THE BRIDGE

タグ WindRunner

MasterCardが世界規模でスタートアップ支援「Start Path Global」を開始、日本からはMoneytreeが一期生に選抜

SHARE:

MasterCardはスタートアップ支援プログラム「MasterCard Start Path(マスターカード・スタートパス)」を世界規模でローンチすると発表した。世界中のスタートアップ200以上の中から選抜されて第一期生が决定、日本からはマネーツリー(Moneytree)が選ばれている。 MasterCardは2014年から、次世代の商業ソリューションの開発を行うスタートアップをサポートするため…

start path

MasterCardはスタートアップ支援プログラム「MasterCard Start Path(マスターカード・スタートパス)」を世界規模でローンチすると発表した。世界中のスタートアップ200以上の中から選抜されて第一期生が决定、日本からはマネーツリー(Moneytree)が選ばれている。

MasterCardは2014年から、次世代の商業ソリューションの開発を行うスタートアップをサポートするため、「MasterCard Start Path」を開始。これまでに約40社のスタートアップのメンタリングを実施してきている。



「MasterCard Start Path」では、6ヶ月のプログラムが実施され、MasterCardの人々から各スタートアップに合ったメンタリングを受けられる他、MasterCardソリューションを導入することもでき、他にもStart Pathから指導を受けたスタートアップとコンタクトすることも可能だ。

MasterCard Start Path Globalの第一期生として選抜されたのは、オンライン決済管理ツールを開発する「コントロール(Control)」、税の還付率を最大化する「VATBox」といったスタートアップ。日本からは「Moneytree」が選抜されている。同社の代表取締役、ポール・チャップマン(Paul Chapman)氏はこのプログラムに合わせてベルリンへと赴いていたそうだ。

「自分たちが成長し、規模を拡大している中、Start Path Globalチームと一緒に新規市場へアプローチし、自分たちのソリューションを一段と良いものにしていけるのはとても楽しみです。」

と同氏はプログラムへの期待を語る。彼らは今後6ヶ月間にわたって、ベルリンとシンガポールで実施される数週間の集中コースに参加するほか、Start Pathのメンターと共に各企業のビジネス上で生じる問題に対応し、世界各国における新規事業の可能性について提案していくという。

世界展開も視野に入れているMoneytreeのようなスタートアップにとって、「Start Path Global」は相性の良いプログラムなのではないだろうか。

----------[AD]----------

ディヴァースが韓国VCとVilingから資金調達、エンタメから教育まで幅広く活躍できるVRコンテンツの開発を加速

SHARE:

VR(バーチャルリアリティ)への関心が高まっている。メディアで報じられることの多くは、まだヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)など、VRを楽しむためのハードに関するものがほとんどだ。VRは既存のハードを使っても楽しむことができ、そのためにはコンテンツが非常に重要だ。 そんなVRに関するコンテンツを開発・提供するDVERSE(ディヴァース)が、韓国の投資会社であるBonAngels Ventur…

1

VR(バーチャルリアリティ)への関心が高まっている。メディアで報じられることの多くは、まだヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)など、VRを楽しむためのハードに関するものがほとんどだ。VRは既存のハードを使っても楽しむことができ、そのためにはコンテンツが非常に重要だ。

そんなVRに関するコンテンツを開発・提供するDVERSE(ディヴァース)が、韓国の投資会社であるBonAngels Venture PartnersとViling Venture Partnersから、コンバーチブルノートにて資金調達を実施した。ディヴァースが開発しているのは、メディア向けのコンテンツ・システムとBtoBを中心とした教育向けコンテンツとシステムの開発だ。

VRコンテンツを作成するための様々な技術

5

メディア向けの開発では、ヘッドマウントディスプレイ等の専用機器が必要なコンテンツの開発と、スマートフォンをセカンドスクリーンとして体験可能なカジュアルVRコンテンツの開発を行っている。

VR体験ができるコンテンツを作成するために、全天球(360度)動画や3D動画撮影する。この技術を用いてコンテンツを作成することで、映画のシーンの途中で登場人物の視界を操るような体験ができたり、スポーツ選手の視点でプレイを視聴することなどが可能になる。

こちらはディヴァースがアプリケーション面で協力し、NHKエンタープライズが作成した映像コンテンツ「RE:MINISCIA(©NHKエンタープライズ)」。SXSWで発表し、2015年6月に「VR CREATIVE AWARD 2015」でパノラマ部門賞を受賞している。

この映像内で左下に「360°」と表示される場面では、視聴者が操作して見渡すことが可能になっている。

この撮影技術と合わせて、写真のようにリアルな3Dモデルを作成する技術、リアルタイムモーショントラッキングとライブデータ配信技術を活用し、サッカーの試合を見ながら、手元のスマートフォンをセカンドスクリーンとしてフィールド上の視点で試合を観ることも可能になる。

これはすべてを実写でリアルタイムに配信するのではなく、選手の動きをリアルタイムにトラッキングし、そのデータを配信。スマートフォン上で実写と組み合わせて3Dモデルで選手の動きを表現することで、フィールド上の動きを再現するというもの。

SmartphoneVR01

たとえば、上の画像では背景は実写となっており、葉っぱが舞い散る様子や鳥が飛んでいる様子などは3Dで表現されている。画面上にはカーソルが表示され、そのカーソルを任意の場所(上の画像では数字)に合わせることで、画面を切り替えたりといったインタラクションも可能。

さらに、ディヴァースはスマートフォンを向けた方向や、HMDを装着して向いた方向によって音が変化するように音を採取できる3DVR立体音響技術なども持っている。

教育領域にVR技術を活用

ディヴァースは、エンターテイメント方面以外にも、教育分野においてもVRの技術を活用している。

たとえば、工場向け設計及び教育向けVRシステム「VRF」。これは向上労働者の手の動かし方をVRで体感することで動きの習得を早めようという取り組みだ。これまで、こうしたものの教育はマニュアルと映像のみで行われてきた。VRを用いることで、効率が向上することが期待され、国内向上で試験運用とデモが始まっている。

BtoB_factoryVR_Lerning

他には、VR英会話教材「VR English Lesson」だ。これはVRコンテンツを体験しながら英会話を学ぼうというもの。たとえば、生徒はHMDを装着すると、ロンドンのカフェにいる仮想体験ができるようになる。実際のカフェに近い環境で英会話の練習を行うことができるというわけだ。こちらも、都内の英会話教室において、デモレッスンがスタートしている。

ディヴァースは、VR、情報、教育、エンターテイメントが重なる領域において、新しい価値を創出していきたいと考えているという。VRの体験の新しさは十分に可能性を感じさせてくれる。

今回調達した資金を用いて、開発体制を強化。展開するVRサービスの成長を加速させる、

----------[AD]----------

米Yahooが画像内広告ネットワークのLuminateを買収

SHARE:

<ピックアップ> Yahoo buys photo ad network Luminate, shuts it down 米Yahooが画像内広告ネットワークを展開するLuminateを買収しました。買収金額は明らかになっていません。Luminateは、Webサイトに表示されている画像と関連する広告をその画像内に表示するアドネットワークを展開しており、月間60億回以上の画像表示回数を誇…

yahoo
credit: Tony Fischer Photography via FindCC

<ピックアップ> Yahoo buys photo ad network Luminate, shuts it down

米Yahooが画像内広告ネットワークを展開するLuminateを買収しました。買収金額は明らかになっていません。Luminateは、Webサイトに表示されている画像と関連する広告をその画像内に表示するアドネットワークを展開しており、月間60億回以上の画像表示回数を誇るとのこと。Luminateは2008年創業で、これまでGoogle Venturesなどから出資を受けています。ヤフーの買収を受け、既にLuminateのサービスはシャットダウンされているようです。

via VentureBeat

----------[AD]----------

WeChat(微信)が世界リリースしたGunZ Dashは、カカオやLINEで人気のWindRunnerと、ここまで似ている

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 モバイル・メッセージングの分野、とりわけここアジアでは、LINE、WeChat(微信)、カカオトークということになるが、その最も面白い側面の一つがユーザに提供しているゲームだ。WindRunner [1] は LINE とカカオトークの両プラットフォームで人気を得たが(昨年2月のレビュー英語記事を参照)、時々他社のビ…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

モバイル・メッセージングの分野、とりわけここアジアでは、LINE、WeChat(微信)、カカオトークということになるが、その最も面白い側面の一つがユーザに提供しているゲームだ。WindRunner [1] は LINE とカカオトークの両プラットフォームで人気を得たが(昨年2月のレビュー英語記事を参照)、時々他社のビジネスをコピーすることで知られる [2] Tencent(騰訊)は、WindRunner の人気を踏襲しようとしているようだ。

その傾向は、1月7日にローンチした新しいモバイルゲーム「GunZ Dash」に見受けられる。GunZ Dash は、2013年9月にリリースされた中国語版ゲーム「天天酷跑」の国際英語版だ。

ゲームの内容に関しては、前出の比較ビデオでわかるように、GunZ Dash は WindRunner とほぼ同じである。Tencent がゲームの中国語版コピーを出すのは珍しくないが、このゲームを世界ユーザにも向けて展開し始めたことに少し驚いている。WindRunner は良いゲームだが、GunZ Dash も完璧にコピーされた結果、良いゲームとなっている。

「天天酷跑」はリリース以降、中国では売上トップ5にランク入りしており(下表参照)、中国語版のコピーアプリを作るのは、ビジネスの観点から言えば明らかに賢い戦略だ。しかし、その中国語版を世界展開までし始めたのは興味深い。私の記憶の限りでは、過去にこのようなことはあまりなかった。

Tencent は WeChat をベトナム、インドネシア、タイなど、多くの東南アジア諸国で展開しており、Tencent が GunZ Dash で魅了したいのは、これらの国々のゲーマーたちということになるだろう。Tencent は特に新興国にゲームを展開し続け、それらが中国製だということを隠し続けるだろう

私が何を言いたいのかって? 一般論で言えば、中国最大のインターネット会社のサクセスストーリーが、結局、人マネによるものだった、ということに失望している。Tencent は大きい会社だが、国際メディアはあまり関心を持たないので、彼らはこのようなことをやり続けることができるのだろう。

Xiaomi(小米)のような新進気鋭の会社は、「Steve Jobs と呼ばないでほしいただ着ているモノが似ているだけ」という CEO の存在によって、中国の起業家達を魅了している。

wechat-gunz-dash-620x240


  1. 韓国の WeMade 社が開発した。 
  2. 私がここで「時々」とは言っているが、要は、出来うる限りすべてをコピーし、インターネット帝国を築こうとしている、ということだ。
----------[AD]----------

優勝チームには50万円ーー1週間でアイデアからプロトタイプまで作るスーパーハッカソン2013、8月24日から東京と大阪で開催

SHARE:

興味深い開発イベントが今週末に戻ってくる。大阪で5月18日に開催されたスーパーハッカソン2013 in Summerが8月24日から一週間の日程で開催される。スーパーハッカソンは大阪発祥の開発イベント。前回大会では普段は受託開発などが多い関西ネット系開発会社の方々を中心に、70名ほどが集まって短期間で完成度の高いプロトタイプをつくり出した。 今回は東京でも開催されるそうで、詳しい開催概要については…

興味深い開発イベントが今週末に戻ってくる。大阪で5月18日に開催されたスーパーハッカソン2013 in Summerが8月24日から一週間の日程で開催される。スーパーハッカソンは大阪発祥の開発イベント。前回大会では普段は受託開発などが多い関西ネット系開発会社の方々を中心に、70名ほどが集まって短期間で完成度の高いプロトタイプをつくり出した。

今回は東京でも開催されるそうで、詳しい開催概要についてはこちらのサイトをご覧頂きたい。ちなみに優勝チームには賞金50万円が贈られることになっている。

前回大会ではSD Japanもメディア協力(※)ということで取材させて頂き、その完成度の高さに衝撃を覚えた。前回の優勝者、準優勝者の作品は次の通り。アイデアからプロトタイプまで本当に「1週間」だ。

幼児向けメール作成アプリ「はじめる」

前回優勝の「はじめる」は子供向けのメール作成アプリ。普段忙しい企画者である父親とのコミュニケーションのために企画、開発された。このプロモーション用の動画含めてこの期間中に開発された。

親子コミュニケーションアプリ「ワンダーポート」

次点だったワンダーポートも親子のコミュニケーションに作られたアプリ。仕掛けが多く、かつシンプルで豊かな世界観をもったサービスだった。後日少しだけ経過を聞いたが、実際にサービス化に向けて動いているという話もあるそうだ。

イベントの様子を含めて興味ある方はぜひ前回のレポートを参照頂きたい。
大阪からヒーローを生み出すーー1週間でプロトタイプを作る「スーパーハッカソン2013」驚きのサービスたち

サービスやアプリが溢れかえるなか「本当にこのアイデアはいけるのか」を把握するためにも、プロトタイプの完成度は益々重要になってくると思われる。

どれだけ話を聞くよりも、ひとつのプロトタイプで全てが理解できることの方が多いだけに、1週間でどこまで作り込めるのか、ということを体験する意味でもここに参加する価値はあると思う。

開催告知の時期がお盆のシーズンと重なったためか、まだ参加枠に少しだけ空きがあるようだ。もし興味ある方はぜひこちらの情報を確認してほしい

※今回もSD Japanはメディア協力で参加いたします。

----------[AD]----------