Xiaomi(小米)、推定時価総額650〜700億米ドルで香港市場にIPO申請中か

by TechNode TechNode on 2018.4.17

地元メディアによると、家電会社の Xiaomi(小米)は、推定時価総額650〜700億米ドルで香港市場への上場を申請中と噂されている。この報道では、同社がその準備の最終段階にあり、最も早い場合で5月までに上場申請する計画中だと伝えている。中国本土でも上場する意図があるようだ。

同社からはこれまでに正式なコメントは得られていない。

Xiaomi は香港で、時価総額ベースで12番目に大きな企業となる。今年はじめ、同社の時価総額は投資銀行の承認の後、2,000億米ドルに届くだろうとの報道が複数あった。IPO のタイミングについては、多くの憶測があった。2016年、Xiaomi の創業者で CEO の Lei Jun(雷軍)氏は、2025年までは上場させる意思が無いと語っていた。

昨年、Xiaomi は Hurun Research Institute(胡潤研究院)によって、中国の三大ユニコーンの一つに数えられた。そのときには、1位から3位までの座を独占した Ant Financial(螞蟻金融)の半分に相当する300億米ドルの時価総額があるとされていた。

今年はじめ Lei 氏は、Xiaomi は2017年の折り返し点を経て、中国でナンバーワンのスマートフォン生産会社に戻るだろうと語っていた。世界のスマートフォン市場が停滞する中、Xiaomi の2017年の出荷台数は、年次ベースで96%以上増加した。Xiaomi は89社への投資を通じて、その製品ポートフォリオを急速に拡大してきた。これらの投資の多くは Xiaomi 設立以来、インキュベータを通じてのものだった。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------