盛り上がる中国のオンライン教育、Lerniは教育サービス向けの企業用ソフトウェアを提供

SHARE:

lerni-300x217Lerni.cnは中国で民間の教育サービスを提供するプラットフォームだ。校長として登録すれば、教師や授業計画などを一括で管理することができる。そして教師の授業計画の準備など、教師や生徒管理の補佐役として数名のアシスタントも選任できる。

教師はLerniで授業の時間割を閲覧することができ、時間割に応じて各々のクラスを受け持つことになる。また、同プラットフォームに教材をアップロードして生徒と共有できる。利用者、生徒や親たちは購入したすべてのクラスに関する情報を閲覧することができる。

中国では民間の教育市場が急速に成長している。しかし、子供の入学試験や海外留学、大人向けの様々な資格取得や、その他試験準備ためのものがほとんどだ。平均的な中国の家庭において、子供の教育に費やす金額は住居に続いて2番目に多い支出項目として挙げられており、家庭によっては最大の支出項目の場合もある。

lerni1

New Oriental(新東方)は、政府が改革開放政策を展開後の中国における民間の教育センターの1つであった。海外の大学に入るために必要なGREやIELTSのような試験の受験対策から始まり、後にあらゆる試験を網羅し、民間の教育企業では初めてNASDAQ上場企業となった。New Orientalに続き、中国では民間の教育センターが出現し、Xueda(学大)やTAL(学而思)、Ambow(安博)といった企業が大きな成長を遂げた。

ここ数年、中国では民間教育事業がますます多くなってきている。これは、公的教育を信頼しておらず、子供を最近新しくできた私立学校に通わせたり、海外へ留学させる親が増えているためだ。Lerniによれば、2012年末の時点で中国には10万の私立学校がある。

中国の起業家たちはオンライン教育サービスを構築している。教師や教育機関向けのプラットフォームで、録画したビデオを用いて教えたり、リアルタイムの授業ができるものもあれば、教師向けのソーシャルサービスで、教材をアップロードしたり生徒からの質問に答えたりなど、生徒とやり取りができるものもある。また、教材をオーディエンス向けに流すといった従来の教材スタイルを変えてしまうようなサービスもある。

Lerniは教育センター、その他教育サービス向けの企業用ソフトウェアのようなものだ。 多くの中国スタートアップが企業向けソフトウェアを作っている。そして彼らはいずれすべてのビジネスが、効率と利便性向上のために企業向けソフトウェアを採用し、利益を生むであろうと信じている。

【原文】

----------[AD]----------