RFIDタグ搭載リストバンド「MagicBand」が米ディズニーワールドに導入。かざしてショッピングが可能に

SHARE:


20140508_magicband

アメリカのディズニーワールドでは今年から「MagicBand」という新しい仕組みが導入されている。

RFIDタグが仕込まれたゴム製のリストバンドで、事前に申し込みをすると自宅に配送され、当日はそれを手首につけて入園する。パークの入園も、園内でのアトラクションも、食事も、ショッピングも、リゾート内のホテル宿泊も、ファストパスのチェックも、パーク内でお金を使うことは全てこの「MagibBand」をRFIDリーダーにかざすだけで済んでしまう。

また「MagicBand」には名前や誕生日、登録したファストパスや宿泊ホテルなどが登録される。園内のディズニーキャラクターが通りすがりに「○○ちゃん、お誕生日おめでとう!」と声をかけてくれる事だって可能だ。

この「MagicBand」は、My Disney Experienceサイトにサインインし、色やバンドに刻印する名前をカスタマイズしてオーダーすると、自宅またはホテルに配送される。

20140508_magicband2

「MagicBand」はまさに魔法のようなバンドとして来園者の利便性を向上させるだけではなく、このシステムでディズニーは来園客の様々な行動をビッグデータとして管理し分析することができる。

どの年齢でどの性別の来園者が、園内でいつ何をしたか、買ったか、食べたか、こういったデータを全てMagicBandは追跡することができるのだ。

日本にも導入されたら面白そうだが、全てがビッグデータで管理されてディズニーの計算通りに出来上がる夢の世界は、より完璧に近づいていくのだろうか。

まるでSFのようだが、すでに導入されている現実の技術だ。

----------[AD]----------