中国のオンラインゲーム市場は2014年までに80億ドル規模に到達する【レポート】

SHARE:

【翻訳 by Conyac】

パールリサーチによれば、中国のゲーム会社は2010年に目覚ましく収益を増加させた。オンラインゲーム市場は25%、50億ドルの伸びをみせ、2014年には80億ドルを超えると予想されている。

当リサーチ会社は150ページの資料で、テンセントが14億ドルで市場をリードし、それに次いでネットイーズが7億4900万ドル、シャンダゲームズが6億8000万ドル、パーフェクトワールドが3億7400万ドル、そしてチャンユーが3億2700万ドルと解説している。

ピープルズ・デイリーはデジ・キャピタルから引用して、この急成長によって中国は伸び率が22%に下がったアメリカのゲーム産業を抜いたと報じている。本誌は「アメリカのゲームオーバー:中国テレビゲームで首位に」と印象的な見出しで既にお伝えしている。

2011年の経過として、多数の合併や企業買収が増加した。パールリサーチは中国は国内の市場を大きく超える拡大を見せるだろうと予想している。

我々は、中国のシナ・ウェイボは2011年2月にユーザーが1億人に達するという、けたはずれに大きな成長も報告している。中国の全体的なデジタルの上昇という驚異的な統計を考えると、私たちはこの国は世界のリーダーになるために奮起しており、グローバル業界でこれからも大きくなってゆくだろうと予想する。

Photo: China.org.cn

【via Penn Olson 】