EverConnectが1500万円を調達、すべてのソーシャルアカウントの集約を目指す

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

東京に本拠を置くスタートアップEverConnectは、複数のソーシャルネットワークの自分の投稿やツイートを単一画面でチェックできるウェブアプリを発表した。EverConnect.Meと呼ばれるウェブアプリで、同社は Voyage GroupNetAgeNeptune Group の3社から総額1500万を調達したという。

このサービスを使うと、Gmail、Twitter、Facebook、LinkedIn、Foursquareのメッセージと投稿を集約でき、その他のソーシャルネットワークにも順次対応する予定だ。ベータ版で提供開始しており、サービスにサインアップするには招待が必要だ。招待を受けるにはまず同社ウェブサイトで登録し、またFacebookファンページで「いいね!」ボタンをクリックする。その後、同社 Twitterアカウントをフォローするもしくは現在サービスを利用しているユーザーから招待を受ける必要がある。サービス登録した先着10万名には、プレミアム優待アカウントが贈られる。

同社創業者でありCEOの篠原豊氏はこう説明する。

「現在のEメールサービスがクラウドに移行するにつれて、ユー ザーは背景で何が起きているのか意識することなく自由に使うようになってきています。しかし現在、多くの種類のソーシャルメディアを使っているため、連絡する相手によって特定のネットワークの使用を強いられています。そういう意味で我々は自由ではありません。そうしたことから複数のネットワークプラットホームを集約できるサービスを立ち上げました。」

Startup Dating Salon でピッチする CEO 篠原氏(2012/2/8)

サービスは英語で提供されており、日本国外のユーザーを対象にしている。調達した資金は新しい才能のある人材の雇用、およびグローバル市場に切り込むための新機能の追加に使われるという。

以前、安全なメッセージサービスを提供するZenlokで働いていた篠原氏は、EverConnectを2010年9月に創業した。EverConnect社 はRed Herring Top 100 Asia Winnerに選ばれ、2011年の Globalファイナリストにも選出された。東京とシリコンバレーに本拠を置くインキュベーターであるSunbridge Venture Habitat主催の Innovation Weekend Grand Finale でも2位を獲得した。

【via PennOlson】 @pennolson

----------[AD]----------