FOVEがサムスン・ベンチャーズから資金調達、Lighthouseのポジショナルトラッキングを導入へ

SHARE:

FoveModel2_TN-copy

BBC の報道によれば、日本発のアイトラッキング・ヘッドマウント・ディスプレイ FOVE が、サムスン・ベンチャーズから資金調達することが明らかになった。同社はこの調達により、FOVE に新機能を追加するとしている。

FOVE は70万ドルを調達できれば、ヘッドセットの位置情報をより正確に捕捉できる、Valve 社のレーザを使ったポジショナルトラッキング技術 Lighthouse を導入するとしていた。今回のサムスン・ベンチャーズからの調達について、具体的な調達金額は明らかになっていないが、BBC は70万ドルを超えていることを把握しており、Lighthouse との連携は現実的な話となるだろう。

サムスン・ベンチャーズ・ジャパンの代表である Ik Hyum Lim 氏は次のようにコメントしている。

FOVE は、競争力のあるバーチャル・リアリティ・デバイスを、まもなく市場に投入することになるだろう。

FOVE はヘッドマウント・ディスプレイの早期版を、2016年春にもソフトウェア・デベロッパに届けたいとしている。

サムスンは、自社のスマートフォン Galaxy S6 シリーズ用のアクセサリーとして、「Gear VR」というヘッドマウント・ディスプレイを紹介しており、サムスンが FOVE に出資したことで、Gear VR との関係がどのようになるのかも注目したいところだ。

FOVE が Kickstarter で展開するクラウドファンディング・キャンペーンは、ローンチから72時間で目標額の25万ドルを達成し、スタートアップ・シーンの注目をさらった。このキャンペーンはクローズまで8日間を残すところとなっており、本稿執筆時点でこれまでの調達金額は、当初目標額の倍に近い約46万ドルに達している

----------[AD]----------