合成でき、書いてそれを共有するなどmetamoji社が「ソーシャルないたずら書き」と説明しているようなこともできる。

ユーザーは書いたものをTwitterやFacebook、Eメールで送信することができる。どんな走り書きができるアプリでもDropboxやEvernoteでメモを保存できるのである。

全体的に見て、このアプリは非常にクールで革新的な要素をいくつも持っているように思う。私が自分の仕事のあらゆる場面でこれを使う、というようなことは、今すぐにはないだろうが、このソフトはまったく新しいものである。

ユーザーからさらなるフィードバックを受ければ、著しく改善されたものを提供できるようにもなるだろう。現在、同社は中国語版の試作品に取り組んでいるとのことだ。そちらの動向からも目が離せない。

以下は当アプリのデモンストレーションを撮影したものである(予め断っておくと、ところどころブレがある)。もしご自身で 7notes を試してみたい方がおられたら、iTunes store をチェックしてみてはいかがだろうか。(iPad | iPhone

【via Penn Olson 】 @pennolson