THE BRIDGE

タグ Zawatt

ブランド品C2Cの「スマオク」が越境ECに対応——英語・中国語への翻訳機能を備え、世界4地域に販売可能に

SHARE:

C2C ブランド品オークション・プラットフォーム「スマオク」を運営するザワットは16日、海外のユーザが現地環境でアクセスできる「SMAOKU(思暮客)—スマオク越境版」を公開した。対応地域は、アメリカ・香港・台湾・シンガポールの4地域で、インターフェイスは英語と中国語の繁体字に対応している(現在のところは、中国語・簡体字が採用されているシンガポールや、英語のアメリカ向けにも、中国語・繁体字で提供さ…

smaoku-global-interface_featuredimage

C2C ブランド品オークション・プラットフォーム「スマオク」を運営するザワットは16日、海外のユーザが現地環境でアクセスできる「SMAOKU(思暮客)—スマオク越境版」を公開した。対応地域は、アメリカ香港台湾シンガポールの4地域で、インターフェイスは英語と中国語の繁体字に対応している(現在のところは、中国語・簡体字が採用されているシンガポールや、英語のアメリカ向けにも、中国語・繁体字で提供されている模様)。

smaoku-global-seller-inquiry
買い手(中国語)から売り手(日本語)への問い合わせインターフェイス。質問が選択式であるため、正確に伝わる。

このインターフェイスの公開により、日本のユーザは、これまで「スマオク」のサイトやアプリ( iOS / Android )でブランド品を国内出品するのと同じ要領で、海外のユーザにも出品範囲を拡大することができる。売り手と買い手の言語障壁を、自動翻訳機能や商取引に必要な会話テンプレート集で大幅に緩和。このほか、輸出時に必要な税関申告書類の自動作成機能、売り手が国内倉庫に商品を送付するだけで海外の買い手に転送される機能、VISA / MASTER カードによる決済機能により、上記4地域からの買い手を受け入れることができる。

海外出品利用にあたっては、日本の売り手ユーザは、アプリのマイショップページで「海外販売」をONにするだけで対応可能。スマオクの国内利用においては、成約時に売り手が取引手数料10%(スマオク公式ショップは5.4%)をザワットに支払うが、海外出品では、決済手数料と送料を買い手が負担する仕様となっている。

ザワットは昨年6月、今回リリースされた越境EC対応を目的として2.5億円を資金調達している。この際の投資家の中には、中国の VC である SIG Asia Investments(海納亜洲創投)が含まれているが、越境EC の需要が多い中国が、今回のサービス対応地域に含まれないことは不可解である。

smaoku-global-deliveryこの点について、ザワット CEO の原田大作氏に尋ねたところ、中国は関税が高いこと(商品カテゴリによっては安いが、ブランド品であるため)、サーバの立て方が他地域と異なること(Great Firewall=金盾や海外との回線の細さの問題から、中国国内にサーバを立てる必要があり、ICP ライセンスが必要になる)、プロモーション方法の違い(Facebook が使えない)、決済方法の違い(UnionPay=銀聯や、AliPay=支払宝などが主流)などから、実装方法を検討中とのこと。今回の対応4地域の反応を見ながら、年内に中国本土向けのサービス開始を目指したいとした。

中国に行くと、通常の Eコマースではなく、越境EC(跨境電商)というトピックにフォーカスした講演イベントが開かれているのをよく見かけるが、越境 EC の多くは、日用品や消耗品など新品商品の取り扱いが占めている。ブランド品のリユースの越境EC は、商品供給側に、ブランド品を丁寧に使う日本人消費者がいるこそなせるビジネスモデルと言え、このセグメントに限れば、Alibaba など大手を差し置いて、スマオクが優位に立てることも考えられるだろう。

<関連記事>

----------[AD]----------

ブランド品オークションサイト「スマオク」のザワットが2.5億円を調達、C2Cの越境ECをアジアへ展開

SHARE:

C2C のブランド品オークションサイト「スマオク」を運営するザワットは11日、IMJ Investment Partners(IMJ-IP)、中国系の SIG Asia Investments(海納亜洲創投)、および、SIG と関係の深い日本の VC である MS キャピタルから総額2.5億円を調達したと発表した。今回の調達を受けて、ザワットは IMJ-IP の親会社にあたる T-MEDIA ホー…

zawatt-daisaku-harada-nobuaki-suzuki

C2C のブランド品オークションサイト「スマオク」を運営するザワットは11日、IMJ Investment Partners(IMJ-IP)、中国系の SIG Asia Investments(海納亜洲創投)、および、SIG と関係の深い日本の VC である MS キャピタルから総額2.5億円を調達したと発表した。今回の調達を受けて、ザワットは IMJ-IP の親会社にあたる T-MEDIA ホールディングスと共に日本国内向けの中古品売買を拡大、また、SIG Asia Investments や MSキャピタルとの関係により、中国をはじめとするアジア各国向けのリユース商品の越境EC(海外進出支援)に注力する。

<関連記事>

ザワットは2011年5月の創業。これまでに不要品の融通や仲間同士の情報交換ができる掲示板サービス「WishScope(ウィッシュスコープ)」、カラオケに一緒に行く相手を探せる「ohaco(オハコ)」などをリリースしてきた。簡単な操作で商品を出品、落札できる C2C アプリの「スマオク」を2013年10月にリリースし、このアイデアで KDDI∞Labo(ムゲンラボ)第5期Demo Day で優勝した。スマオクでは、最短5分で勝負が決まる、リアルタイムオークション形式で、まるで本物のオークション会場にいるかのようなエキサイティングなショッピング体験を追求している。

ヤフオクはもとより、メルカリなどのフリマアプリ、minne などのハンドメイドC2Cアプリ、さらに、楽天や ZOZOTOWN など大手からもフリマアプリが続々リリースされ、この分野はレッドオーシャン化している。そんな中、ザワットはスマオクの買い手ユーザをリサーチしたところ、あるインサイトが得られたのだという。

同社 CEO の原田大作氏が説明してくれた。

リサーチをしてみると、外国籍の方が何十回も購入しているローヤルカスタマであるケースが多いことに気づきました。一方、リアルなオークション会場を訪れると、中国、台湾、タイ、インド等、アジアのバイヤーが日本人が手の届かない金額で落札を決めている事実があります。そこでは、Made in Japan product(日本製の新品商品)ではなく、Appraised in Japan 2nd hand(日本で鑑定・チェックされた良質で安価な中古品)にニーズがあるわけです。

そこで、日本で出品された商品を海外のユーザに届ける、という越境コマースを目指し、スマオクを、日本の売り手ユーザーにとっては、どこよりも高く売れるマーケットプレイス、買い手ユーザに対しては、レアな商品が気軽に買えるマーケットプレイスにすることにしました。ただ、日本の多くのユーザは英語を話せないので、物流や言語のサポートを行うなど、裏側のカスタマーサポートに力を入れていきたいと考えています。

言語、決済、物流など、国内市場とは異なるバリア(障壁)が存在することで、それを乗り越える手段を提供するビジネスが生まれる。情報や商品をニーズの高い市場へ移動させることで価値が生み出されるのは、世界各地で貿易商たちが財を成してきた歴史を見ても明らかだ。

日本の商品を海外に個人が販売する手段としては、eBay や Taobao はもとより、Monoco がピボットする前の FlutterScape など、これまでにも数多くのプラットフォームが提供されてきた。ただ、明らかに現在の状況がこれまでと異なるのは、世界的に見ても C2C が一般消費者に定着してきたという点だ。日本の 2nd hand、オークションというエンターテイメント性や臨場感、越境ECの敷居を下げることで、スマオクがアジアの消費者をどれだけ魅了できるかが見ものである。

ザワットは、2011年にシードラウンドで個人投資家とサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)から約1,000万円、2012年にみずほキャピタル、SMBCべンチャーキャピタルから約4,000万円、2013年にはシリーズAラウンドでCAV、アドウェイズから約5,000万円を調達している。

smaoku_featuredimage

----------[AD]----------

ユーザ・エクスペリエンスの追求で、忙しい女性のためのオークション・アプリを目指す「スマオク」

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから 数日前(原文掲載日:10月9日)、ヤフオクが個人ユーザ向けの出品手数料を無料化し、ストアの月間出店料18,900円を撤廃すると明らかにした。中古市場に多くの競合が参入する中、今回のヤフーの措置は既存顧客を引き留めるためのものだが、この賑やかな市場に、他社の追随を抑制するのには、あまり役立たっていないようだ。今月初め、2…

Smart-Auction-620x229

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

数日前(原文掲載日:10月9日)、ヤフオクが個人ユーザ向けの出品手数料を無料化し、ストアの月間出店料18,900円を撤廃すると明らかにした。中古市場に多くの競合が参入する中、今回のヤフーの措置は既存顧客を引き留めるためのものだが、この賑やかな市場に、他社の追随を抑制するのには、あまり役立たっていないようだ。今月初め、20〜30歳代の女性をターゲットとした、スマオクという新しいアプリがリリースされた。

この年代の女性の多くは日々の生活に忙しく、クローゼットの中を整理する時間もとれない。彼女達は、現金収入も得られるので、オンライン・オークションで洋服の処分を検討してみるものの、多くのオンライン・オークションサイトは使いにくく、質屋のようなオフラインの方法では価格交渉もできない。このような問題の存在から、スマオクのようなサービスにチャンスが巡ってくることになるわけだ。

スマオクでは、20歳以上の女性なら誰でも店舗を開設し、スマートフォンで撮影した写真をアップロードできる。現在は招待制のため、サイト上でハイエンドなブランドものを売り買いできるユーザは限られている。

スマオクを提供するザワットのCEO原田大作氏に話を聞くことができた。他のフリマアプリと差別化している点について、彼は次のように説明してくれた。

ユーザ・エクスペリエンスの観点から、フリマとオークションは全く異なるものです。フリマは店主のマネをするのを楽しみ、お客とのコミュニケーションを楽しむものなので、一般的に若い世代に受け入れられやすい。一方、オークションサイトは、売る側が最適な販売価格を模索しながら、ワクワクしたり、ゲームのようなフィーリングを楽しむものです。スマオクはオークションサイトで、オークションだけのために時間を見つけられない、忙しい女性を満足させられるようにデザインしました。

スマオクは正式には11月上旬にリリースされ、12月には Android アプリが展開される見込みだ。ザワットは KDDI∞Labo のメンバーであり、KDDI が持つマーケティングやビジネス開発の経験を、このプロダクトの拡大に活用したいと考えている。

Zawatt-team-620x465

----------[AD]----------

ソーシャルグラフを使ったウェブサービスのコンペティション「Graph Hackアワード2013」が開催

SHARE:

サノウラボは、GMOアドパートナーズが運営するインターネット・サービスの研究開発イニシアティブだ。サノウラボは毎年 Graph Hack Award というコンペティションを毎年開催しており、スタートアップ各社がソーシャルグラフを活用したサービスで凌ぎを削っている。 昨日、サノウラボは Graph Hack Award 2013 の授賞式を行い、ファイナリスト5社が審査員、投資家、メディア等の前で…

graphhackaward2013-featured

サノウラボは、GMOアドパートナーズが運営するインターネット・サービスの研究開発イニシアティブだ。サノウラボは毎年 Graph Hack Award というコンペティションを毎年開催しており、スタートアップ各社がソーシャルグラフを活用したサービスで凌ぎを削っている。

昨日、サノウラボは Graph Hack Award 2013 の授賞式を行い、ファイナリスト5社が審査員、投資家、メディア等の前でピッチを行った。これらファイナリスト5社について見ていきたい。グランプリ受賞者には100万円、それ以外のファイナリストには、それぞれ15万円の賞金が送られた。

なお、審査を行ったのは次の方々だ。

  • グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー 高宮慎一氏
  • 小学館デジタル事業局新規事業室室長 高橋芳明氏
  • DeNA Mobage統合事業本部 椙原誠氏
  • ドコモ・イノベーションベンチャーズ 三好大介氏
  • 松本真尚氏(元Yahoo Japan CIO)
  • Paperboy & Co 代表取締役社長 佐藤健太郎氏
  • GMOアドパートーナーズ 代表取締役社長 高橋信太郎氏

<グランプリ受賞> ohaco

  • ohacoザワット 原田大作氏

ohaco は、カラオケに行く相手を見つけられるサービスだ。時代とともにカラオケニーズは多様化しており、以前は職場の終業後などに同僚と行くケースが多かったのだが、最近では「ひとりカラオケ」なども一般的だ。一人でカラオケに行くと寂しいので、自由にカラオケに一緒に行ける友人を誘えるサービスが ohaco である。

Facebook ログインによって、ユーザ・プロファイルからインタレストを抜き出し、音楽の嗜好などの条件が合うユーザをマッチングさせ、一緒にカラオケに出かけることを促す。10/3から Twitter ログインにも対応した。グランプリ受賞賞金(100万円)を使って、100人規模のソーシャル・カラオケ(ソーシャル・グラフによるマッチングで、100人を集めたカラオケ)を実施してみたいと原田氏は抱負を語った。

ザワットはこれまでに、募集コミュニティの WishScope をリリースしているが、本イベントでグランプリ受賞した「ohaco」に加え、KDDI∞Labo でインキュベーション対象に選定された「スマオク」なども、すべて同じ WishScope エンジンという、ソーシャル・グラフ技術をベースにしたものだということだ。将来的には、これら複数サービスを連携し、インタレスト・ベースのサービス・ブティックを作りたい計画のようだ。

<優秀賞> planBCD

planBCD はウェブサービスのUI改善を効率化するグロースハック・ツールだ。ウェブサービスのA/Bテストを用意に実施することができ、この一連の作業をクラウドソーシングすることもできる。これまでのPC画面のテストに加え、10/3 からスマートフォンUI への対応を開始した。競合の Growth PushFello は、スマートフォンに特化した A/Bテストを提供しているが、planBCD のスマートフォン対応に伴い、この分野の争いはさらに激化するものと考えられる。

<優秀賞> Street Academy

Street Academy は、C2C で教える機会を提供するプラットフォームだ。人に何かを教えたい人に、講座を開設し、生徒を集め、授業料を決済する機能を提供する。2012年8月のサービスローンチ以降、これまでに450講座が開設されており、1講座平均で2〜3回授業が実施されているので、通算で1,000回程度の授業が開催されたことになる。一回あたりの授業単価は2,000円〜3,000円で、主にウェブ技術、写真撮影、ヨガなどの講座に人気があるということだ。

<優秀賞> STORYS.JP

STORYS.JP は個人が持つ背景、ストーリーを伝えることを目的としたサービスだ。平均的な人々にとっては、いきなり長文を書くのは辛いので、まずはタイトルのみを共有し、その話の内容に興味を示した他のユーザが集まった段階で、文章の執筆を促す。ユーザはその行動から次の3つのパターンに大別されるとのことだ。

  1. 他の人のストーリーを読むだけの人
  2. サービスを使い始めて、自分の数度書いたり、他の人のストーリーを読む人
  3. ヘビーユーザー

特に 3. においては、STORYS.JP は執筆するストーリーの投稿数には制限は設けていないので、中には、16回にわたって連載しているユーザーも居るという。

<優秀賞> ietty

  • iettyietty 小川泰平氏

大手不動産会社出身の小川氏が、不動産賃貸市場に風穴を開けるべく開発したサービス。不動産業者にとっては、顧客が不動産屋を訪ねてくれるのを待つ「待ちのビジネス」。一方、顧客にとっては、掘り出し物の物件を見つけるには、不動産情報ネットワークには載らない物件を探すべく、物件地元の元請不動産業者を訪ねる必要がある。

ietty では、従来の不動産サイトように陳列された一覧からユーザが物件を探すのではなく、ユーザから希望する物件情報を提示し、それに見合った物件を不動産業者から紹介してもらう。非公開の物件情報も入手できるため、顧客は掘り出し物の物件を見つけられる可能性が高くなる。不動産業者は成約ベースで手数料を ietty に払うため、導入リスクが極小化されている。2013年6月にベータ版を公開し、これまでに不動産業者8社と提携している。


ソーシャルなサービスが、ソーシャルなだけで完結していたのは2012年までの話。今年は、ソーシャルにO2Oの要素を盛り込み、マネタイズにつなげようという動きが加速している。この種のビジネスは、Eコマース等と違って、一定規模の売上が見込めるようになるまでには相応の時間が必要だ。

特に、先日の500videos の記事にも書かれていた AirBnB の努力のように、ユーザとコンテンツの〝ニワタマ問題〟を解決するには、ネットワーク効果が現れるまでは結局のところ、最初は自分の手足を使って、良質なコンテンツを集めるべく額に汗するしかない。今回、ファイナリストに残ったスタートアップ5社は、程度の違いこそあれど、まさにこのフェーズにあるようだ。近い将来、いいサイクルに転じることを信じて邁進してほしい。

----------[AD]----------