環境ビジネス領域で知っておくべき5つのベンチャーキャピタル

by e27 e27 on 2013.9.19

Cleantech1

クリーンテック(環境ビジネス)系投資を積極的に行っているファンドが、Clearbridge、Small World Group、iGlobe Partners、Vertex Venture、Red Dot Venturesの5社だ。

比較的小規模な国家であること、リソースが限られていること、そして、進む都市化の流れから、シンガポールが再生可能エネルギーおよび省エネ技術を強く奨励するようになって久しい。この目標と協調し、グローバル市場でシンガポールが持つ革新的なクリーンテックおよび持続可能性のハブとしての地位を推進すべく、工業系デベロッパーのJTC CorporationはCleanTech Parkを開発している。

CleanTech Park(CTP)は広さ50ヘクタールを誇るシンガポール初の環境系ビジネスパークであり、環境に優しい建物やシステムレベルでのクリーンテックソリューションなどの持続可能な技術の限界を広げる試験台として、2030年の完成が予定されている。

もちろん、クリーンテックソリューションを奨励する国の指針に伴い、今後数年のうちにこの業界には間違いなくいくつもの新しいスタートアップが登場することだろう。この業界に携わる人のために知っておくべき5つのベンチャーキャピタルファンドを以下に紹介しよう。

1. Clearbridge Accelerator

Clearbridge Acceleratorは、シンガポールに拠点を置き、National Research Foundation(NRF、シンガポール国立研究財団)の支援を受ける技術産業化インキュベータだ。同社の投資は、生物医学機器、先端材料、計算アルゴリズムの各分野に集中している。既存のポートフォリオ企業リストには次の各社が含まれる。

  • ・Clearbridge BioMetrics – バイオマーカーの代わりに生体力学特性を利用して、患者の全血液から希少な循環性腫瘍細胞を分離する画期的な発明
  • ・Clearbridge BioLoc – 任意の標準的な免疫検定試験に使用できる、費用対効果が著しく高く洗練された堅固なプラットフォーム
  • ・Clearbridge NanoMedics – ナノファイバー製造の基盤技術の利用に特化し、生体吸収性のナノファイバー足場材を生産
  • ・Clearbridge VitalSigns – 患者の胸部に貼り付けて、生活反応情報を収集・記録することができる、着用型の心拍波形心モニタリング用デジタル心電図プラスター

2. Small World Group

Small World Group(SWGI)もシンガポールを拠点とし、NRFの支援を受けたインキュベータだ。SWGIは、クリーンテクノロジー、光学系、先端材料という3つの技術革新分野に投資を集中させている。同社の既存のポートフォリオ企業リストには次の各社が含まれる。

  • ・Green Koncepts – 建物のエネルギーおよび水使用量の監視制御システムに特化
  • ・Green Line Innovation – クリーンテック企業のパートナーとなり、アジアを拠点とする低コストな大量生産企業との橋渡しに特化
  • ・Third Wave Power – 個人向けの発電、蓄電および使用のための機器 – 発展途上国の奥地で活躍する電力界のアーミーナイフ
  • ・Wise Water – 塩水や、重金属、フッ化物を含有する井戸水から浄水を精製する省エネ機器の開発

3. iGlobe Partners

1999年に設立されたiGlobeは本社をシンガポールに構え、シリコンバレー、上海、オークランド(ニュージーランド)に進出している。同社のPlatinum Fundを通じ、再生可能エネルギー、水処理技術、スマートパワーマネジメント、省エネ、貯蔵技術などのクリーンテクノロジーに投資している。実物資産ライフサイクル管理およびエネルギー効率企業であるシンガポールのAnacle SystemsもiGlobeのポートフォリオ企業の1つだ。

4. Vertex Venture Holdings

Vertex Venture HoldingsはTemasek Holdingsの100%子会社でアジア広域圏とアメリカの新興企業や主要なベンチャーキャピタルファンドへの投資を行っている。これまでにVertexは環太平洋地域内外の350以上のスタートアップへ投資しており、主な投資先はアメリカ、ヨーロッパ、アジアのサードパーティベンチャーキャピタルやプライベートエクイティファンドなど90以上の企業で、配分した資本の総額は12億米ドルを超える。Vertexは台湾やアメリカを拠点とするクリーンテクノロジー企業に投資している。

5. Red Dot Ventures

2011年に設立されたRed Dot Ventures(RedDot)はシード期のベンチャーキャピタルで、シンガポールに拠点を置くICT、インタラクティブデジタルメディア(IDM)、医療技術、ナノテク、クリーンテクノロジー、エンジニアリングなどの分野のハイテクスタートアップを主な対象としている。またRed DotはシンガポールのNRFが支援するインキュベータでもありGCoreLabsに投資している。GCoreLabsは熱管理を専門の企業で、次世代電気自動車用の熱管理システムの研究開発を行っている。

首相官邸直属の国立研究財団が開催するTechventureカンファレンスでは、クリーンテクノロジーの動向、ヘルスケアと情報技術の融合、ならびにさまざまのクリーンエネルギーの軌跡をテーマとしたキーノート講演が予定されている。

【via e27】 @E27sg

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------