WeChat(微信)が世界リリースしたGunZ Dashは、カカオやLINEで人気のWindRunnerと、ここまで似ている

by Rick Martin Rick Martin on 2014.1.21

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

モバイル・メッセージングの分野、とりわけここアジアでは、LINE、WeChat(微信)、カカオトークということになるが、その最も面白い側面の一つがユーザに提供しているゲームだ。WindRunner [1] は LINE とカカオトークの両プラットフォームで人気を得たが(昨年2月のレビュー英語記事を参照)、時々他社のビジネスをコピーすることで知られる [2] Tencent(騰訊)は、WindRunner の人気を踏襲しようとしているようだ。

その傾向は、1月7日にローンチした新しいモバイルゲーム「GunZ Dash」に見受けられる。GunZ Dash は、2013年9月にリリースされた中国語版ゲーム「天天酷跑」の国際英語版だ。

ゲームの内容に関しては、前出の比較ビデオでわかるように、GunZ Dash は WindRunner とほぼ同じである。Tencent がゲームの中国語版コピーを出すのは珍しくないが、このゲームを世界ユーザにも向けて展開し始めたことに少し驚いている。WindRunner は良いゲームだが、GunZ Dash も完璧にコピーされた結果、良いゲームとなっている。

「天天酷跑」はリリース以降、中国では売上トップ5にランク入りしており(下表参照)、中国語版のコピーアプリを作るのは、ビジネスの観点から言えば明らかに賢い戦略だ。しかし、その中国語版を世界展開までし始めたのは興味深い。私の記憶の限りでは、過去にこのようなことはあまりなかった。

Tencent は WeChat をベトナム、インドネシア、タイなど、多くの東南アジア諸国で展開しており、Tencent が GunZ Dash で魅了したいのは、これらの国々のゲーマーたちということになるだろう。Tencent は特に新興国にゲームを展開し続け、それらが中国製だということを隠し続けるだろう

私が何を言いたいのかって? 一般論で言えば、中国最大のインターネット会社のサクセスストーリーが、結局、人マネによるものだった、ということに失望している。Tencent は大きい会社だが、国際メディアはあまり関心を持たないので、彼らはこのようなことをやり続けることができるのだろう。

Xiaomi(小米)のような新進気鋭の会社は、「Steve Jobs と呼ばないでほしいただ着ているモノが似ているだけ」という CEO の存在によって、中国の起業家達を魅了している。

wechat-gunz-dash-620x240


  1. 韓国の WeMade 社が開発した。 
  2. 私がここで「時々」とは言っているが、要は、出来うる限りすべてをコピーし、インターネット帝国を築こうとしている、ということだ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------