昔の同級生とつながることができるAndroidアプリ「Join」

by Tech in Asia Tech in Asia on 2014.1.11

join-app-site-720x357

インドネシア人は友人とソーシャルネットワークサイトやアプリで交流することがとても好きだが、昔のクラスメイトとつながることに特にフォーカスしたアプリはこれまでなかった。そこで登場したのがJoin Alumni & School Friends、略してJoinというAndroidアプリだ。

Joinの仕組みはシンプルだ。ユーザはFacebook経由か従来型のサインアップにより登録し、自分が通った小学校から大学と在籍年次を選択する。すると自動的に自分が該当するグループに分けられ、同じようにJoinに登録している昔のクラスメイトを見つけることができるのだ。

5人以上のメンバーがグループに集まると、Facebookウォールのように記事を投稿しシェアすることができるようになる。さらに、イベントを投稿したり、グループ内にいる他のユーザとチャットすることもできる。

ほとんどのユーザは学校名を一から入力してグループを立ち上げる必要はない。というのも、Joinのチームは教育省のデータをもとにあらかじめ27万6,556もの学校グループをデータベースに用意しているからだ。また、データが不足している可能性に備え、「あなたの学校かも」というオプションも用意している。

まだスタートしたばかり

現在Joinにはまだユーザがあまりいない。私の旧友でも参加している人は誰もいない。JoinはFacebookを通じて同窓生のネットワークを見つけ、彼らをあなたのネットワークに追加できるようにしている。ただしそれには相手側もJoinに登録していてリクエストに応える必要がある。

ヨギャカルタに拠点を置く同チームは、韓国アプリMemberの成功からインスピレーションを得て6人の男性によって11月に開発された。MemberにはJoin同様の機能があり、500万ダウンロードを記録し最近話題になっている。

ユーザ数が少ないのは別として、実際にJoinを使ってみるとシンプルな使い心地で私は気に入っている。インドネシアにおいてPathが勢いづいたことからもわかるように、インドネシア人はソーシャルネットワークプロダクトに対してかなり寛容的だ。なので、今後数ヶ月Joinがどうなっていくか見守っていこうと思う。

同チームによると、ウェブ版とiOS版アプリを今後2か月のうちにローンチする予定だという。そして第1四半期の終わりまでに10万ユーザ獲得を目指している。

Androidユーザの方はこちらからJoinを試すことができる。

join-app-screenshots-537x1024

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------