THE BRIDGE

タグ 3d

ヘッドの交換でデュアル押出機やペースト状素材の押出機などが利用出来るモジュール式3Dプリンタ「MM1」

SHARE:

ヘッドを交換することで様々な種類の押出機が利用可能になるモジュール式3Dプリンター「MM1」がクラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集中だ。目標額は50,000ドルで、既に達成している。 「MM1」にはシングル押出機、デュアル押出機、ペースト押出機と高温押出機が用意されており、ヘッド部分を交換することでそれぞれ利用が可能となるモジュールシステムが採用されている。 高温押出機…


51471f8ddda358512895897bb5c94cc7_large

ヘッドを交換することで様々な種類の押出機が利用可能になるモジュール式3Dプリンター「MM1」がクラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集中だ。目標額は50,000ドルで、既に達成している。

「MM1」にはシングル押出機、デュアル押出機、ペースト押出機と高温押出機が用意されており、ヘッド部分を交換することでそれぞれ利用が可能となるモジュールシステムが採用されている。

07df2653b162ae73bbefcd61197d8c65_large

8fb3c49fef0f5d4e14269c062c4ab89a_large

高温押出機ではナイロン、ポリカーボネートなどの素材を、 ペースト押出機ではチョコレートや、セラミック、Play-Doh, といったペースト状の素材を利用することが出来る。初心者や子供のためにオートレベリングベッドが採用されており、ヒートベッドのアタッチメントも 利用可能となっている。

これにより、3Dプリンター本体を買い替える必要なく、3Dプリンターの進歩とともに新たな機能を利用できるとしている。ユーザと一緒に成長する3Dプリンターと言えよう。

本体サイズ490 x 375 x 490 mm、ビルドエリア200 x 200 x 200 mm、重さ11kg。最小積送ピッチ0.02mm、プリントスピード 300mm/sとなっている。

早期支援者向けの999ドルの枠、 1149ドルの枠は売り切れとなっている。現在は1199ドル以上から入手可能(ワールドワイドへの送料は別途必要)。小売価格は1499ドルとなる見込み。支援者向けの発送は2015年5月が予定されている。

----------[AD]----------

スマートフォンで撮影した対象物を3Dデータ化するアプリ「123D Catch」にAndroid版も登場

SHARE:

スマートフォン端末で撮影した写真から3Dモデルデータを生成できるアプリ「Autodesk 123D Catch」が、既存のiOS版に加えてAndroid版もリリースされた。 「Autodesk 123D Catch」でアプリの指示にしたがって3Dデータしたい対象物を数枚から数十枚撮影すると、アプリで自動的に3Dモデル化してくれる。使いこなすことができれば、3Dスキャナ並みのきれいな3Dデータを作成…


20141013_123d

スマートフォン端末で撮影した写真から3Dモデルデータを生成できるアプリ「Autodesk 123D Catch」が、既存のiOS版に加えてAndroid版もリリースされた。

「Autodesk 123D Catch」でアプリの指示にしたがって3Dデータしたい対象物を数枚から数十枚撮影すると、アプリで自動的に3Dモデル化してくれる。使いこなすことができれば、3Dスキャナ並みのきれいな3Dデータを作成することもできる。

Autodeskのアカウントを作成すれば、作成した3Dデータをコミュニティサイトに共有することも可能だ。Android版/iOS版のアプリでは3Dデータの編集まではできないが、データをアップロードすればデスクトップ版やWebアプリ版の123D Catchを使って編集したり、3Dプリンターの形式に変換しスマートフォンで撮影した対象物を3Dプリンターで出力することもできる。

この動画はiOS7版だが、機能はほぼ同等。「Autodesk 123D Catch」はGoogle Playから無料で入手可能となっている。

----------[AD]----------

手描きのスケッチから3Dデータに変換しプリンティングまでしてくれるサービスが登場

SHARE:

3Dプリンターで作りたいものや出力したいものがあっても、3DCADのソフトウェアが使えないために何も出来ない人も多い。できればパソコンを使わずに手描きで描いたものをそのまま3Dプリントできないだろうか…そんな要望に答えるサービスが開発されている。 アメリカのTANGIBLE SOLUTIONSというベンチャー企業が開発する「Pango」は、手描きのスケッチやアイデアが3Dモデルになるというものだ。…


20141005_pango

3Dプリンターで作りたいものや出力したいものがあっても、3DCADのソフトウェアが使えないために何も出来ない人も多い。できればパソコンを使わずに手描きで描いたものをそのまま3Dプリントできないだろうか…そんな要望に答えるサービスが開発されている。

アメリカのTANGIBLE SOLUTIONSというベンチャー企業が開発する「Pango」は、手描きのスケッチやアイデアが3Dモデルになるというものだ。

スケッチが3Dプリンティングされるまでの手順はおおまかに以下の流れとなる。

1.「INVENTOR`s NOTEBOOK(発明者のノート)」にスケッチを描く

20141005_pango2

2.専用アプリで写真を撮影しアップロード

20141005_pango3

3.約1時間で画面上に3Dモデルが現れる

20141005_pango4

4.修正したい場合は連絡する

5.問題が無ければカラーなどを選択、3Dプリンティング

20141005pango05

6.プリントされたものが送られてくる

スケッチノートにカメラをかざすと3Dモデルが浮き上がるAR仕様で、画面を見ながら簡単に3Dモデルを確認できるようになっている。

3Dデータの変換や3Dプリンティングの精度がどの程度かはわからないが、2Dの手描きのスケッチから3Dに変換されプリンティングされるというプロジェクトは画期的だ。

現在Kickstarterでプロジェクトの支援者を募集中、目標金額は10万ドルを設定している。

----------[AD]----------

子供でも簡単に3Dモデリングができる「BlocksCAD」オープンソースプロジェクト

SHARE:

グラフィカルなユーザーインターフェースで誰でも簡単に3Dモデリングができる「BlocksCAD」が現在KickStarterで支援者を募集中だ。 STEM教育(サイエンス:Science、テクノロジー:Technology、エンジニアリング:Engineering、数学:Mathに重点を置いた教育のこと)のために開発しているとのことで、小学生でも楽しく3Dモデリングと3Dプリンティングを可能にする…


20140928_blockcad02

グラフィカルなユーザーインターフェースで誰でも簡単に3Dモデリングができる「BlocksCAD」が現在KickStarterで支援者を募集中だ。

STEM教育(サイエンス:Science、テクノロジー:Technology、エンジニアリング:Engineering、数学:Mathに重点を置いた教育のこと)のために開発しているとのことで、小学生でも楽しく3Dモデリングと3Dプリンティングを可能にする。

実際にこの「BlocksCAD」を使って8歳の子どもにも3Dデザインを教えることに成功したそうだ。

20140928_blockcad01

この「BlocksCad」は、オープンソースの非対話的にモデリングする3D CADのソフトウェアである「OpenSCAD」をベースとし、そこに、ドラッグアンドドロップのユーザーインターフェースを加えている。ドラッグアンドドロップでオブジェクトを構成していくので、プログラミングを覚えなくても3Dモデリングができ、またブラウザベースで動作するため、OSに依存することもない。

記事執筆時点で目標金額の42000ドルに対し、5600ドルが集まっている状態で残り6日。30ドル以上の支援でBlocksCADのベータテストに参加できる。2015年1月にリリース予定で、目標額達成後はオープンソースとして公開するとのこと。

----------[AD]----------

立体的に描く3Dペン「3Doodler」でラジコン飛行機を作った猛者が現る

SHARE:

立体的に描くことができるペン型3Dプリンター「3Doodler」で実際にラジコン飛行機を作ってしまった人が登場した。 3Doodlerといえば、世界で最初のペン型3Dプリンターとして、Kickstarterで約2億4千万円の資金を調達し製品化を実現。日本でも正規の代理店を通して、すでに1万6千円で国内販売されているが、作れるものは三次元の落書きぐらいだと思っていたら大間違い。 イギリスのデザイナー…


20140702_3doodler01

立体的に描くことができるペン型3Dプリンター「3Doodler」で実際にラジコン飛行機を作ってしまった人が登場した。

3Doodlerといえば、世界で最初のペン型3Dプリンターとして、Kickstarterで約2億4千万円の資金を調達し製品化を実現。日本でも正規の代理店を通して、すでに1万6千円で国内販売されているが、作れるものは三次元の落書きぐらいだと思っていたら大間違い。

20140702_3doodler02

イギリスのデザイナーMatthew Butchard氏によって作成されたラジコン飛行機は、骨組み、モーターマウント、操縦翼面、すべて3Doodlerで作られている。

実際にどのように作られたのか、製作過程の情報や写真は彼のブログに詳しく紹介されている。

この動画を見れば実際に飛んでいる姿が確認できる。

さらに、Butchard氏はDoodlerでリモコンカーまで作ったそうだ。車輪のアーチ部分を制作するのに一番苦労したとか。

20140702_3doodler03

----------[AD]----------

続々と登場する3Dプリンター関連サービス、必要なのは3Dデータクリエイターとユニークな発想

SHARE:

先日、青山に「AOYAMA 3D SALON」というスペースがオープンした。以前、クリエイティブ集団Partyが、表参道で期間限定で実施したキャンペーンに似た内容のサービスを提供しており、同スペースでは訪れた人がまるで写真を撮るのと同じように(値段以外は)自分やパートナー、家族、友人などのフィギュアを作成することができる。 3Dプリンターを利用したフォトスタジオのようなサービスは中国、西安にもあり…

aoyama3dsalon

先日、青山に「AOYAMA 3D SALON」というスペースがオープンした。以前、クリエイティブ集団Partyが、表参道で期間限定で実施したキャンペーンに似た内容のサービスを提供しており、同スペースでは訪れた人がまるで写真を撮るのと同じように(値段以外は)自分やパートナー、家族、友人などのフィギュアを作成することができる。

3Dプリンターを利用したフォトスタジオのようなサービスは中国、西安にもあり、日本に限らずアジア地域において、3Dプリンターやスキャナー等を備えたスペースだったり、利用したサービスが数多く登場してきている。先日も3Dレンダリングショーケースを紹介した

本日、また新たな3Dプリンター関連のサービスが発表された。rinkak(リンカク)と呼ばれるサービスは、3Dを制作してアップロードすると、サービス上から素材を選んでプロダクトを製造できるというもの。製造したプロダクトは、rinkaku上で販売することもできるようになるという。

これらと同系統のサービスは海外では「i.materialise」、「Sculpteo」、「Shapeways」といったものが挙げられる。いずれも3Dデータのアップロードによって3Dプリンティングを可能にし、製造したプロダクトを同サービス上で販売できるというものだ。

imaterial

こうしたサービスでは、どれだけクオリティの高いプロダクトが生まれてくるかが鍵となってくる。rinkakは現在クローズドβ版の事前登録を開始した段階だが、リリース後、まずはセンスの良いクリエイターと顧客をどう集めてくるのかが大切になってくるだろう。

rinkakは、ハンドメイドに対して、デジタルメイドという言葉を用いている。個人的にはデジタル製造技術を用いて作られたものが人々の心をつかむ際の流れは、ハンドメイドとは異なってくる。とくに、サービスを通じて決められた素材や色のパターンの中から製造するとなるとなおさらだ。いかに豊かな発想を持てるかが、差別化要因のひとつにはなるのではないだろうか。

筆者が最近3Dプリンター関連んでおもしろいと思ったのは、ペンで立体を描くことができる「3Doodler」と、近隣の3Dプリンターを使用できるスペースを検索できる「makexyz」あたりだ。

注目を集める3Dプリンター関連のサービスだが、もはや3Dプリンターを用いているというだけでは差別化にはならない。プロダクト単体以外にも、サービスとしても他から頭ひとつ抜けるためにはユニークなアイデアが必要になってきている。

----------[AD]----------

Poynterが3Dレンダリングショーケースをローンチ、世界を狙う

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 東京を拠点にするスタートアップ、Poynterが昨日、3Dモデラーたちが彼らのフィギュアやイラスト、写真などをシェアできるウェブベースの3Dレンダリングショーケースをローンチした。世界中のボーカロイドのファンコミュニティをターゲットにし、英語と日本語の両方で提供する。 バーチャルなフィギュアをオンラインで共有するには…

process3

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京を拠点にするスタートアップ、Poynterが昨日、3Dモデラーたちが彼らのフィギュアやイラスト、写真などをシェアできるウェブベースの3Dレンダリングショーケースをローンチした。世界中のボーカロイドのファンコミュニティをターゲットにし、英語と日本語の両方で提供する。

バーチャルなフィギュアをオンラインで共有するには、これまでレンダリングアプリをデスクトップ上で起動させ、映像をキャプチャした後、映像をYouTubeのようなサイトでシェアするしか方法がなかった。Poynterのアプリは、ユーザが望むようにスクリーンを動かし、作品を見ることができるようにする。これはより楽しい体験だろう。

同社は、近い将来、人工知能技術のようなサービスとの統合を計画している。3Dモデルをユーザの口頭でのコマンドによりインターネット上で動かすことをできるようにしたいと考えている。同スタートアップのCEO竹内裕喜氏によれば、可能性のあるマネタイズモデルは、バナー広告とサイト上での販売から収益を得ることを考えているという。

同スタートアップは、2012年にローンチされた。東京のインキュベーター、サムライインキュベートのシード投資を受けている。

【原文】

----------[AD]----------

中国・西安に3Dプリンターを用いたフォトスタジオが誕生

SHARE:

【原文】 Shanghaiistが中国の都市・西安にあるとてもクールな3Dフォトスタジオを紹介している。全プロセスの所要時間は、顧客の体を3Dスキャナーでスキャンするのに15分、その後の3Dプリンターでプリントに2~3時間だ。 こういうサービスが世界中で出始めているのは本当に素晴らしいことだ。つい先日にも、東京に同じようなサービスが生まれている。このサービスも素晴らしいものだ。自分のミニチュアが使…

【原文】

Shanghaiistが中国の都市・西安にあるとてもクールな3Dフォトスタジオを紹介している。全プロセスの所要時間は、顧客の体を3Dスキャナーでスキャンするのに15分、その後の3Dプリンターでプリントに2~3時間だ。

こういうサービスが世界中で出始めているのは本当に素晴らしいことだ。つい先日にも、東京に同じようなサービスが生まれている。このサービスも素晴らしいものだ。自分のミニチュアが使えるかも!

3d-printing-china-680x422

[ Source : news.163.com ]

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------