スマートバイブレータの「Vibease」——アメリカでの反響を受けて、今年は日本進出を目指す(ビデオインタビュー)

by beSUCCESS beSUCCESS on 2015.6.26

本稿は、Echelon Asia Summit 2015 の取材の一部である。

シンガポールのテックニュースメディア e27 が毎年開催しているスタートアップ・カンファレンス「Echelon Asia Summit 2015」が Singapore Expo で盛大に開幕した(原文掲載日:6月23日)。今回のイベントには、Freelancer.com の代表 Matt Barrie 氏をはじめ、100人以上の講演者と100社以上のアジアのスタートアップが参加した。

Vibease は、ブース展示エリアの IoT Square で断然注目されるウエアラブルデバイスだった。Vibease はスマートバイブ・デバイスで、Bluetooth を経由しモバイルアプリと連携する。アプリ内ではパートナーとテキストや写真をやりとりでき、遠距離にいるパートナーに対して、振動や動きを調整して伝えることができる。

Vibease の代表である Dema Tio 氏によれば、アメリカでは1,000億円以上のアダルトトイ市場が形成されている。

2012年に設立された Vibease は、Indiegogo などでのクラウドファンディングを経て、Amazon、自社ウェブサイト地域流通チャネルなどを通じて、これまでに約1,000個のプロダクトが販売された。Dema Tio 氏はインドネシア出身だが、現在はサンフランシスコとシンガポールで活動している。

元々、医療デバイスとして開発されたバイブレータに、IoT 技術を融合させ、違和感なく使えるように Vibease を作った。

Vibease は撥水機能に優れ、衛生的な状態を保てるようシリコン素材で作られており、一度の充電で2時間の使用が可能だ。Vibease のウェブサイトから価格は99ドルで購入することができる。

tumblr_ngvcn2labz1u6ndtio1_620

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------