大学生向け講義情報共有アプリの「すごい時間割」が累計講義データ100万件を突破、国内大学の96%以上をカバー【ピックアップ】

SHARE:

sugojika

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

『すごい時間割』講義データが累計 100 万件を突破(2014年4月)大学生向けの講義情報アプリとして、利用者層は国内 1,104 大学に拡大。

Labit Incが開発・運営している大学の講義データや予定の共有を行うiPhone・Androidアプリ「すごい時間割」に登録されている講義データが100万件を超えたというリリースを出しました。利用者可能な国内の大学は1,104大学にまで上り、日本全国の四年制大学・短期大学全体の96.7%をカバーしているそうです。

4月となり、新学期が始まった大学生活を送る大学生にとって、友達との予定の共有は大きな話題の一つです。博報堂の調査によると、スマートフォンの保有率は50%を超えたという調査結果もでているほど、スマートフォンが日々の生活に欠かせないツールになっているのを感じます。

Labit Incは、これまでの大学講義の統計データの分析などを通じたEduTech領域にも事業展開を行うともしており、EduTech領域にも新しい動きが起きるかもしれません。

via Labit Inc