THE BRIDGE

タグ LG

これからのスマホは「タッチレス」?ーーLGが新機種のティザー広告を公開、MWC 2019で発表へ

SHARE:

ピックアップ:LG teases ‘goodbye touch’ for MWC smartphone reveal ニュースサマリー:LGが新たに発売するスマートフォンの新機能として「タッチレス」を思わせる予告動画を22日に発表した。動画では「Goodbye Touch」とだけ触れられていて詳細は不明だが、2月24日スペイン・バルセロナで開催予定のMWC 2019(Mob…

lgtouchless.png

ピックアップ:LG teases ‘goodbye touch’ for MWC smartphone reveal

ニュースサマリー:LGが新たに発売するスマートフォンの新機能として「タッチレス」を思わせる予告動画を22日に発表した。動画では「Goodbye Touch」とだけ触れられていて詳細は不明だが、2月24日スペイン・バルセロナで開催予定のMWC 2019(Mobile World Congress)にて明かされる予定だ。

LGにとってタッチレススマホを発売となれば、同機種におけるフラッグシップモデルとなる可能性がある。Appleがパイオニアとして発表し、各企業が追随した「ノッチ(画面上部の切り欠き)」のような変化を起こせるだろうか。

----------[AD]----------

LGがWi-Fiにつながり遠隔操作可能な洗濯機を発表

SHARE:

LG’s New Twin Wash System Washing Machine – Business Insider 現在、ラスベガスで開催中のCES 2015で、LGが新しい洗濯機を発表したそうです。この洗濯機は「Twin Wash System」というシステムを搭載していて、写真を見てわかるとおり2つ同時に洗濯が可能だそう。 もちろん、Wi-Fiに接続することもでき…

LG_Twin_Wash_System_500

<ピックアップ>LG’s New Twin Wash System Washing Machine – Business Insider

現在、ラスベガスで開催中のCES 2015で、LGが新しい洗濯機を発表したそうです。この洗濯機は「Twin Wash System」というシステムを搭載していて、写真を見てわかるとおり2つ同時に洗濯が可能だそう。

もちろん、Wi-Fiに接続することもできて、遠隔操作もでき、洗濯が終わったらアラートを飛ばしてくれるなども可能な洗濯機。新しいプロダクトが登場するだけでなく、それがインターネットに接続し、沿革で操作できたり通知してくれるというのは徐々にスタンダードになりそうです。

via Business Insider

----------[AD]----------

LGがアンドロイドベースのスマートウォッチをチラ見せ 【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします LG shows another photo of its Android Wear-powered G Watch GoogleがSXSWで発表したウェアラブル向けAndroidのSDKですが、こちらをベースにしたスマートウォッチをLG-UKがチラ見せしています。掲載されている写真は元々LGが発表したも…

image

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

LG shows another photo of its Android Wear-powered G Watch

GoogleがSXSWで発表したウェアラブル向けAndroidのSDKですが、こちらをベースにしたスマートウォッチをLG-UKがチラ見せしています。掲載されている写真は元々LGが発表したものにAndroidSDK発表後、アップデートがかかったもの。LG曰く「Googleと共同で開発中の代物」だそうです。

さてさて、ぽろぽろと試作品がでてきつつあるスマートウォッチ戦争、これから盛り上がるのでしょうか。ちょっと楽しみです。

via The Verge

----------[AD]----------

中国産のスマートフォン、中国国内市場で60%のシェアを占める

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 ここ数年、中国企業はスマートフォンを着々と量産してきた。一方、NokiaやLGといった世界的ブランドは、各地で市場シェアを失っている。調査会社Canalysによると、その結果2012年第3四半期の時点で、中国のスマートフォン市場では中国ブランドが60%を占めている。 調査会社の調べによると、スマートフォンブランドトップ5社はSamsung、Lenovo、Co…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

China-Mobile-Internet

ここ数年、中国企業はスマートフォンを着々と量産してきた。一方、NokiaLGといった世界的ブランドは、各地で市場シェアを失っている。調査会社Canalysによると、その結果2012年第3四半期の時点で、中国のスマートフォン市場では中国ブランドが60%を占めている。

調査会社の調べによると、スマートフォンブランドトップ5社はSamsungLenovo、CoolPad、Huawei(華為)ZTE(中興)だ。Samsungは韓国企業だがその他はもちろん国内ブランドである。

この動向がこのまま続くのか、誰もが推し量りかねる。Lenovoの最近の活躍ぶりは中国勢の独占市場の兆しであり、近頃同社のモバイル部門は順調だ。一方ZTEは人員と資金の流出に歯止めがきかず、モバイル部門の削減(事実上破産)が待ちうけている模様だ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

韓国電子機器大手LG、android携帯用ストリート・ファイターIVの配信独占権を獲得

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 韓国の電子機器企業LGは日本のゲーム開発企業カプコンと契約を結び、LGがアンドロイド携帯向けストリート・ファイターIVの配信独占権を得たという大きなニュースを発表した。 人気あるこのゲームは今年第4四半期にはLGのグローバルアプリサイトに登場する予定で、これまでに最もポピュラーなゲームフランチャイズとして、消費者に興奮と知名度をもたらすことになるだろう。 同…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

韓国の電子機器企業LGは日本のゲーム開発企業カプコンと契約を結び、LGがアンドロイド携帯向けストリート・ファイターIVの配信独占権を得たという大きなニュースを発表した。

人気あるこのゲームは今年第4四半期にはLGのグローバルアプリサイトに登場する予定で、これまでに最もポピュラーなゲームフランチャイズとして、消費者に興奮と知名度をもたらすことになるだろう。

同社CEOのJong-seok Park博士は、消費者にHDコンテンツを提供する重要性をこのように話している。

当社初のHDスマートフォンの導入準備を進めるにつれ、この携帯の特長を上手く示すHDコンテンツを提供することが重要であった。ストリート・ファイターのHDバージョンは、確実にその目的を満たすであろう。また、LGがまもなく発表するHDディスプレイの技術を見れば、ストリート・ファイターのファンは再びそのゲームで遊びたくなると確信している。

ストリート・ファイターは先日開催された東京ゲームショーで大きく宣伝され、ストリート・ファイターX鉄拳は大々的に紹介された。もし当社のフェイスブックページのファンであれば、東京ゲームショーでも多くの素敵な女性がカプコン商品を紹介していたのにおそらく気づいたであろう。

数週間前に我々がお伝えしたように、カプコンは同社の将来的な成功は海外戦略に大きく左右されると十分に承知している。そのために、海外での事業を拡大していくにはスマートフォンが最も近道である。LGとの提携はその目的を果たすためには前途有望なステップである。

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------