BRIDGE

タグ STORYS.JP

名刺にのらないストーリーの投稿件数は7,000件、「STORYS.JP」がiPhoneアプリをリリース

SHARE:

自分だけの“人生のストーリー”を投稿する空間「STORYS.JP」が、iPhoneアプリをリリースした。「名刺にのらないストーリー」というコンセプトのもと、STORYS.JPが登場したのは2013年3月のこと。現在ストーリーの総投稿件数は約7,000件で、人気ストーリーの『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』が書籍化されるなど着々と成長している。1年間の運営を、チー…

storys.jp-iphone-app

自分だけの“人生のストーリー”を投稿する空間「STORYS.JP」が、iPhoneアプリをリリースした。「名刺にのらないストーリー」というコンセプトのもと、STORYS.JPが登場したのは2013年3月のこと。現在ストーリーの総投稿件数は約7,000件で、人気ストーリーの『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』が書籍化されるなど着々と成長している。1年間の運営を、チームメンバーの大塚雄介さんに振り返ってもらった。

mixi日記やブログ更新が難しくなった人が新たにたどり着く場所

サービスを開始した当初、周囲からは「いまさら長文を投稿するCGMは無理じゃないか」、「コンセプトはいいいが投稿するハードルが高すぎる」といったネガティブな意見も多く聞かれた。しかし、蓋を開けてみると、mixi日記を使っていた層やブログの継続が難しくなってしまった人、またTwitterやFacebookの数行では満足できないといった人が次のプラットフォームにSTORYS.JPを選んでくれている。

起業家や著名人のストーリーは当然目立つものの、主婦やOL、新入社員や学生など、幅広い人々が自らのストーリーを投稿している。こうしたオープンなプラットフォームに思わず投稿したくなるような出来事は普段の生活ではそうそう起こらない。それにも関わらず、人々がSTORYS.JPを使い続ける理由は何なのか。

「単なるツールではなく、ストーリーを書く空間、プラットフォームやコミュニティを作ることにこだわってやってきました。人は自分のストーリーを書く時にどんなことを嬉しく感じるのか?自分たちだったらどうしたらストーリーを書きたくなるのか?膨大な量のUXをチームで議論し、仮説検証し続けています。」

努力して這い上がる姿を描いたストーリーに集まる共感

投稿されるストーリーの中でも一番人気は、どん底から這い上がって頑張る姿を描いたようなストーリーだという。具体的には、『あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話』や、前述の『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』など。努力を美学とする日本人文化、何かに向かって必死に励むピュアな心を感じさせるストーリーに人の心は動かされるようだ。

人間ドラマのようなストーリー以外にも、例えば平日の夜9時から深夜にかけてはもう少しライトなストーリーがよく読まれる。もがきながらも挑戦する20代たち30代独身男女の恋愛リアルレポートダメ男に惚れる女たちといった気軽に読める面白路線のコンテンツも話題を集めている。

STORYS.JPのストーリーの投稿にはFacebookログインを要する。素性を明かした上で、自分の身の上話をすることに抵抗はないのか。むしろ、それを有効に活用する姿勢が増えていると大塚氏はいう。

「企業の看板に頼る時代は終わり、これからは個人の時代。自分の身の上話を伝えることで共感者と出会い、豊かな人生を送りたいと願う人が増えていると感じます。これはキャリアなどを見据えた自己ブランディング欲が強い人だけでなく、自分から発信することで趣味や境遇が同じ人たちと繋がりたいという思いがあるようです。」

トライアンドエラーの中で生まれた成功と失敗

STORYS.JPの機能に関するトライアンドエラーは数えきれない。良かれと思って追加した機能が思うように使われない失敗もあった。例えば、ストーリーリクエストという機能。他のユーザーが、特定の人にストーリーを聞かせてほしいとリクエストできる。しかも、A氏のこんな話が聞きたいという内容を、リクエストする側が自由にタイトルをつけてSNSに投稿できてしまう。ただ、これは機能先行で考えてしまったため、機能を与えられたユーザーがどう使ってよいか迷ってしまい、結局よくわからない機能になってしまった。

反対に、追加した機能で反響が良かったのは「書きかけの次のストーリーを入れる」機能だ。STORYS.JPの使われ方を見ていると、連載のように続けて投稿している人がいることが発覚した。そこで、ストーリーの最後に続きのストーリーを書きかけとして設定できる機能を追加。これによって著者は読者を事前に集めることができ、読み手はストーリー投稿の通知を受けることで読み逃すことがなくなる。

常にストーリーを共有するユーザーの立場に立ってサービスを作り込んでいるチームだが、これほどまでの反響の大きさには驚いているという。

「自分たちが想像していた以上に、STORYS.JPのコンセプトである「名刺にのらないストーリー」ということに共感してくれる人が多いことに驚きました。サービスに共感して、一緒に働きたいと連絡をいただくことも多いんです。また、積極的なプロモーションをしなくても、ユーザーさんたちがSTORYS.JPを広めてくれています。先日は、地方の学校のある先生が、「このストーリーは受験のためになるから読んでおくように」と生徒に薦めているという話を聞きました。」

人生の可能性を広げる世界を作る

Storys.jp-iPhone-capture今回リリースしたiPhoneアプリでは、ウェブのSTORYS.JPと全く同じことができる上、アプリ限定の機能「トークストーリー」を搭載している。iPhoneでストーリーを書くのは、移動中などちょっとした隙間時間。時間をかけて書く本気のストーリーだけでなく、軽い会話のような内容を気軽に投稿してもらうため、吹き出し式(メッセージ式)のUIを実験的に実装した。PCを持っていないiPhoneオンリーのティーンエイジャーなどにも使ってもらうことを狙う。

STORYS.JPのチームは現在4人チーム。CTO、エンジニア、マーケティングとアライアンス担当、そしてインターン。STORYS.JPを愛し、共に本気で世界を変えようと思ってくれる人材を常に募集している。

STORYS.JPはこれからどこに向かうのか。

「これはサービスリリース時から一貫して変わっていませんが、有名な人や著名な人ではなくても、人生の可能性を広げる世界を作る。このために、これからも多くのストーリーを集めていきたいと思います。」

ソーシャルグラフを使ったウェブサービスのコンペティション「Graph Hackアワード2013」が開催

SHARE:

サノウラボは、GMOアドパートナーズが運営するインターネット・サービスの研究開発イニシアティブだ。サノウラボは毎年 Graph Hack Award というコンペティションを毎年開催しており、スタートアップ各社がソーシャルグラフを活用したサービスで凌ぎを削っている。 昨日、サノウラボは Graph Hack Award 2013 の授賞式を行い、ファイナリスト5社が審査員、投資家、メディア等の前で…

graphhackaward2013-featured

サノウラボは、GMOアドパートナーズが運営するインターネット・サービスの研究開発イニシアティブだ。サノウラボは毎年 Graph Hack Award というコンペティションを毎年開催しており、スタートアップ各社がソーシャルグラフを活用したサービスで凌ぎを削っている。

昨日、サノウラボは Graph Hack Award 2013 の授賞式を行い、ファイナリスト5社が審査員、投資家、メディア等の前でピッチを行った。これらファイナリスト5社について見ていきたい。グランプリ受賞者には100万円、それ以外のファイナリストには、それぞれ15万円の賞金が送られた。

なお、審査を行ったのは次の方々だ。

  • グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー 高宮慎一氏
  • 小学館デジタル事業局新規事業室室長 高橋芳明氏
  • DeNA Mobage統合事業本部 椙原誠氏
  • ドコモ・イノベーションベンチャーズ 三好大介氏
  • 松本真尚氏(元Yahoo Japan CIO)
  • Paperboy & Co 代表取締役社長 佐藤健太郎氏
  • GMOアドパートーナーズ 代表取締役社長 高橋信太郎氏

<グランプリ受賞> ohaco

  • ohacoザワット 原田大作氏

ohaco は、カラオケに行く相手を見つけられるサービスだ。時代とともにカラオケニーズは多様化しており、以前は職場の終業後などに同僚と行くケースが多かったのだが、最近では「ひとりカラオケ」なども一般的だ。一人でカラオケに行くと寂しいので、自由にカラオケに一緒に行ける友人を誘えるサービスが ohaco である。

Facebook ログインによって、ユーザ・プロファイルからインタレストを抜き出し、音楽の嗜好などの条件が合うユーザをマッチングさせ、一緒にカラオケに出かけることを促す。10/3から Twitter ログインにも対応した。グランプリ受賞賞金(100万円)を使って、100人規模のソーシャル・カラオケ(ソーシャル・グラフによるマッチングで、100人を集めたカラオケ)を実施してみたいと原田氏は抱負を語った。

ザワットはこれまでに、募集コミュニティの WishScope をリリースしているが、本イベントでグランプリ受賞した「ohaco」に加え、KDDI∞Labo でインキュベーション対象に選定された「スマオク」なども、すべて同じ WishScope エンジンという、ソーシャル・グラフ技術をベースにしたものだということだ。将来的には、これら複数サービスを連携し、インタレスト・ベースのサービス・ブティックを作りたい計画のようだ。

<優秀賞> planBCD

planBCD はウェブサービスのUI改善を効率化するグロースハック・ツールだ。ウェブサービスのA/Bテストを用意に実施することができ、この一連の作業をクラウドソーシングすることもできる。これまでのPC画面のテストに加え、10/3 からスマートフォンUI への対応を開始した。競合の Growth PushFello は、スマートフォンに特化した A/Bテストを提供しているが、planBCD のスマートフォン対応に伴い、この分野の争いはさらに激化するものと考えられる。

<優秀賞> Street Academy

Street Academy は、C2C で教える機会を提供するプラットフォームだ。人に何かを教えたい人に、講座を開設し、生徒を集め、授業料を決済する機能を提供する。2012年8月のサービスローンチ以降、これまでに450講座が開設されており、1講座平均で2〜3回授業が実施されているので、通算で1,000回程度の授業が開催されたことになる。一回あたりの授業単価は2,000円〜3,000円で、主にウェブ技術、写真撮影、ヨガなどの講座に人気があるということだ。

<優秀賞> STORYS.JP

STORYS.JP は個人が持つ背景、ストーリーを伝えることを目的としたサービスだ。平均的な人々にとっては、いきなり長文を書くのは辛いので、まずはタイトルのみを共有し、その話の内容に興味を示した他のユーザが集まった段階で、文章の執筆を促す。ユーザはその行動から次の3つのパターンに大別されるとのことだ。

  1. 他の人のストーリーを読むだけの人
  2. サービスを使い始めて、自分の数度書いたり、他の人のストーリーを読む人
  3. ヘビーユーザー

特に 3. においては、STORYS.JP は執筆するストーリーの投稿数には制限は設けていないので、中には、16回にわたって連載しているユーザーも居るという。

<優秀賞> ietty

  • iettyietty 小川泰平氏

大手不動産会社出身の小川氏が、不動産賃貸市場に風穴を開けるべく開発したサービス。不動産業者にとっては、顧客が不動産屋を訪ねてくれるのを待つ「待ちのビジネス」。一方、顧客にとっては、掘り出し物の物件を見つけるには、不動産情報ネットワークには載らない物件を探すべく、物件地元の元請不動産業者を訪ねる必要がある。

ietty では、従来の不動産サイトように陳列された一覧からユーザが物件を探すのではなく、ユーザから希望する物件情報を提示し、それに見合った物件を不動産業者から紹介してもらう。非公開の物件情報も入手できるため、顧客は掘り出し物の物件を見つけられる可能性が高くなる。不動産業者は成約ベースで手数料を ietty に払うため、導入リスクが極小化されている。2013年6月にベータ版を公開し、これまでに不動産業者8社と提携している。


ソーシャルなサービスが、ソーシャルなだけで完結していたのは2012年までの話。今年は、ソーシャルにO2Oの要素を盛り込み、マネタイズにつなげようという動きが加速している。この種のビジネスは、Eコマース等と違って、一定規模の売上が見込めるようになるまでには相応の時間が必要だ。

特に、先日の500videos の記事にも書かれていた AirBnB の努力のように、ユーザとコンテンツの〝ニワタマ問題〟を解決するには、ネットワーク効果が現れるまでは結局のところ、最初は自分の手足を使って、良質なコンテンツを集めるべく額に汗するしかない。今回、ファイナリストに残ったスタートアップ5社は、程度の違いこそあれど、まさにこのフェーズにあるようだ。近い将来、いいサイクルに転じることを信じて邁進してほしい。

「STORYS.JP」で、名刺からだけではわからない相手が持つストーリーを知る

SHARE:

ビジネスの現場で、名刺交換したことがない人はいないだろう。名刺を交換したことで得られる相手の情報は、名前、連絡先、所属くらいだ。「STORYS.JP」は、名刺からだけではわからない、その人個人が持つ背景、ストーリーを伝えることを目的としたサービス。 レジュプレス株式会社が2月27日にリリースした同サービスは、Facebookの実名制を活用し、登録時に過去の経験や、関わったプロジェクト、共に働いた仲…

storys

ビジネスの現場で、名刺交換したことがない人はいないだろう。名刺を交換したことで得られる相手の情報は、名前、連絡先、所属くらいだ。「STORYS.JP」は、名刺からだけではわからない、その人個人が持つ背景、ストーリーを伝えることを目的としたサービス。

レジュプレス株式会社が2月27日にリリースした同サービスは、Facebookの実名制を活用し、登録時に過去の経験や、関わったプロジェクト、共に働いた仲間などの質問に答えていくことで通常名刺にのらない、バックグラウンドを蓄積することができる。また、友人のストーリーも読み事ができ、これまで知らななかった背景を知ることで、さらに結びつきを深める事も目的としている。

情報量が増加し複雑化した現代では、多くの人々は身近にいる人のバックグラウンドを理解することができていないのでは、とSTORYS.JPのチームは考えている。その問題を解決することを目指してこのサービスを立ち上げたそうだ。

異なる経験をした人々が、互いの背景を理解し合あい、協力し合うことで様々な問題を解決するアイデア生み出すことができると私たちは信じています。

自分のストーリーを蓄積していくことは、自己開示に近いのではないだろうか。自己開示は組織内コミュニケーションの活性化を図る上でも、重要な要素の一つとなっているという。組織内だけでなく、組織外との仕事が発生することが増えている今、よりスムーズに物事を運ぶためにこうしたサービスは有用かもしれない。

ただ、実名で自らのことを語り、その記録を公開する文化は日本にはあまりないようにも思う。どれだけこうしたサービスが人々に受け入れられるのかに注目したい。