BRIDGE

タグ Yuebao(余額宝)

WeChat Pay(微信支付)、預入残高に応じて金利のつく「Lingqiantong(零銭通)」機能を追加——世界最大の市場金利連動型投資信託に成長した「Yu’e Bao(余額宝)」に対抗

SHARE:

Alipay(支付宝)の Yu’e Bao(余額宝)に追いつくべく、WeChat Pay(微信支付)はそのミューチュアルファンド・プラットフォームに新しい機能を追加した。このプロダクトは Lingqiantong(零銭通)と呼ばれ、「金銭管理をスマートにする」という意味を持ち、まだβ版機能でテストのために少数のユーザのみが招待されている。この新機能を使えば、ユーザは送金、hongbao…

Alipay(支付宝)の Yu’e Bao(余額宝)に追いつくべく、WeChat Pay(微信支付)はそのミューチュアルファンド・プラットフォームに新しい機能を追加した。このプロダクトは Lingqiantong(零銭通)と呼ばれ、「金銭管理をスマートにする」という意味を持ち、まだβ版機能でテストのために少数のユーザのみが招待されている。この新機能を使えば、ユーザは送金、hongbao(紅包)の発行、クレジットカード・キャッシングの支払ができるほか、WeChat Pay 上の残高に応じて金利を得ることもできる予定だ。

これらの機能は、数年前から Yu’e Bao ユーザには提供されていたものだ。Yu’e Bao は Alibaba(阿里巴巴)のサードパーティ・モバイルソリューション Alipay 上で2013年中頃に紹介され、今年4月には1,656億米ドルを集める世界最大の市場金利連動型ミューチュアルファンドにまで成長した。その成功には預金者に支払われる日払金利が大きく貢献しており、預金者は Alipay からいつでも資金を引き出すことができる。人々が銀行口座からお金を引き出し、Alipay に入金するようになる中で、このモデルは中国の銀行業界にとって脅威となった。

WeChat Pay は、2014年にリリースした新機能、「資産管理をスムーズにする」という意味を持つ Licaitong(理財通)から Yu’e Bao との競争を始めるようになった。しかし、Yu’e Bao とは異なり、Licaitong は残高に応じて金利が支払われることはなく、このギャップはまもなく、Lingqiantong によって埋められるだろう。

オンライン金融業界には遅番の登場ながら、WeChat Pay の成長は将来有望なものだ。3年前、中国全土のモバイル決済取扱高の80%超は Alipay の手中にあった。今日、そのシェアは54%にまで下落しており、WeChat Pay はそのシェアを40%にまで拡大している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)のオンライン投資信託Yuebao(余額宝)が縮小傾向

SHARE:

昨年夏、Alibaba(阿里巴巴)の投資信託Yuebao(余額宝)が初めてローンチされた時には多くの関心を集め、初期段階では急成長を遂げた。ところがこの7月には停滞し始め、最新の数字によれば、Yuebaoへの投資は現在、現象傾向にある。 7月の時点では、Yuebaoは5740億元(920億米ドル)の資産を保有し、世界第4位のマネーマーケットファンドだった。しかしこの金曜に、Tianhong Ass…

yuebao-going-down
昨年夏、Alibaba(阿里巴巴)の投資信託Yuebao(余額宝)が初めてローンチされた時には多くの関心を集め、初期段階では急成長を遂げた。ところがこの7月には停滞し始め、最新の数字によれば、Yuebaoへの投資は現在、現象傾向にある。

7月の時点では、Yuebaoは5740億元(920億米ドル)の資産を保有し、世界第4位のマネーマーケットファンドだった。しかしこの金曜に、Tianhong Asset Management Co.(天弘基金管理、Yuebaoの資金を管理しているAlibaba所有の企業)が公表した最新の資産は5340億元(870億米ドル)。つまり、ユーザは7月以来、ほぼ50億米ドルを引き上げたことを示唆している。

しかしTianhongは同時に前向きな数字も発表している。Yuebaoのユーザは現在1億4900万人となっており、これまでに総計約200億元(32億米ドル)の利益を上げたというものだ。これはつまり1ユーザ当たり、133元(21米ドル)の利益となる。最低投資額の制限がない投資信託としては悪くない数字だ。

利回りが、6%を超える当初の高い水準から少し落ちたことを考えれば、全体での資産の下落は驚くに当たらない。利回りは5月に初めて5%を下回り、Yuebaoのホームページによれば、本記事の執筆時点で4.1%ほどだ。

Yuebaoも3月ごろに明らかになった政府の規制によって足かせをはめられてきた。顧客が他のオンライン投資信託に資金を移動することを難しくしたり、送金に関する制限を設けたり、QRコードなどの新しいタイプの決済方法を禁止したり、バーチャルクレジットカードのローンチを停止したりしたことなどだ。Alibaba会長のJack Ma(馬雲)氏は、中央銀行と大手4銀行が「独占状態」を濫用しているとして公に非難した。

むろん、Yuebaoは最近の一時的な下落にもかかわらず、いまだに総資産870億米ドルを抱える世界最大の投資信託のひとつだ。しかし、その地位を長期的に保てるかどうかはまだこれからだ。

この件につきAlibabaのコメントを求めたので、回答があったら続報したい。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)のスピンオフ事業が、Yuebao(余額宝)に似た定期預金商品を発表

SHARE:

相互ファンドサービスYuebao(余額宝)で成功を収め、Jack Ma(馬雲)会長と複数の投資家がオーナーを務めるAlibaba(阿里巴巴)のスピンオフ事業である小規模金融サービスグループが、定期預金に着目したオンライン戦略の新しい金融商品「Zhaocaibao」を発表した。 Yuebaoのデータによると、定期預金は当座預金に比べ流動性が低いため、30歳前後のユーザのうち50%以上が定期預金を利用…

Zhaocaibao01

相互ファンドサービスYuebao(余額宝)で成功を収め、Jack Ma(馬雲)会長と複数の投資家がオーナーを務めるAlibaba(阿里巴巴)のスピンオフ事業である小規模金融サービスグループが、定期預金に着目したオンライン戦略の新しい金融商品「Zhaocaibao」を発表した。

Yuebaoのデータによると、定期預金は当座預金に比べ流動性が低いため、30歳前後のユーザのうち50%以上が定期預金を利用したことがないという。

従来の銀行では、至急現金が必要な個人ユーザが定期預金の満期前に預金を引き出したい場合、当座預金の利息しか得ることができない。

Zhaocaibao(招財宝)により、投資家は定期預金の利息を保持したまま、いつでも引き出しが可能となる。個人投資家はローン期間が終了する前に引き出しのリクエストをすることができ、このシステムは旧債権者名の元に自動で新たなローン契約を結び、それを新たな投資家と紐付けし、Yuebaoアカウント内で旧債権者が即座に資金を受け取る仕組みだ。

Zhaocaibaoのもう一つの面白い機能は申し込みサービスである。Zhaocaibaoのプラットフォームに接続したYuebaoユーザは、期待金利、ローン期間、金融商品のタイプを予め設定できる。30日以内にリスト化された条件に見合う金融商品が出たときに、このシステムは自動で注文処理をしてくれる。

Zhaocaibaoを使えば、ユーザは最低100元(16.25米ドル)から1,000元の資金を投資できる。

同社は現在、銀行、ファンド、保険会社など40の金融機関と協力し、固定金利商品を中小企業及び個人投資家に提供している。

Zhaocaibao02

Zhaocaibaoはこの4月から試験中で、8月5日時点で取引高110億元に達し、うち90%がYuebao由来であると同社CEOのYuan Leiming氏は語った。現段階で50万人以上のユーザを獲得しており、3ヶ月から3年のローン期間設定で年利5.4%~7%を見込んでいる。

Yuan氏によると、Zhaocaibaoは資金の管理をしていないが資本保証をしている金融機関と提携しているという。ユーザはファンドの償還時に上限0.2%の手数料を払う必要があり、うち0.1%分は保証機関に支払われるとも付け加えた。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

WeChat(微信)、オンライン投資ファンドの開設で銀行サービスに進出

SHARE:

AlibabaやBaidu(百度、NASDAQ:BIDU)に並び、Tencent(騰訊、HKG:0700)は中国で最も人気のメッセージアプリWeChat(微信)の最新版に機能を追加することにより、個人向け金融サービス競争に参入した。 WeChatは「Wealth(理財)」セクションを備え、ユーザがTencentのサードパーティー決済システムであるTenPay(財付通)を経由してスマートフォンから直…

wechat-bank

AlibabaやBaidu(百度、NASDAQ:BIDU)に並び、Tencent(騰訊、HKG:0700)は中国で最も人気のメッセージアプリWeChat(微信)の最新版に機能を追加することにより、個人向け金融サービス競争に参入した。

WeChatは「Wealth(理財)」セクションを備え、ユーザがTencentのサードパーティー決済システムであるTenPay(財付通)を経由してスマートフォンから直接、新しい金融ファンドに貯蓄することが可能となった。

当初、ユーザが貯蓄できる金額に制限は設けられないと思われていたが、TechWebによれば、100万元(16万5,400米ドル)の上限が設けられているという。ファンドの年率は6.435%、最低投資額は設定されていない。このファンドはHuaxia Bank(華夏銀行)によって運営されている。

caifubao-ss

昨年行われたWeChatのバージョン5.0へのアップデートにおいて、Tencentはすでにユーザが銀行カードとWeChatアカウントを連携させ、オンラインおよびオフラインでの買い物に使える機能を追加していた。

それ以降、WeChatを使って、ユーザがタクシー料金映画チケット、宝くじ、割り勘といった商品やサービスの支払いをすることが可能となっていた。

BaiduのBaifa Fund(百発基金)は、3つの中でも一番高い金利を維持しているが、ユーザがトータルで投資できる額に上限を設けた。民営化された消費者向けの金融サービスの戦いはAlibaba(阿里巴巴)とTencentの間で本格的に始まろうとしている。

Baiduには、広く人気がありユーザ登録が必要な商品やサービスは全くなく、今でもほとんど検索エンジンとして利用されている。AlibabaのTaobao(淘宝)やAlipay(支付宝)、そしてTencentのWeChatは共に人気が非常にあり、登録を必要としたサービスであるため、固定利用者の獲得につながっている。

AlibabaのYuebao(余額宝)は現時点で一番人気を維持している。昨日、同社は4900万人以上いる顧客の預金高が2500億元(413億米ドル)以上に達したことを発表した。

【原文】

----------[AD]----------

WeChat(微信)が、12月中旬までに銀行サービス機能をローンチ

SHARE:

Yicai(第一財経、中国語記事)によると、WeChat(微信)の金融サービスプラットフォームが今年の12月中旬にローンチされる。Tencent(騰訊、HKG:0700)は中国の出資会社4社と共同で、Baidu(百度)のBaifa(百度理財)やAlibaba(阿里巴巴)のYuebao(余額宝)のようなユーザが貯蓄を投資できる金融商品の開発を進めている。 ユーザはTencent独自のサードパーティー…

wechat-bank

Yicai(第一財経、中国語記事)によると、WeChat(微信)の金融サービスプラットフォームが今年の12月中旬にローンチされる。Tencent(騰訊、HKG:0700)は中国の出資会社4社と共同で、Baidu(百度)のBaifa(百度理財)やAlibaba(阿里巴巴)のYuebao(余額宝)のようなユーザが貯蓄を投資できる金融商品の開発を進めている。

ユーザはTencent独自のサードパーティー決済システムTenPay(財付通)を通じ、中国で最もポピュラーなメッセージアプリWeChatを使って自分のスマートフォンから貯蓄を直接預け入れることができる。お金にはいつでもアクセスでき、入金できる金額にも(Baiduの製品とは違って)制限はない。

Tencentは利率や最低投資額をまだ明らかにしていない。Baifaは8%の利率を売りにしているが最高限度額を設けている。Yuebaoの利率は約5%だ。両者とも最低投資額はない。

WeChatは最新版で、ユーザの銀行カードとリンクさせる機能など、新しい決済手段を既に実装済みである。これにより、ユーザは一部の小売店での買い物、プリペイド携帯電話プランの再チャージ、宝くじへの応募、そして自動販売機の使用さえ可能だ。今週初め、Xiaomi(小米)がメッセージアプリを通してスマートフォン15万台を10分以内に売り上げたことで、WeChatはすでにeコマースプレーヤーとしての頭角を現している。

同アプリはeウォレットとして強みで競合を凌駕しており、すでに6億人の登録ユーザがいる。この新しい貯蓄ポートフォリオサービスはファイナンス分野での足がかりを強化することになる。それに対して、AlibabaはNFCのeウォレットアプリが1億人の登録ユーザがいると発表した

WeChatは今や単なるチャットアプリから、金融サービスプロバイダー、ソーシャルネットワーク、そしてゲームプラットフォームへと進化したのだ。

決済ソリューション、eウォレット、ローン、保険に加えて、貯蓄および投資のポートフォリオサービスにより、中国の大手ウェブ企業は個人金融業界に革命を起こしていくことを目指している。

(出典:網易 経由 第一財経

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

決済サービス「Alipay(支付宝)」がプラットフォームをサードパーティーデベロッパーに開放

SHARE:

中国最大のサードパーティー決済プラットフォーム「Alipay(支付宝)」が、モバイルアプリ「Alipay Wallet(支付宝銭包)」のAndroid版をアップデートし、最近リリースした資産管理プロダクトのYuebao(余額宝)をアプリ内に加えた。それと同時に、Alipayは8億人のユーザが利用する同プラットフォームをサードパーティーに開放することを発表した(中国語記事)。 Alipay Wall…

alipay中国最大のサードパーティー決済プラットフォーム「Alipay(支付宝)」が、モバイルアプリ「Alipay Wallet(支付宝銭包)」のAndroid版をアップデートし、最近リリースした資産管理プロダクトのYuebao(余額宝)をアプリ内に加えた。それと同時に、Alipayは8億人のユーザが利用する同プラットフォームをサードパーティーに開放することを発表した(中国語記事)。

Alipay Walletのホーム画面には今、サードパーティーアプリを紹介するアプリセンターがある。ユーザはAlipayアカウントを使ってそれらのアプリにログインし、直接決済できる。Alibaba(阿里巴巴)が出資をしたeコマースサービス「DDMap(丁丁地図)」とモバイルリーディングサービスのiReader(掌閲)は、既に同プラットフォームで利用できるようになっている。他のオープンプラットフォームと同じように、Alipay Walletはサードパーティーサービスが人目に触れるチャンスを与え、おそらくサードパーティーの収益を分担するか、もしくはコミッションを請求するつもりだろう。

Yuebaoに関しては、同資産管理企業の販売システムがAlipayプラットフォームに取り込まれている。顧客はAlipayアカウントにある余分のお金をYuebaoアカウントに送り、民間ファンドのTIANHONG(天弘)を利用し直接投資することができる。新たなアカウントを開く手間は要らない。そして、銀行の利子よりも高い投資報酬を受け取るチャンスを提供している。と同時に、Yuebaoアカウントにあるお金はいつでもオンラインショッピングに利用ができ、送金も行える。これ以外の同サービスの最大の特徴は、最低1元から投資ができるということだ。

AlipayはPbaseの電子決済の大手であったが、今ではモバイルインターネットの先駆者として飛びぬけようとしている。また、上で述べたことに加えて、Alipay Walletではすでにeクーポン、旅程、eチケットを管理できるほか、料金請求の分割やアコースティック支払いやバーコード支払い機能で自動販売機からの購入ができる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------