グローバル・ブレインが指輪型ウエアラブルデバイス「OZON(オズオン)」を開発する16Labに出資

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.11.27

ozon_featuredimage

東京のスタートアップ向けVCであるグローバル・ブレインは26日、指輪型ウエアラブルデバイス「OZON(オズオン)」を開発する 16Lab(ジュウロクラボ)に出資したと発表した。なお、出資額や出資比率は明らかにされていない。

OZON は指先にまとうことで、スマートフォンやタブレット、カメラ、テレビや照明といった各種製品をジェスチャーでコントロールすることができる。16Lab にはエストニア、スペインなど世界中から開発者が参加しており、アルプス電気をはじめ、半導体メーカー、バッテリーメーカー、特殊化学メーカーなどが参画するオープンイノベーションの形で製品開発をしている。

<関連記事>

OZON のデザインは世界の3大デザイン賞などの受賞歴を持つ田子學氏(MTDO Inc.)が監修、第1世代製品を2015年夏を目処に世界8カ国で出荷開始することを目指している。

CEATEC 2014 や Any Tokyo でもプロトタイプが展示され話題を呼んだが、使い勝手や品質を極限まで追求したところ、OZON に搭載された各種センサーや部品はすべて純日本製なのだそうだ。ハードウェア・スタートアップにとっては、少ないリソースで製品の信頼性をどこまで高めるかは大きな課題であるため、この分野を得意とする規模の大きなメーカー企業と手を組むことは意義深い。

言うまでもなく、この分野には、すでに出荷販売を開始しているログバーの Ring が競合として存在する。OZON のプロダクトに触れられる機会があれば、Ring と OZON の日本製二大指輪型デバイスの体験比較を企画してみたい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------