ウエアラブル・デバイスのTelepathyが、シリコンバレーVCのFirsthandから500万ドルを調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2013.8.22

firsthand-telepathy-funding

Telepathy は、セカイカメラで知られる日本のシリアル・アントレプレナー、井口尊仁氏が率いるウェアラブル・デバイス・スタートアップだ。同社は今日、シリコンバレーのベンチャーキャピタル Firsthand Technology Value Fund(以下、Firsthand)から500万ドルを調達したと発表した。Firsthand は Facebook、Twitter、Gilt Groupe にも投資していることで知られ、ティッカーコード SVVC で NASDAQ に上場している。

Telepathy は昨年の SXSW で Google Glass のライバルに成りうると目される処女作 Telepathy One を発表し、今秋のアプリ開発者向け SDK リリース、来年の出荷開始を目指している。同社は今回調達した資金をもとに、シリコンバレー Sunnyvale をベースに社員雇用を強化する計画だ。

Telepathy CEO の井口尊仁氏は、次のようにコメントしている。

telepathy_prototype

ウエアラブル・テクノロジーは、ソーシャル・ネットワークの新しい波を創り出すだろう。Telepathy One のプロトタイプに対するユーザの反応は驚くものだった。今回の調達で Telepathy One のユーザ体験を向上させ、2014年の市場投入につなげたい。

Telepathy では、Sunnyvale 勤務のハードウェア/ソフトウェア・エンジニアを募集している。詳細についてはこちらから。また、以前 Apple で QuickTime のアーキテクトを務めた Peter Hoddie 氏をアドバイザーに迎え、彼が持つ動画技術のノウハウを Telepathy One の開発に役立てる。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------