アジアメッセージングの一角、韓国カカオトークの未来とは【ピックアップ】

SHARE:

カカオトーク_-_KakaoTalk

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Whats the future of Korean messaging app Kakao Talk?

中国WeChatや国内LINEの大躍進、facebookによるWhatsApp巨額買収、楽天のViber買収と話題にこと欠かないメッセージング・マーケットですが、ここにきてひとつ最近声を聞かないプラットフォームがあります。そうです、韓国カカオトークです。

この記事では2011年頃に国内サイバーエージェント・ベンチャーズや中国Tencentなどから出資を受け、2012年に開始したゲームプラットフォームが大当たり、2014年に入ってのIPO報道とカカオの歴史が語られております。

そしてタイトルにあったカカオの未来はどうなるのか、という肝心な箇所は「海外展開が重要だよね」というあまりにもざっくりとしたまとめられ方になっており、若干の落胆はありつつも、年表などは大変参考になると思います。

国内にはヤフーとの提携で進出してましたが、さて本当にどうなっちゃうのでしょうか。

Google日本語訳でざっくり読む

via E27

----------[AD]----------